最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【サガフロ2】やる夫は鋼の13世になるようです 解説編(~第一話) 

    記事一覧は→【サガフロ2】やる夫は鋼の13世になるようです

    75 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:07:08 ID:IXrV./oM

        ,、-'´  -‐'''"´イ /-―‐、
       /        /ミ、/彡!  ヽ
      /        / /‐―z'=|   ',
      /        /| /    | |   ',
     i  |      / | /       | |!
     l.,、-!     /ニ|/     ,||-|   l
     ',,= i     /´, Tヾ   ィ-ァ- !  l
     / -|    /ヽ-'|     じ'  |  l      さて、ここからは第一話のおまけ、設定解説の時間だ。
     l (!    /` ー' ´    ヽ- イ  l
     ヽ、」   /       l    | .l       解説役は俺エドワードと――
      r'´ l ハ /            | i
    . r┘ l ヽト-、._ ,、-‐――-、_,ィ/ |/       
    ┘ r-、ヘ└‐‐‐`‐‐、..._,,、r‐'-ュ___
    ヽr┘  `ヽ,:::::::::::::| |:::::::/::// / l
    -'   ‐--、_\:::::::ヽ'、 ヽ!//  `''i_                          |\
                                                  |  〉──‐ 、
                                                /`ー'´     \
                                               /            ヽ
       弟のアルフォンス・エルリックが質問役としてお送りします。 ..   /  o   o       ヽ
                                              / ,,     ,,          i        
       今日のお題は「 アニマと術 」なんだけど……           |                 |
                                              | V^^^^^^^´  __  ---┴‐ 、
                                           __|      厂| ̄         \/
                                       `、  / |   |     /  |        , -‐/
                                        ヽ  l |   |‐rrrrrrrrl   |       // /
                                         ∟| |   |」」」」」」」l   |---|``ー</  `ー
                                       イ/⊆⊇ ̄ ̄ ̄ ̄三三彡´ ̄|     \



    76 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:07:37 ID:IXrV./oM


    その① ~アニマとはなんぞや?~

                                            |\
                                            |  〉──‐ 、
                                          /`ー'´     \
    兄さん、サガフロンティア2の世界では「アニマ」って      /            ヽ
                                  ..      /  o   o       ヽ
    単語がよく出てくるけど、そもそもアニマって何?      / ,,     ,,          i        
                                        |                 |
                                        | V^^^^^^^´  __  ---┴‐ 、
                                     __|      厂| ̄         \/
                                 `、  / |   |     /  |        , -‐/
                                  ヽ  l |   |‐rrrrrrrrl   |       // /
                                   ∟| |   |」」」」」」」l   |---|``ー</  `ー
                                 イ/⊆⊇ ̄ ̄ ̄ ̄三三彡´ ̄|     \

         ,、-'´  -‐'''"´イ /-―‐、
       /        /ミ、/彡!  ヽ
      /        / /‐―z'=|   ',
      /        /| /    | |   ',
     i  |      / | /       | |!
     l.,、-!     /ニ|/     ,||-|   l
     ',,= i     /´, Tヾ   ィ-ァ- !  l     サガフロンティア2の世界、サンダイルを語るうえで
     / -|    /ヽ-'|     じ'  |  l
     l (!    /` ー' ´    ヽ- イ  l     絶対外せない要素、それがアニマだ。
     ヽ、」   /       l    | .l
      r'´ l ハ /            | i     アニマってのは、サンダイルにある
    . r┘ l ヽト-、._ ,、-‐――-、_,ィ/ |/   
    ┘ r-、ヘ└‐‐‐`‐‐、..._,,、r‐'-ュ___       ほとんどの物質に存在しているんだ。
    ヽr┘  `ヽ,:::::::::::::| |:::::::/::// / l
    -'   ‐--、_\:::::::ヽ'、 ヽ!//  `''i_



