最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やる夫は迷い込んだようです 第3話 

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ

    146 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:27:42 ID:QKhyIeYo
    第3話「Crossing the Rubicon」


    <1923年 9月4日 15時10分 やる夫達のアパート>

    TTTTTTTTTTTTTTT\        l.TTTTTTTTTTTTTTTTT
      . | | | | | | | | | | | | | | | | l.\____ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      .「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙| | | l.\  _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\!.| | | l.\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |   __       \!.| | | l.\              __
         |  f_f]   <二二>   \!.| | | l.\           f_f]   <二二>
         |  .___. ____    \!.| | | l.\         .___. ___
         |  「|「|「|「| || __ .||     '\!.| | | l.\.     「|「|「|「| || __ .||
         |  |」|」|」|」゙[| |_| ||        \!.| | | l.\.     |」|」|」|」゙[| |_| ||
         |    ̄ ̄~ || __ |]||           '\!.| | | l.\       || __ |]||
         |        [| |=| ||              \!.| | |゙.|       .[| |=| ||
       /|、_____|| |_| ||,__________\!.|゙.|_____|| |_| ||__
      /          ~ ̄ ̄ ̄                .\|        ~ ̄ ̄ ̄
      !二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二




    147 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:27:58 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)      ったくどっちが怪我人かわからないぞ。
      |     ` ⌒´ノ      ほら、室内の片付けは俺がやっておくから
    .  |         }       水貰ってきてくれ。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        水道・電気・ガス・電話、全部使えないんだ。
       /    く  \       現代の非常食は極力保存して、大正の物で
       |     \   \       食いつながないと長期戦には耐えられないぞ。
        |    |ヽ、二⌒)、



    148 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:28:22 ID:QKhyIeYo
     ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
      ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
      ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
      ::::  ::::/   ::     \::  :::  :: わ か た お・・・
     ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
     :::  |  ::   .<○>  <○>  | :  ::::
      :::   \     (__人__)  ,/ :  :::
      ::  ノ      ` ⌒U   \ :   :::
      /´               ヽ  :::
     |    l              \:::
     ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



    149 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:28:58 ID:QKhyIeYo
    <16時10分 東京府東京市小石川區>
                                        __
                                        /|: : :.:::|
                                    l   | : : : :|
                                     |   |: : :. .:|
                                     |   |: : : :.:|
      iv'ヘ                                |  |:|l==|
      | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
      | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
      !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
    -、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
    ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
    -|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
    ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
    -|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
    ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
    -|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
    ~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
             ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
     `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
                 ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                         ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
      `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/



    150 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:29:13 ID:QKhyIeYo
             _/
           ∥∩゚
             Ц  
        ____│ ̄ ̄│______
       [_i _;;i_ _,i__; i _;;i ;;i;;i_]   ∧ ∧    ∧∧   ○○○
        i;:;i;;_;;i_ _,i__; i _;;i ;;i    (・A ・)    (  ,,)  ○ ・ω・ ○
        i_ _,i__; i _;;i ;;i;;_;;i_,i   ノ(  )ヽ  /  |    ○○○
        i;;_;;i_ _,i__;,,i _;;i ;;i;;;iww  <  > ~(__)  .c(,_uuノ



    151 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:29:43 ID:QKhyIeYo
                    
                   ★ フワフワ
          / ̄ ̄ ̄\ ζ
        / ─    ─ \
       /  <○>  <○>  \. あー
       |    (__人__)    |  結構人が並んでるお・・・
       \    ` ⌒U    /  さっさと済ませて帰りたいお・・・
       /              \

    (なんで・・・なんでこんな風になっちゃったんだお・・・)
      だお・・・
        だお・・・
          だお・・・



    152 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:30:23 ID:QKhyIeYo

            __   ・・・だお!
           /ヽ /\  やらない夫!今度はやる夫がけーじ役だお! 
         / (● ●)\   やらない夫がきょうあくはんにんだお!
         (   (_人_)  ) 
         ノ   `-'  ヽ 
        (_つ    _つ



    153 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:30:50 ID:QKhyIeYo

      ´  ̄丶
     / ヽ  ´丶 昨日さんざんエイリアン役やらせただろ!
     | ( ●)(●) ちょっとはバランス考えろよjk・・・
    . |  (_人_)│    
      |  ` ⌒´ノ   ん?
    .  |    │ 
    .  ヽ   /  
       /  く 
      |    \  
      |   |ヽ二⌒)