    77 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:09:26 ID:IXrV./oM

    , (⌒: : : :   )  ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,(    : : : : : , (⌒     : : : ,r'⌒   :   ゞヽミゞ;;ソヽミ\ゞ;;ソヽミゞ;;
    : : : : :    ノ   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., '⌒, (⌒  : : : , '⌒      : : : , '⌒  ゞ:;ヾゞ:;ヾゞ:;ヾ: : :ゞ:;ヾゞ:;ヾゞ:;ヽヾ
      : : : : :    ⌒ヽ、:.:.:.:.:., '⌒ , '⌒  : , (⌒   : : : , (⌒ ⌒)、     ゞ:;ー、ゞ:;ヾ/ :;ミゞミゞ:;ヾゞ\ :;}ヾ
    : : : :    : : : : : , (⌒ヽ        : : (    : : : , '⌒   : : : : )  ゞヽミゞソヽミゞ;;ソゞ;;ソ、 ゞ:;ヽミゞミゞii
    : : : :       ,, (   ⌒ヽ   : : : r'⌒ ⌒ヽ: ,, (     : ⌒ヽ : : : (    ゞ:;ヾ\;ヾゞ:;ヾ :ゞ:;ヾゞ:;
         ⌒ヽ      , '⌒  : : : , (     ⌒ヽ     : : : : ⌒)、: , '⌒ ゞ:;ヾヽミゞミゞミゞヾ_,.____ゞヽミ
    : : : : : : :   ⌒ヽ: : : , '⌒   : : : , (⌒ : : : :  _i,、  ,i、 : : : :  , '⌒ __,,.. -‐'''" ゞ:;ヽミゞ;;ソ;';_ ;ゞ}ヽミゞ;
    ⌒`゙''ー-、,_         ,,i,ィiー'木i;i;ヽ イ木木i;木木i;木ヽi;木 _,,.-‐''"    ;';_;; ,;';_;;,;';  ヽミ\ : /;;ii/ゞ
    ;_;;`、;_T,;';;;`ヽ    r';木i;;林i;;林i;;i;;木林i;;木i;;林木i;;i;;林i;;/ ,;';_lili/ ';_;;,;';_;;,;' ;__,,.-‐''" :\;;Y;;ii/ 7ii
    ;li;Ylili';ヽ,;';_;;、 }、_ 傘 iii林 i;;i 艸i;;i;;森i;;木l;;林i;;l;;木i;;i;;林i/ ,;';_li;';_/ ;;,;/;_';_;;,/   ;';_;;; ;_:; }..;;;ii{ /i/;;
    ;lili,i;lililili;ノ;_;Y;;,;';_;;`ー- -、';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_艸;,;'林;.,./ ';_;lili/ ;'/ ;lili,i;;_;;,;'li/;  ;,;';_;;,;'ヽ _li |..;;;ii|/ i|i
    :':‐.:':'‐:':':':':'‐ :':':':':'.:‐:':':':':': :':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':'.‐:':':':' ̄`゙ー''ー -、,_,;'i_;;,li_/ ;;i|';/lililili;lili;i 'lil |..;;;ii! |;i|i|i
    ::.::.::.::.::.:.: .: .: .:‐.: .: .: .: .i!_: .: .: .: .:i! .: .: :.::.::.::.::‐ .:.::.::.::.::.::.::.::.::.:‐.::.::.::.: .:.::.:‐ .`:':':':'ーー:' ̄`ー:':ー |..;;;ii|ーー
    : ‐ : .: .: . ‐.: .: .: .: .:.i!/三 三 .i!/i.: .: .: .: .: .:: .: ..: .:‐ .: .: .:: .: .: .: . .::.::.::.::.:_::.::.:.:.::.::.:: ‐:.::.::.::.:‐.:.::.:: |..;;;ii|:':'‐.:.:
    : .‐.: .: .: . .: :.:.:::.:.:./三 三三 ./! i|::.-: .: .: .: .: .: .: .: . .: ‐.: .: .: : .: .: .: .: .: . .: .: .: .: .: .~ .: .: .: :.::..:: |..;;;ii| :.::..:.:
    ~: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.i|./二ニ.二二i!/:i|::~:-:.:-:.:.:.:..: .: .: .: .-.: : .: .: ..: .: .‐ .: .: .: .: .ー: .: .: ..: .: .: .::.`.: .:‐ . |..;;;ii| .: .: .:.:
    ::.:.:.:.:.:.~:.:.:./―ー―ー- /i::::~-::-..-.:.:-.:.:-.:.:.:.~: .: .:: .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: ..:_ .: : .: .: .: .: .: : : |..;;;;ii| :.:.:..:.:

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    アニマは科学的に言うと「物の本質を表すもの」というらしい。

    人間だけじゃなくて、そこらにある石ころや雑草にもある

    『魂』ともいえる要素だ。


    まぁこのあたりの設定は複雑なんで、ぶっちゃけて言えば

    他の物語にも出てくる「魔力」だと思ってくれていい。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    .



    78 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:09:48 ID:IXrV./oM



    /             ,ハ} /,ヘ      \
       /        /ヾV//ハ       \
      /         /ヾミ从彡ヘ        ヽ
      /         l  ,       l l|       、 \
    /        /l  !       l |ヽ, |      }\〉
    /|       i  / | |       l|  l !       !       そして、この体内に流れるアニマを利用することによって
    /l!    | l  l .|       ,1イ_l |l    i |
    ´゙|   i  |  l_ l |       ,イf_):::i゙ ||  f´ ̄`ヽ       ヒトは体の機能を調節したり、
     !   |  l| / 二ー_--ソ   ′ ゞ゙ソ li}  !    }
     |   | /| /´ ̄`゙`         -‐' | |      !      周囲のモノの気配を察知したりできるし、それに……
    ヽヘ  |/ |/                   | |    /
    i ∧  l| i         _ i〉      /!/ 、___/      
    |{l l   ||     ,ィ._____,、  //  ̄ ̄}__
    {ソヾ,ヽト、|!\   { _ __,   ,二ン / レ, -‐ '"    l`lヽ 
       ゙ 二‐-、` .`ー‐ '"´   /,ィ"[__          | コ}
          ` ニ! ` ー-----r'r=/ |  r┘  , -‐ '"フ ノ ノ




        .,,,,iilチ――¬''¬-,,,Z,iZニ,,_
      ,,,ィソワ'゛    ,,/''i,゙,_,,,,,,,,,,,,,,二,へ、_
    : /.",/    ,/゜,,-'二-‐'''''''"゙゙,ニ=「'l,,,ミI,!、
    /ン/    .,//L-゙‐'^     /`: : : : .| `'''ミヽ
    ,i´,,i´    ,i´│` :       │  : : |   `'〈i、
    ..,リ′   .,l!川,/ヽ,,,,,,,,,,,,,,_  : ゙ヽ,,,,,,/     |               あ、知ってる! アニマを魔法の道具「ツール」に込めて
    l゙,i´    ,,i巛/゙l:=: : : : ぐ'r‐'「ニ二ニニニ,,--、,,,,,,,,_.│              “術”を使ったりできるんだって!
    ,l゙    广.//゙レ、:  : : `'゚冖''"`: : : : : `~二,>レ`ヽ             
    "    ./_,,ノ,l゙: |:|゙l:  :      、:          │             そっか、アニマってまさにこの世界では
        .,lニー''": .|:|.:ヽ、: === :      '==. ,l゙|
    ー'''"゙゙゙゙゙'|゙゙゙゙'''Ll゙|゙l,,ノ|ヽ:.===      ''==,||ヽ              欠かせないものなんだね!
    :    : : |  .レ";;"']:゙l,,,,,,,   _、 .,、     .,l'|||: ゙l  ._,.、      ,、
    :     |   l′;;;;;;|: :  `゙l.,/''" ゙''" `'"゙''''i、./'リ"|〕, |,,_,|゛: .〔'i、    .,/│
    :     : |   l;;;;;;;;;;|:   : .″        ″ |;;;;;巛|;;;;|  │゙l、   /  l
    :     : |   ゙l;;;;;;;;;\:   : :          丿;;;;|゙l||;;;;|  │ ゙l、 丿 :   ゙l
    :     : ゙l  │;;;;;;;;;;;;゙,,,,、  ..,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_ ,i´;;;;;; |゙l];; |:   |  ゙l 丿  :   ゙l
    :    : : |   :|;;;;;;;;;;广: iレ.丿:  :    |,i゙l,!┐;;;;″;;;|  : :|  .゙l":   :   ′
    ,,,,_: :   .|   .|;;;;;;;;,l゙ : |゙l`''゙lv--,,,,,,,,,,yv┘||: ゙l;;;;;;;;;;;;;;|: : : :|  ゙l,、  :
    iニミ|||l─=f,,,,,,,,,,|,,,,,,,i_,,,,||__: .!l゙: : :.|,!: : },|  ゙l] ゙l;;;;;;;;;_,,|:  : |   .〔゙''i、:
    `': : : `゙゙゙''''''冖'''''''''''''''''''''  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄''''''"':'゙゚”'''''゚゚'''"′: : `": `: : : :






    .



    79 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:10:10 ID:IXrV./oM


      `'''-、.゙''-,, -'''"゛                    
       _..-\ ヽ.i、                   '、.    
    . ,/゛   .i ! .lヽ                   ヽ. 、,  
    "     .| .ヽ.! .ヽ  .'L                ヽ .つ‐
    . i    il .!- .ミ,,-'゙'、  .lヽ                l ー、
    │    .ll .l     ヽ  l \  'i、         ゙l、._,
    │    .! l !     ヽ l  ヽ ゙ト、           l゛
    . l    | . l.l      ゙l, .l  ヽ .゙.l'、           l'゙     それにな、ヒトが死ぬとアニマが身体から抜けていくんだ。
     !    .|  .l.l      l│  .ヽ .l/'、          ,!
     .!   .| |  .lL    、 .l.|  .,..=!ヾ|´ヽ       ゙l     一般的に「アニマが大地に還る」っていうんだけどな。
     .!, |  !.l'、-、'|i    .l゙  |ll‐´  /. l.l !.l      'ト
      l .|、 .l| .l<.ミ;;l、   '‐'゛!″゙''''"  ゙l|i′゙l,     .'''     それが神秘的だから……って、王家の儀式や
      .l, lヽ .!l、.!.ゝ-‐゙l      """"^´ 'ト  .ヽ    
       l.l .l .'!│          ,....,,、           l 、       アヤシイ宗教の信奉対象なんかにまで引き合いに出されてる。
       . l|, ヽ |、  /    /    .`''-..__.    .l lL 
        .リ  /  ゙lく _ /゛      _,, -- ミL、  |,|.l      つまり、この世界では生活以外でも
           .l   .7゛   ..... -'"゙´       `'く゛.リ ! ,
         .,┤  .l゙          _,,_,__..、   ゙∨゙T      それほど重要なものなんだ。
         / /  ./        `゙ ̄゛    .`〈―--'゙
        ./  !、                __,,,,,,,、 .ヽ
        !   ヽ           ̄    .ヽ .,!
       .l゙   │            ,_,... .!.|
       ′   !               "  .′ ″



    80 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:10:40 ID:IXrV./oM

     その① まとめ


         ,、-'´  -‐'''"´イ /-―‐、
       /        /ミ、/彡!  ヽ
      /        / /‐―z'=|   ',
      /        /| /    | |   ',
     i  |      / | /       | |!
     l.,、-!     /ニ|/     ,||-|   l
     ',,= i     /´, Tヾ   ィ-ァ- !  l
     / -|    /ヽ-'|     じ'  |  l
     l (!    /` ー' ´    ヽ- イ  l
     ヽ、」   /       l    | .l
      r'´ l ハ /            | i
    . r┘ l ヽト-、._ ,、-‐――-、_,ィ/ |/
    ┘ r-、ヘ└‐‐‐`‐‐、..._,,、r‐'-ュ___
    ヽr┘  `ヽ,:::::::::::::| |:::::::/::// / l
    -'   ‐--、_\:::::::ヽ'、 ヽ!//  `''i_

    まとめるとこんなところだ。

    ①アニマとは、ほとんどの物質に宿っているモノの「魔力」もしくは「魂」

    ②アニマを使うことで、「術」と呼ばれる魔法が使える。

    ③人が死ぬとアニマが体内から無くなるので、
      サンダイルではアニマが仏のように崇められている



                  .