    154 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:31:10 ID:QKhyIeYo
           |
           |--―- 、
           |--―‐- 、\
           |--― -、 ヽ ヽ
           |/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、
           |_,:/.:/!:: :: | |_/
           |ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l  ・・・
           |ソ   イ::ツV:/ l::|
           |'' 。 `∠:イ |::l
           |>--r:: '´:: l {::l
           |_\/` ー、| l::l
           | ,小`ヽ /' l| l::|
           |/il|└' /  lL」::l
         r―i:|.__/  |:: :: :i
          T ∨::〈 r、 」:: :: ::i
           ト、ノフ ̄l寸]:: :: :: ::',
           |¨´ト、__ノ |、:: :: :: ::ヽ



    155 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:31:30 ID:QKhyIeYo

      /  ̄\
     / ´  `丶 だれだあの子
     |( ●)(●) やる夫、知ってるか?
    . | (_人_)│    
      | ` ⌒´│   
    .  |    │ 
    .  ヽ   /  
       /  く 
      |    \  
      |   |ヽ二⌒)



    156 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:31:56 ID:QKhyIeYo
         __
        /ヽ /\  知らないけど、昨日もきてたお! 
      / (● ●)\  きっとなかまに入れてほしいんだお!
      (   (_人_)  )  声かけてみるお
      ノ   `-'  ヽ 
     (_つ    _つ  「オーイッ」



    157 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:32:14 ID:QKhyIeYo
                 _ -- 、
         ス        入    _>  
         タ        /:::/トイ::::|   
        タ      /:::/:::|::::|:::::|   
       タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   
       タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   
          _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l  
       r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  
       └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
         `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
         ⌒'7辷_┬┬┬イノ))  逃げちゃったぞ>
          / // / //⌒⌒´     びっくりしたのかお?>
        ' // / // /
        // / / '
    .   /



    158 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:32:32 ID:QKhyIeYo
    <翌日>
         __
        /ヽ /\  やらない夫、昨日の子がまた来てるお 
      / (● ●)\  
      (   (_人_)  )  けっこうかわいいしまた声かけてみるお!
      ノ   `-'  ヽ 
     (_つ    _つ  「おーい、やる夫達と遊ぶかお?」



    159 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:32:50 ID:QKhyIeYo

      /  ̄ \
     / /  \丶 
     |( ●)(●)  なんか口が悪くてとっつきにくいとか
    . | (_人_) │  できる夫がいってたぞ、あいつ。
      | ` ⌒´ │   
    .  |     │    呼ばなくていいんじゃないか?
    .  ヽ    /  
       /  く 
      |    \  
      |   |ヽ二⌒)



    160 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:33:05 ID:QKhyIeYo
                  _ -- 、
         ス        入    _>
         タ        /:::/トイ::::|   
        タ      /:::/:::|::::|:::::|    
       タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   
       タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l    あーまた逃げた>
          _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l  
       r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  
       └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
         `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう   走るとあぶないお!>
         ⌒'7辷_┬┬┬イノ))   そっちは道路だお!>
          / // / //⌒⌒´     
        ' // / // /



    161 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:33:23 ID:QKhyIeYo
    ゴオオオオオオオオオオオ>



    :/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :         
    ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :   
    ! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :    あっ・・・
    ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /   
    : :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:   
    : : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :    
    ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::. 「 ` く /:/: : :      
      ノ   ̄                    <´__ / 
      {                      /      
      j \        __           /|        
     {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「      
     !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ       
      } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /



    162 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:33:44 ID:QKhyIeYo
                         _____  
               r⌒ヽ、   .  / ヽ   /\  ちょっーーっ、よけるお!!!
              / \  \. / ( ◎  ◎)\  
             _/ / ヽ    (    (__人__)  )  
         ━  〈__/   . |   \   ` ⌒´ /
           ━     /  .\     i⌒\´  
         ━      ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\
          ━ .__   r  /     |/ー、\   \ 
           ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
       ━     .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         ━   .i /  //  ./   
             .ヽ、_./ ./  /    
                 ./ /      
               .ノ.^/   ダッ
               |_/



    163 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:34:03 ID:QKhyIeYo
                                   ヽ`
                                  ´
                                   ´.
                               __,,:::========:::,,__
                            ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                          ..‐´      ゙          `‐..
                        /                    \
            .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
       .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
      ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
      ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
          ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                    ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
                  ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                     /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                    `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                     ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                        ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
      \やる夫ーーーーっ!/