    81 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:11:04 ID:IXrV./oM




    その② ~術とはいったい?~





                                              |\
                                              |  〉──‐ 、
                                            /`ー'´     \
            兄さん兄さん!                      /            ヽ
                                           /  o   o       ヽ
            アニマのことはよくわかったけど、          / ,,     ,,          i        
                                          |                 |
            術を使うにはどうすればいいの?          | V^^^^^^^´  __  ---┴‐ 、
                                       __|      厂| ̄         \/
                                   `、  / |   |     /  |        , -‐/
                                    ヽ  l |   |‐rrrrrrrrl   |       // /
                                     ∟| |   |」」」」」」」l   |---|``ー</  `ー
                                   イ/⊆⊇ ̄ ̄ ̄ ̄三三彡´ ̄|     \
       /    /      }!' /|    \
       /  ,、 /      |  ,';;Vィ      'i
      / ,、'´,、/      ,イ /  ,l | ':,   |
      |////      // /   / / ! |   |
      l//// /    / /./    ,'/|/,| |   .|
      ',//////    /_ / '   ///,;彳l   | 
       ヽ「// l   /rrt;テf=、=‐,〃,'j,,ソ| |   l  
      _,、、|! |/   / '、'ー'  , `/´ '  イ/  /      お次は“術”か。
      「// ト|'|  /   `        ,  |イ . /  
    _,,.」 ,、-‐=|  ト、          ン/ノ! ; /       術ってのは、アニマを利用して
    '、l/」ニ二.| /!ト、、'‐、_  、_,,,、- '´/. |/|'  /
    イ}に、r‐-|/`| ::丶: `' ‐、、_∠シレノ   ( /    様々な現象を引き起こすことだ。
    ,、-''";;;;``;ヽ、ヽ\\、_   (く<;;;ノ;;ト;;``'''',、 ⌒
      ,;;;;;;;;;;;;;;;;/`ヽn`ヽ・「!:.、  } ゝ;;;';;;;、‐'"´,、-'     
      ,;;;;;;;;;;;;;;/   〈 `'「!{;| '') `ヾ、-'" ,、-'´  
    ,、- ‐‐-'、,、ィ=ゞ} K<>‐'"´ ,、-'´     ,、     
     ;;;;;;;;;  ,、-' ヾ;`'ヘv'"´ ,、<__,、-‐'"´ 
     ;;;;;;;,,,/ )  ,、‐'´ ,、-'´           
    -‐''",、-==∠r-‐'"´



    82 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:11:30 ID:IXrV./oM


               ,ハ} /,ヘ      \
    /        /ヾV//ハ       \
             /ヾミ从彡ヘ        ヽ
            l  ,       l l|       、 \
           /l  !       l |ヽ, |      }\〉
        i  / | |       l|  l !       !
       | l  l .|       ,1イ_l |l    i |      まず必要なのは、自分のアニマと
      i  |  l_ l |       ,イf_):::i゙ ||  f´ ̄`ヽ
      |  l| / 二ー_--ソ   ′ ゞ゙ソ li}  !    }    アニマを込めるための道具、その名もズバリ『ツール』だ!
      | /| /´ ̄`゙`         -‐' | |      !
     |/ |/                   | |    /    ここに石属性のナイフのツール、『ストーンナイフ』を用意したぜ。
      l| i         _ i〉      /!/ 、___/
      ||     ,ィ._____,、  //  ̄ ̄}__
    ヽト、|!\   { _ __,   ,二ン / レ, -‐ '"    l`lヽ
    ゙ 二‐-、` .`ー‐ '"´   /,ィ"[__          | コ}
       ` ニ! ` ー-----r'r=/ |  r┘  , -‐ '"フ ノ ノ


            _
               | |
               | |
               | |
         ____| |___
         |______|
           | ̄~| ̄~|       簡単に言えば、術ってのは人間の体や
           |   :|   |
           |   :|   |       様々なモノに宿ったアニマを引き出して
           |   :|   |     
           |   :|   |       発動できる『魔法』だと思ってくれればいい。
           |   :|   |     
           |   :|   |       例えば、石でできたストーンナイフからアニマを引き出すと
           |   :|   |     
           |   :|   |       「石」の術が発動できる。
           |   :|   |     
           |   :|   |
           |   :|   |     
           |   :|   |
           | / /     
           |  /
           |/