    164 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:34:21 ID:QKhyIeYo
    ・・・・・・・・

       
    ヽ____        
    ヽ__/ノ       
    ヽ     ̄ヽ          ボ、ボク達、大丈夫だよね!
     ノ ,-‐-、 0.|    (´m`) 大した怪我してないよね!
    / / ,.- .、.、_ )   (φ毎 ) お兄さんちょっと急いでるからごめんね
    ´ _|::( ∵)|_/   | | |   ほら、1000円あげるからお菓子でも買っておいで!それじゃ!
    ゞ_ゝ ーノ     (__)_) 
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



    165 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:34:44 ID:QKhyIeYo

    <バタン! キキーッ ヴォオオオオオオォォ                          
                    
                         
                 ・・・・・・・・>       _(_`Y´ )
                             / |r┬`| \
                            /   `ー'´   \   、´`ヽ
                          /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                          |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
               「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
              、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
               X/          ̄`ヽ             ヽ
                             |             、
                              |             ヽ
                             |,´  `      ´   `ヽ
                             /                ヽ
                            /      .,_──‐-、      ヽ
                            ′    /         、     ヽ
                          , ′   ヽ'           ヽ,´    ヽ    ,-、
                        ,イ     /              ヽ     ゝ- ´`'"ゝ
                     l、` ̄      ,'                 l        `j ラ
                     ヽ       i                  `、_  ,_  _.,~ノ
                      ゝ- ‐ ^─´                   `  ̄



    166 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:34:59 ID:QKhyIeYo
                   _______
        :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ    ガバッ
      :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ : ミ
        | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|    ミ 
      ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| ミ  ハァハァ
     | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/     ケガはないかお?大丈夫かお?
     | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/    ミ
     | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\       ミ
     ヽ__)_/ :  /            \  ミ



    167 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:35:18 ID:QKhyIeYo

        -‐ フXXXXXXXXXXXXXXXXX`丶、
     /   /XX>¬冖冖¬‐<XXXXXXXXX\
     \ /X>.:'´::.::/::.::.::.::.:_::_.:.:.::`::くXXXXXXXハ丶
       Y/::/:/::. :. .;:.:'´::.::.::.::.::.::.:.:└くXXXXXX} `、
      〃:/:/::.::.::.:/::.::,:.:-‐::.::.::.::.::}::.::(XXXXXX) ヽ
      /::/::.:/::/:::/::.::/:::.:. .::/.:.::/l::.:::{XXXXXX)   、
     ::.:/::.:/;:.::.:/::.::/ .:.:.:/::.::,ィ::/.:l|::.:.:(XXXXXXL   \
     |::'::.://:-;―‐-::.:::=彡::.::://:/|:.:|l:.:l:::[XXXXXXメ , -┘
     |:|:://:::///::.::-=:_:彡' 冫く」::.|l:.:|:::[XXXXXく /
     lリ:l::l:::/イなメく-‐ ´   /   l「:ト、|:::|XXXXX「|  
    /八{::|:ハ {イ:.:rハ   /, 孑=ミヘ::kく:/ XXX厂:|:|  ・・・あ、ありがと・ですぅ
    /_`ソX ! `゙゙´      ^!{::.::rーハ:ト、XヽX/: !::.|:l   怪我は・・・ないですぅ・・・
    l K ヽ_ム    、.    ヾ二シ '八 \/7::.::.::|:::l:|
    | !| ト、 `ヽ   、      u (XXX//:;l::.::.:|:::|:|
    Lノニー仁〕 |ヽ、       _ ィ´xXX/;'::.:l|::.::.:!::.|:!
    三三三仝r仁三二>'´ , └┴くXXi::l::.::l:l::.:::|:.::!|
    三三三三三三三└‐く_ -‐ ,二ヽ|::|::.::|:!::.::|:.:::|
    ニ三三三三三三三三三二て r‐=≦>xヘヽl::.::{



    168 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:35:35 ID:QKhyIeYo
         __  
        /ヽ /\  そんなことより、いっしょにあそばないかお!
      / (● ●)\ みんなといっしょに遊ぶ方がもっとたのしいお!
      (   (_人_)  )  
      ノ   `-'  ヽ  
     (_つ    _つ