    83 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:12:10 ID:IXrV./oM



                             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    \\                     
     . \\                     「石」系統の術は“硬化”の能力があって、
       ,. \\从/                
    .     そ   て                 これをアニマの力でナイフの刃に定着させる。
         ゝ,    そ               
         "`/'^r  \               こうすることによって、ナイフは切れ味を増して、
            .    \\            
    .            \\           物を斬ることができる、というわけだ。
                    \\         
                     \\ジャキンッ ..  ちなみにこのレベルの術なら、そこらのオバチャンでも使える。
                      \\     
                       ..\\     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        \\从/
                         そ   て
                         ゝ,    そ
                           "`/'^r .\
                                 \ 
                                                    |\
                                                  |  〉──‐ 、
                                                  /`ー'´     \
                                               /            ヽ
                                               /  o   o       ヽ
              へぇ~、術って便利なんだね~。                 / ,,     ,,          i        
                                               |                 |
              でも系統ってことは、他にも種類があるの?      | V^^^^^^^´  __  ---┴‐ 、
                                           __|      厂| ̄         \/
                                       `、  / |   |     /  |        , -‐/
                                        ヽ  l |   |‐rrrrrrrrl   |       // /
                                         ∟| |   |」」」」」」」l   |---|``ー</  `ー
                                       イ/⊆⊇ ̄ ̄ ̄ ̄三三彡´ ̄|     \



    84 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:12:39 ID:IXrV./oM
     火 )ノ (⌒                   ,,
       ,;:)/⌒ヽ        _ 人       ̄|
    ヘlヽ(           人)ヾ; 从      ̄
    `ゞ   ,,       _ノ  _人  (,_
        ̄|       _从 (⌒    ゙ /⌒
        ̄      _ ゝ     .    火       ,,
             人     .,;,.,    `ヘ/     ̄|
           _,ノ     .,.,;   ;,,.,    (  _   ̄
         `ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           _)    ,;        ;,   从
         ⌒ヽ   .;:          :;,   ノ_イ     ああ、他にも炎系の術は、溶岩とかを媒介にして
         _人ノ,   ;:           ;;   /
          ヽ   ;        .,ノl火)   'ヘ,     炎を出して、物を燃やすことができたり、
       ,火_)i_从   ;:           ;;   火/(_
       ._ノLノl    ;       l(    ;   ヾ.,_从   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     _火`     、从_                 ゞ_人_
      ,,'`"゙"''`ー;、从_ノ(_.,;:.)ヘ    )L从_;:,火,.;:ー'"゙⌒
     ̄|              "'`゙"`




           ο   O     / 。
          ヽ。 O     /      ο
       ο   ヽ  。  //  O_,  。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              iヽ:''"゙゙'':.,/                水系のアニマを使った術で、体力を回復したり
    -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
       。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。           病気を治療したりすることもできる。
        O   //`v:: 、j  。 O_,
           //。  |   ヽ               他にも獣系とか樹系とかいろいろあるけど、
          /    ο    O             
         /                         今はややこしいからやめとこう。
                                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    85 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:12:53 ID:IXrV./oM



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    それに時々、生まれつきで身体のアニマが強い人がいる。

    これはサンダイルでは、なによりも代え難い最高のステータスだ。

    何でかというと、さっきアルが言ったように、術は万能で便利だからだ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          _,..--―‐--.、
                         / ,;ヘ     ヽ
                         i i !       i
                      +  i ヽ()    !   i
                        i _, 、<_   `  y、
                     +  〈.´=.! ` `=´    6.)
                        .! '''.|_,! ''' 〈  |'´!  
                    __,..-‐!(_,-―-、__,) ' ,!  i.
                 _,.r'´ ̄  ヽ、. !`ー'Tー'  _,r'´   i、._
             _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
            ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
            i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
             !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
           ,r'   ,′      /         ヽ、           i
          /    !        ,′          ′             !
         ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
         !/     ト、_,.-‐´  `、               Y'´   Y
        ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.            `i
       _ノ、      Y、i、 _,..-―-.、_   ` ヽ 、_,.-         l,i .l         !
      ./ .!、 `ト、_   \!'      `ヽ、_ ,;     イ il ,    i   __、 )
     〈   ヽ `ヽ、_.    `ヽ、        、   、_人 Y    〉  '  V
      `、       ヽ、    ヽ、>ー--  !^     ,l、|_,    !    !
        `;、       `      \__,..--..、  ヽ ',r'´    〈.     !