    169 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:35:50 ID:QKhyIeYo
                        _______
                   , -‐' ´  __, -―‐ 、 r‐,―` ‐、
                   /   , - '     ̄/!\ ̄  \_
                /   /、!∠ _, - ´ ̄ ̄ ̄ ̄`´ヽー、_フ
              _/   / /!`イ   /         ヽ \
            / \! //  ,/     /           |   ヽ
               ̄`<,ト/ _、i/      /       / ,./ / /l!   ト、
                / ,) /!!   , /    / / / / , .!   ! !  そ、そこまで言うなら・・・
                ! l!   |     | f --,ノ_-_,,∠ , /// / ∧   lノ   参加してやるですぅ・・・
                li    l     | ! ̄、-..==、- /´//,< | ! l'
                 //li    !    |リ    r:ッr/    ノメ、._`j / /
              / //!   \,  ! /// `ー'      トジ/ / /
              / / ! liヽ│/ lト、 \            ` j/,イ
              / / l li ‐┼‐ li \`ー`       __ ´ .ィイ .|
             !/   |イ!/│ヽ.l! | \       'ー' , イ   |  |
              !! / ∧!    liノ!   `  、__, イ_ /:| │ |
              i' /:| ! リ   / ` 、_,. -―'´ ̄V /ヽ/ ::| │ |
             //:::| j:/   リ三f::::f三ヽ   / ,,/ヽr、!  |  |
            //rーfく   /!/イ!!l::\ \ヽ!  / r ' / フ |



    170 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:36:04 ID:QKhyIeYo
         __  
        /ヽ /\  
      / (● ●)\ やる夫はやる夫だお!
      ( ミ (_人_) ミ )  きみはなんていうの!?
      ノ   `-'   ヽ  
     (_∩    ∩_) おい・・



    171 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:36:26 ID:QKhyIeYo
    <    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
      /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
      \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
        〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
       {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
    .   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
      /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧    
      / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
      |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
      |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
      ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
       \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l  「・・・・翠・」
        |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
        li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
        ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
       / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l   あん・・・
    .  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
      /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
    . /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
    /   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
    .    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l



    172 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:36:45 ID:QKhyIeYo
    「おい君!!」 ガヤガヤガヤ

    おせーよ          
          / ̄ ̄ ̄\  ★
        / ─    ─ \´  ハッ
       /  <○>  <○>  \. 
       |    (__人__)    | 
       \    ` ⌒u´   /  なんだあいつ・・・
       /              \



    173 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:37:04 ID:QKhyIeYo

        A_A
       (*゚Д゚) <後がつかえてるんだ、早く水を汲んで抜けてくれ!
       と   O
      ~(  /´
       と\_)



    174 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:37:24 ID:QKhyIeYo
             ____
           /      \     
          /  u   ノ  \    す、すまなかったお、すぐに抜けるお
        /      u <○>  \
        |         (__人__)|   
         \    u   .` ⌒/    
        ノ           \ シュコシュコシュコ ゴボゴボ



    175 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:37:57 ID:QKhyIeYo
    <16時00分 東京府東京市小石川區某アパート>
        /||ミ
       / ::::||
     /:::::::::::||____
     |:::::::::::::::||      || ガチャ
     |:::::::::::::::||      || 
     |:::::::::::::::||      || 
     |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
     |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
     |:::::::::::::::||○> <○>\  ………ただいまだお
     |:::::::::::::::|| (_人_)    |  
     |:::::::::::::::||___   /
     |::::::::::::::(_____ノ´||  
     |::::::::::::::(_ノ / . . . ||  
     |:::::::::::::::||/    ||       
     |:::::::::::::::||      ||
     \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
       \ ::::||
        \||




    176 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:38:13 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)      おつかれさん。
      |     ` ⌒´ノ      随分時間が掛ったな。100mも離れてなかったのに。
    .  |         }        
    .  ヽ        }        もう大体部屋は片付け終わったぞ。
       ヽ     ノ        さっさと風呂場にポリタン置いて炊き出しに行こうぜ。
       /    く  \       
       |     \   \       
        |    |ヽ、二⌒)、



    177 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:38:28 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \ やらない夫は・・・やらない夫はドライなのかお。
     /  < ○>  <○>  \ 現代に未練はないのかお。
     |      (__人__)     | 皆消えちゃうかもしれないのに、どうしてそんな現実的で
     \     ` ⌒´    / いられるんだお・・・。