    86 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:13:12 ID:IXrV./oM
             ,'i~l       '' /       .i
     / `'''-,......_-‐,-、__                        ,.ゝ'、ヽ ..,,,,,,,,....,,.-''   _,,     i
     !_r_、 .'   )‐、::::::::`'''''‐-..、                  / ヽ `''ー-- "    ,ニ-,,, ,,   }
    '"   "'ー‐' ノ、::::::::::::::::::::::`ヽ,           ......  ..:::::,-!、 `' ,,_       _,,.-=ニ=‐'''  ヽ
      __,,,,... -‐'''"._ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ        .:::::::::::::::::::/!  .ヽ、  ''ー  _,,..r'';;;;;)‐''´
      ''ー- ..,r''":::::::::::::::::::: ::::::::::  i        ::::::::::::::  i .;    `ー--―'' i  ;;/
          .);;:::::::::::::::::;;i::::::::::::::::::::::!       :::::::::::::.  !、':,      __  _,.-"        _ ,
     ‐----rぇ‐ァ,.-ア//;::::::::::::::::::i:j   .......:::::::::::...:::::::::  _/`ー--r‐''' " `,,         _,,-''
    、 _,..,.丿 "'" /_,/.!;::::::::::;:;rノ.::::::::::::::::::::::::::::::::: _,.-'' /    /ヽ,'  r''      _,, ,..-''
    .` フノ.!.  ,'   ´ー=''/::;: /.':':::::::::::::::::::::::::::::::::;::-''"  ,'    ./ iヽr i      ,-"
    -‐'::!::::i .'、  '´ //;:':''"::::::::::::::::::::::::::::::;::'   .:::::ii    ,;'  {  ヽ ヽ、___,,,,,...i
    ::::::/i::::;:i ヽ、___,,,,.....--.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::'  ..:::::::::::::!i    `" `ヽ._ヽ--、';,  ヽ ..,,,,,,... -=-‐, ニ-
    ::∠-!く、ヽ._ii !   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: '/...::::::::::::::::::::::!i       ......::::::`ーヽ、      /"´
    ,.-、::j._!、ハ/:!_,.-.:::::::::::::::::::::::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::::::::i i  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''ー--,--''"
    ヽ'./........."''ーァ.:::::::::::::::::::;:':::::::: .::::: ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::-''"
    ,ソ:::::::  "/-r.rコ.::!:/ ..:::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::::::___;;;;;;;::: -''"
    ::::    /.ー/‐'ー'::ィ'  .::::::::;:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::`:=ニ-‐''''"
       _,.-" ./ ..:::::::: .! .:::::::::;:':::::::::::::::::::::::::::::::::;;::---------‐''"´
    ,,..-"  .../::::::  ........', .:::::::::':::::::::::::;;:::---‐'''"
         /..::::::::::::::::::::::ヽ::::::'::::;;::-''"
    ::::::...:::::/ ......:::::::::::::::::::::X::/       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ::   /   ..........::::::::::::;ィ'         強力な術が使える人間はそれだけで
     ..../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
    :::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ./         戦場では英雄のような活躍ができるし、工業の面では
    :":::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i'
                          強力なツール(魔法の道具)を製作できる。

                          まさにこの術偏重の世界では、万能の天才と言ってもいい。

                          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    87 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:13:30 ID:IXrV./oM



        .,,,,iilチ――¬''¬-,,,Z,iZニ,,_
      ,,,ィソワ'゛    ,,/''i,゙,_,,,,,,,,,,,,,,二,へ、_
    : /.",/    ,/゜,,-'二-‐'''''''"゙゙,ニ=「'l,,,ミI,!、
    /ン/    .,//L-゙‐'^     /`: : : : .| `'''ミヽ
    ,i´,,i´    ,i´│` :       │  : : |   `'〈i、
    ..,リ′   .,l!川,/ヽ,,,,,,,,,,,,,,_  : ゙ヽ,,,,,,/     |
    l゙,i´    ,,i巛/゙l:=: : : : ぐ'r‐'「ニ二ニニニ,,--、,,,,,,,,_.│         え? ちょっと待って兄さん?
    ,l゙    广.//゙レ、:  : : `'゚冖''"`: : : : : `~二,>レ`ヽ             
    "    ./_,,ノ,l゙: |:|゙l:  :      、:          │        じゃあ、もし、それとは逆に術が使えなかったら――――
        .,lニー''": .|:|.:ヽ、: === :      '==. ,l゙|
    ー'''"゙゙゙゙゙'|゙゙゙゙'''Ll゙|゙l,,ノ|ヽ:.===      ''==,||ヽ
    :    : : |  .レ";;"']:゙l,,,,,,,   _、 .,、     .,l'|||: ゙l  ._,.、      ,、
    :     |   l′;;;;;;|: :  `゙l.,/''" ゙''" `'"゙''''i、./'リ"|〕, |,,_,|゛: .〔'i、    .,/│
    :     : |   l;;;;;;;;;;|:   : .″        ″ |;;;;;巛|;;;;|  │゙l、   /  l
    :     : |   ゙l;;;;;;;;;\:   : :          丿;;;;|゙l||;;;;|  │ ゙l、 丿 :   ゙l
    :     : ゙l  │;;;;;;;;;;;;゙,,,,、  ..,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_ ,i´;;;;;; |゙l];; |:   |  ゙l 丿  :   ゙l
    :    : : |   :|;;;;;;;;;;广: iレ.丿:  :    |,i゙l,!┐;;;;″;;;|  : :|  .゙l":   :   ′
    ,,,,_: :   .|   .|;;;;;;;;,l゙ : |゙l`''゙lv--,,,,,,,,,,yv┘||: ゙l;;;;;;;;;;;;;;|: : : :|  ゙l,、  :
    iニミ|||l─=f,,,,,,,,,,|,,,,,,,i_,,,,||__: .!l゙: : :.|,!: : },|  ゙l] ゙l;;;;;;;;;_,,|:  : |   .〔゙''i、:
    `': : : `゙゙゙''''''冖'''''''''''''''''''''  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄''''''"':'゙゚”'''''゚゚'''"′: : `": `: : : :