    178 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:38:44 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   \  ´\
     |    ( ●)(●) ・・・未練がないわけじゃないさ
    . |     (__人__)  俺だって家族に会いたいし、現代生活を満喫したい。
      |     ` ⌒´ノ   お前と翠星石達とつるんで色々なところにまた繰り出したいさ。
    .  |         }   
    .  ヽ        }    でもな、やる夫が思ってるように、元の未来に戻るのは
       ヽ     ノ    正直厳しいんじゃないかと思いかけてる。
       /    く  \  自分の行動が歴史にどう影響するか怖い、俺だってそうさ。
       |     \   \  
        |    |ヽ、二⌒)、




    179 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:40:35 ID:QKhyIeYo
          / ̄ ̄\   
        /       \   もし・・・本気であの世界を完全に守りたいのなら、方法は1つ
        |::::::        |  俺たちは「死ぬ」しかない。そうすればまだ日が浅い分十分
       . |:::::::::::     |  歴史は元の道を辿ることになるだろう。もち、この家も焼いてな。
         |::::::::::::::    |  そして、未来の俺達もまた同じ目にあうだろう。
       .  |::::::::::::::    }   
       .  ヽ::::::::::::::    }    俺たちはこの時代に本来いない人間なんだ。息を吸うだけで
          ヽ::::::::::  ノ      本来の歴史に影響を与えるかもしれない・・・
          /:::::::::::: く         正直そう思うとやってられんだろうjk
          |:::::::::::::::: \




    180 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:41:15 ID:QKhyIeYo
                / ̄ ̄\
              /   _ノ  \
              |    ( ●)(●)  俺は・・・森さんの考えに賭けてみようと思う。
              |     (__人__)   「揺り戻し」が本当にあれば、多分未来には戻れるだろうし
                 |     ` ⌒´ノ   「未来人達」の介入に期待してもいいかもしれない。
                  |         }    
                  ヽ        }    そのまま「揺り戻し」が無いなら、俺は「未来人」の一人として
                ヽ、.,__ __ノ    積極的に未来を変え続けようと思う。俺自身が消えるまで、な。
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_   
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  まぁ俺自身がどこまで歴史を動かせるかどうか
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|  試してみたいのもあるんだが、



    181 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:41:43 ID:QKhyIeYo

             / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |        例えば軍民合わせて300万近い死傷者がでる太平洋戦争
           |  (__人__) |       何十年も続く一触即発の冷戦、失われた時間・・・
              |   ` ⌒´  |
            |        }        「未来人」として一人でも多くの人を救う事が出来れば
            ヽ       }         たとえ未来を変えたとしても、だれも俺達を責めないだろう。
            人_____ノ"⌒ヽ      
          /           \     自信過剰な自惚れ屋、と後ろ指さされるかもしれんが
         /            へ  \    けど正直このくらいの目標を持ってないと・・・
         (  ヽγ⌒)     |  \   \



    182 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:42:09 ID:QKhyIeYo

        /  ̄ ̄\     俺はどうかしそうだ・・・何で俺たちはこの時代に飛ばされたのか・・・
      /      ノ ヽ     偶然なのか・・・はたまた何者かの意思なのか・・・考えずにはいられない。
      |::::::     (● )    
    .  |:::::::::::   (__人)    だからやる夫・・・・協力して欲しい。
       |::::::::::::::   ⌒ノ   
    .   |::::::::::::::    }      俺1人では心細いが、2人なら
    .   ヽ::::::::::::::    }      2人でやれば、歴史を動かせるかもしれない。
        ヽ::::::::::  ノ      
        /:::::::::::: く



    183 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:42:34 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   \  ´\
     |    ( ●)(●) そうだやる夫、お前は前に言ってたよな
    . |     (__人__)  仕事も身分も過去も理想も何もかも捨てた、失ったと
      |     ` ⌒´ノ  
    .  |         }   しかしまだ捨てていない物がある。
    .  ヽ        }    
       ヽ     ノ   
       /    く  \  
       |     \   \  
        |    |ヽ、二⌒)、



    184 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:42:51 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  < ○>  <○>  \  なんだお?
     |      (__人__)     |  
     \     ` ⌒´    /



    185 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:43:10 ID:QKhyIeYo

             / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |       コンピュータだ。お前はまだコンピュータを捨て切れていない。
           |  (__人__) |       だからこそHDDの中身を失うことを恐れている。
              |   ` ⌒´  |
            |        }        子供のころの夢・・・ターミネーターを作りたいって言ってたろ。
            ヽ       }         独学で学んだAIのプログラムも見せてくれたじゃないか?
            人_____ノ"⌒ヽ      
          /           \     無停電電源装置、離れた場所に定期的にHDDのバックアップのは
         /            へ  \    基本だとか言ってたじゃないか、闘病中であっても這いつくばって・・・
         (  ヽγ⌒)     |  \   \



    186 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:43:24 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  < ○>  <○>  \  ・・・
     |      (__人__)     |  
     \     ` ⌒´    /



    187 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:43:41 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  <  >   <  >  \  でもやる夫は・・・自分の夢を封印したお・・・
     |      (__人__)     |  
     \     ` ⌒´    /



    188 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:44:01 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  <  >   <  >  \  やる夫は・・・自分自身を・・・この手で・・・
     |      (__人__)     |  
     \     ` ⌒´    /



    189 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:44:19 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  <  >   < >  \  ・・・学ぶものも、死んだら何も残らない
     |      (__人__)     |  ・・・そう思うと虚しさで・・・胸が一杯になるんだお
     \     ` ⌒´    /  ・・・何のために仕事して、何のために生きるのか・・・



    190 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:44:42 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   \  ´\   
     |    ( ●)(●) ・・・俺達の、・・・お前の知識は一級だ!
    . |     (__人__)   それは俺が保証する!
      |     ` ⌒´ノ   
    .  |         }    それはこの世界では金で買えない価値がある。
    .  ヽ        }     だからどうだ、やる夫・・・
       ヽ     ノ    
       /    く  \  
       |     \   \  
        |    |ヽ、二⌒)、



    191 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:44:56 ID:QKhyIeYo

          / ̄ ̄\   
        /       \   一緒に・・・
        |::::::        |   
       . |:::::::::::     |   
         |::::::::::::::    |  やってみないか?
       .  |::::::::::::::    }   
       .  ヽ::::::::::::::    }     
          ヽ::::::::::  ノ       
          /:::::::::::: く         
          |:::::::::::::::: \



    192 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:45:12 ID:QKhyIeYo

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /: : :             \    
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \   ミーン、ミーン、ミーン、ミーン・・・>
    : : : : : : :.._        _      \
    : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l 
    : : : ::;;< ― > ノヽ < ― >;;:::     |
    : : : : : ´"''",       "''"´        l
    : : : : : . . (    j    )       /
    \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
    /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
    : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
    : : : . : : . : : .                   \



    193 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:45:27 ID:QKhyIeYo
         ____  くヽハノ;/)                                      .:
       ∠´  ヽく三{:i:;ハ:;!フ                                    .:.:
         `ーァ'´_`フ);ヾッ'ニ>                                   .:.:.
    -‐-、  //  `ラ^ハ_)´                              .: . . .:.:. .:
    -‐‐ゝ//l ̄`ト、 `´レ'                                 .:... .:
    -‐'//  ヽ、 l l                                   .:
    //    zヾレヘl                                 .:           _r'⌒(
    /    /く三;:l::j      _r‐、     (⌒⌒ヽ              .:           ノ`...:.:::::ヽ
     く二/!ヽ `フハハ ヽ、_r'⌒  (__)ヽ、  `ー-‐'`             .:           r' .:     `ヽ
      ,/  レ'  ´ ^´         .:.:.:::ヽ_ノ⌒ヽ、             .:            ).::.:.   .:.:.:::::::::)
     /  jハ/ノ     ミ,ハ  .:.:.::.:.:::::::::::r、___.:.:.:.::::::ヽ、          .:            く.:.    .:.:.::::::  ⌒
    〃  〃_:}三    三{jハ .:.:.:.:::::::.:.:.:r‐、) `ヽ、___ノ          .:              ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
      / ⌒ハ)´    〃ハリ .:.:.:.ノ`ー‐'   (ン             r'⌒ヽ,.            ).:.:.....
     ̄\  ´     /                        く⌒ヾ゙   i         _r'⌒    .:.:.:::::::::.
       \     /⌒ヽ、lヾハ                  .:  `ヽ;.:.:.:.;,:.ノ      _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
         ヽ   /` ̄ ∨ ミ;.ヾ!                .:      ̄       _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
    ____________!ヽ〃   ,.-、ハァ、;;リ i              .:            _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
          //`ヽ、∠__/ ヘハj .:.)__,,.-‐‐‐-、r'⌒ヽ、_r‐‐'フ       _rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
         //   ヽ /⌒ヽ   :::::::::.:.:.:........:.:.:.:.:.:.:.:..........r'´     __r' .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:
        //      /´  ̄` `゛ー-、 ________________,.-‐'´      `ー-----、.:.:.::::r‐‐、.::::::::::::.:.  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::
       //      /         \__________,...--‐-、___             ̄´   `ー-----‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      //     /                      `ヽ