                ,,.. ------、__
             _,,-'"´        `゙`‐ 、
          ,,-''"               `ー-、
        ,,‐'"        /           `゙`----、_
       /         ._/                 ∠____
      ./    /   ,,‐'"/                 /‐=ニニ‐ニ=、
     /    /  ,,.‐'"´ /                / _,,‐'" !  `ヾ、
     }   / _,‐'";‐'" ./ /              /!/    {    `ヽ
     !  // .,;'",‐'" _.-'/./!             ,, ! ./     /
     ! // ,‐'" ,‐'",,-!/:::!            ./.! / {     {
     ! /" ,;'  '"‐''" !..::::!         , /、.!/ /   l  /
    .._L____,,,.、----‐'"´ヽ 、!         ! / 、/ !'‐{    .! {
    '"        __,,-'ヽ.!         レ'`ヾミ /´     !ヽ!
    _ニニニ、-------‐'"ニ''"!        , /    {     ! ゙
    ‐---‐-ニニ,,--,;-'"´  !        !!./    ',    /           アル、その話はまた今度な。
    __,ニニ7´‐‐-、`‐-、   ! /      ハ!     '、   !
       ノ     `` ‐、`` ! !!       { __  r‐''"´  ! /            それは話せば長くなるし……重い、からな……
    ‐‐'"         ` ̄!ノ!     ! ! _,‐'´    /! /
                   !    ハ !/ !     / !/



    88 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:13:55 ID:IXrV./oM
    その② まとめ


         ,、-'´  -‐'''"´イ /-―‐、
       /        /ミ、/彡!  ヽ
      /        / /‐―z'=|   ',
      /        /| /    | |   ',
     i  |      / | /       | |!          そんじゃ、その②をまとめるとこんなところだ。
     l.,、-!     /ニ|/     ,||-|   l
     ',,= i     /´, Tヾ   ィ-ァ- !  l        ①術とは、アニマを引き出して発動する「魔法」のようなもの。
     / -|    /ヽ-'|     じ'  |  l
     l (!    /` ー' ´    ヽ- イ  l        ②術には系統があって、それぞれ回復や攻撃、サポートの術がある。
     ヽ、」   /       l    | .l
      r'´ l ハ /            | i         ③術が使える人間は、それだけでサンダイルでは重宝される。
    . r┘ l ヽト-、._ ,、-‐――-、_,ィ/ |/           しかし、その逆は……
    ┘ r-、ヘ└‐‐‐`‐‐、..._,,、r‐'-ュ___
    ヽr┘  `ヽ,:::::::::::::| |:::::::/::// / l
    -'   ‐--、_\:::::::ヽ'、 ヽ!//  `''i_



    89 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:14:14 ID:IXrV./oM



               ,ハ} /,ヘ      \
    /        /ヾV//ハ       \
             /ヾミ从彡ヘ        ヽ
            l  ,       l l|       、 \
           /l  !       l |ヽ, |      }\〉     そんじゃ、今日の設定解説は以上だ!
        i  / | |       l|  l !       !
       | l  l .|       ,1イ_l |l    i |        けどこれは>>1がアルティマニア片手に
      i  |  l_ l |       ,イf_):::i゙ ||  f´ ̄`ヽ   
      |  l| / 二ー_--ソ   ′ ゞ゙ソ li}  !    }      別サイトとかを見ながら即興で作ったものだから、
      | /| /´ ̄`゙`         -‐' | |      !
     |/ |/                   | |    /       もし間違いがあったら訂正するからジャンジャン言ってくれ!
      l| i         _ i〉      /!/ 、___/ 
      ||     ,ィ._____,、  //  ̄ ̄}__
    ヽト、|!\   { _ __,   ,二ン / レ, -‐ '"    l`lヽ
    ゙ 二‐-、` .`ー‐ '"´   /,ィ"[__          | コ}
       ` ニ! ` ー-----r'r=/ |  r┘  , -‐ '"フ ノ ノ

                                                  /'´r‐'"´    `ヽ、
                                                 /:: /,ヘ       ,‐'´`\
                                                r-'::"` ̄r--' ヘ-'``‐イ   ,、-'´ \,-‐
                                              , ‐'´::::::::::::. _ノ  勺>‐ヘ、」:\'´ ,、‐'"´
                                            ∠ __:::::;:ィ::::.   {:::rr、  l::: \
                                                ヽ/ゝ;'‐ :::;、‐ヘレ:::>'´l::::  \
    これからも、この「やる夫が鋼の13世」を、                    ヽ::'"´:::」::::::.>'"´  l:::::::..  \''"´ニ
                                                   〉ヘ「::::r-'´:::::::: /!::::::::::.:.-‐'´,、‐''
    どうか応援、よろしくお願いします。                         /:::::::::::::l:::::::::::::::/.::::〉/,、-'´  フ
                                                  ヽ;_::::::: イ::::::::::::///// / >/
                                                    ` '' |:::':-‐::// //   ̄
                                                 --―'''"  ̄ ̄ ̄.. ////
                                                  >、;:::::::::::::::::::::::::///l:::',      ,、‐
                                               ,:‐'´:::::::`ヽ、::::::::::::::::l l:::| |:::ヽ.  ,、‐'´::::::



    90 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/03(水) 00:14:43 ID:IXrV./oM


                                                  /'´r‐'"´    `ヽ、
                                                 /:: /,ヘ       ,‐'´`\
                                                r-'::"` ̄r--' ヘ-'``‐イ   ,、-'´ \,-‐
                                              , ‐'´::::::::::::. _ノ  勺>‐ヘ、」:\'´ ,、‐'"´
                                            ∠ __:::::;:ィ::::.   {:::rr、  l::: \
                                                ヽ/ゝ;'‐ :::;、‐ヘレ:::>'´l::::  \
                                                  ヽ::'"´:::」::::::.>'"´  l:::::::..  \''"´ニ
    ……それよりも兄さん、僕たちの本編の出番って……いつ?          〉ヘ「::::r-'´:::::::: /!::::::::::.:.-‐'´,、‐''
                                                  /:::::::::::::l:::::::::::::::/.::::〉/,、-'´  フ
                                                  ヽ;_::::::: イ::::::::::::///// / >/
                                                    ` '' |:::':-‐::// //   ̄
                                                 --―'''"  ̄ ̄ ̄.. ////
                                                 >、;:::::::::::::::::::::::::///l:::',      ,、‐
                                               ,:‐'´:::::::`ヽ、::::::::::::::::l l:::| |:::ヽ.  ,、‐'´::::::


                   ,-‐-、
                     ,..、ヽ ,-―-、
                   ,. '  ヽヽ.i、   ヽ 、
                  , '    iヽヽ!i     ヽ
                 /    /!i ̄ ´ヽ i     ヽ
                /,   , i i    ヽ.iヽ i  : ::ヽ
          ,...、 ,-、 i'  ./! i  !     ! ヽ!、  :: ::i: !
          ヽ、Y /  ! .i  !_!iー--‐  'ー=,-ヽ :::::ヽ!
           ヽi ,...!.-'"ヾ! .:i !~ト'`i    .!ヾ"丿i': :::::/       さぁ……?
            i ! r‐―'-!.::!.i ヽ..ー'    ー`‐ 'i:::::::::i
            ヾ ! i― '!:::ト|     i      i::::/!:!-、        数十年後?
            i  ヾヽ ヽ:!ヽ  ,...,,,__,,,.....、 !::/、!':::/
           /!  ヽ ヽj、!、!ヽ._!、,'____,,..ヽ/!/ ヽ'""i
          /  iヽ  i  !  、ヽ=,ヽ--‐''i r‐-i  i_,/..、
    .    /    iヽ 丿ノヽ  ! ヽ i i  i i  /   !―'、















    125 :グスタフ ◆ZDKYOeADx6:2010/02/06(土) 21:51:25 ID:LYivJNIw







    第一話のおまけでアニマの解説をしましたが、その直後

    「別にあんな言葉でくどくど説明しなくても、

    このAA貼ればよかったんじゃね?」と思いました。

                   

                     ∧   ∧  /(
                   )`、)  ( / \ノ  ~(_
                  )~               (
                 )       / ̄ ̄/     フ
               )`   ///     /  /|    (
           )\)`   /  | __    |  / |    (_∧
          (     /  / ̄/    |/   |       (
          _ )  /|  |  /   |     |    |       了   ←これがアニマ(イメージ図)
         )   | \| /    |         |      /
       <     L  | \        /|   /_   (
         )   / ̄   /     / | /-´/__,  ( )\
        )`   /   //      ̄   |/ / ̄/’  ( ( /
       」     | // / / ̄/ /   |/ /    (ノ (
     )\)   /,|/;;;;;|ヽ,|/___//   /__/       /
    (      | /;;;;,;;|`', `-゜ム´ )   ̄>       了
     )      > |;;;;;;|ヽ`っ` ,//___/       (
      )`    | |;;;;;;;;|\`´´___ `,  /;;;;;;;,,,ゝ     フ
       _    ヽ|;;;;;;;;;;\_‐‐--''´/;;;;;;;;;;;;;;;了    (
      \   /|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ    //
      _    / \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V`´ ̄ }   ブ
     ゞ    |_<ヘ\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>`´ } } }   /
          |;;;;;∠/Vvvヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>   } } <    //
      \  / ,,,,|  >;;;;;;;;| ヽ/ ̄ ̄|{\ / ヽ }    (
       )  ヽ‐-` /;;;/|;;;|VWV∨;\| {  }   )   /
      ゞ    /  |;;;| |;;;|    ;;; |  ヽ }   <   (
       )   | ` |;;;;| |;;;;|  ;::. ; |   入   }
      \   < :; ヾ;;| |;;;;| ;:, '''  」   {   ) /   /(
          ;ゞ ;; V |;;;;| ヽ   //ヽ  {;;;,,,,;;;/   /
       <  ゝ // /  ヽヽ  //W;>  > ''''' |    (
      <   /;;;,,,,,;;/    V \  //  < / , ,/
        /;;;;;;;;;;/      ) \  //>  `'´´    (
       ``'''''‘´        ヽ_,_;_;_//
                    `i;;;;;;;;;;>     //
                     `i;;;;;;;i´
                      `'''´


    記事一覧は→
    【サガフロ2】やる夫は鋼の13世になるようです


    サガ フロンティア2 アルティマニア (SE-MOOK)
    サガ フロンティア2 アルティマニア (SE-MOOK)
     
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/156-609d87ad

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。