    194 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:45:44 ID:QKhyIeYo

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /: : :             \    
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \   
    : : : : : : :.._        _      \
    : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l  カナカナカナカナカナカナ・・・>
    : : : ::;;< ○ > ノヽ < ○ >;;:::     |
    : : : : : ´"''",       "''"´        l
    : : : : : . . (    j    )       /  ・・・幸せが・・・幸せが何処にあるのか・・・まだ分からないお。
    \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
    /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
    : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
    : : : . : : . : : .                   \



    195 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:45:59 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   だけど、ここにいて 生まれてきてどうだったのか
       / ─    ─ \  これからも考え続けるお
     /  < ○>  <○>  \  だけどそれも当たり前のことになんども気づくだけなんだお、
     |      (__人__)     |  自分が自分でいるために・・・
     \     ` ⌒´    /



    196 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:46:16 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   \  ´\
     |    ( ●)(●) 過去は大事だ、だが全てではない!
    . |     (__人__)   
      |     ` ⌒´ノ   現実のやる夫は今俺の目の前にいるし
    .  |         }     重要なのは「今」と「これから」だ!
    .  ヽ        }     
       ヽ     ノ     これからなんだよ!!!
       /    く  \    考え続けたって良いんだよ!!!
       |     \   \  
        |    |ヽ、二⌒)、



    197 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:46:35 ID:QKhyIeYo

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /: : :             \    
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \   リー、リー、リー、リー・・・>
    : : : : : : :.._        _      \
    : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l 
    : : : ::;;< ― > ノヽ < ― >;;:::     |
    : : : : : ´"''",       "''"´        l
    : : : : : . . (    j    )       /
    \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
    /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
    : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
    : : : . : : . : : .                   \



    198 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:46:53 ID:QKhyIeYo
                   ____
                ,. -'"´      `¨ー 、
               /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
            ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
          /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、   わかった・・・わかったお
          i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ   でもこれだけは言っておくお。
          ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
         / .ヽ-‐´''"       ヽ               i  やる夫は必ず「平成」へ戻るお!
         /    i   人     ノ               l  絶対諦めないお!絶対にだお!
        ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
        i      `、  _y──‐ l                /  うつにだって負けないお!
        ',       i_/  / _ '              /    死んでたまるかお!
         ヽ、       ̄ ̄               /
          ヽ、_                     /
             `¨i                     ヽ
              /                      ヽ
             /                     ヽ



    199 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:47:55 ID:QKhyIeYo

              / ̄ ̄\
            .ノ  \,_.  .\    ありがとう、やる夫
           (ー)(ー )    |    今夜はもっと抱きついていいぞ
         / ̄(__人__) //// |    でも優しくなw
       /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  クスッ  
      /   ゚⌒  {      .  /   
      | ///  (__人\    .カ  
      \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ なんだかシリアス過ぎて恥ずかしいいお!
       /  ̄   ./  . .. し}
         .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i



    200 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:48:05 ID:QKhyIeYo
    <1923年 9月5日 10時00分 森邸>

                           /\
                         //\\
                       .///.\\\
                      .///:|| || ||\\\
                    .// .|_||_||_||_||_.||  \\
                   .//    ̄ ̄ ̄ ̄´   .\\
    _____________________________//:: : :: : : : ....         .\\____________________________________________
    ソソソソソソソソソソソソソソ.//:::::: :::: ::: ::: :::: ::::: ::: ::: : . .. . . .  \\ソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ
    =============y//_______________________________________________\\y========================
    ⌒/癶)))))))))))l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」((((((((((癶⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒
    ⌒/⌒ヾソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ_/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
    ⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
    ⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
    二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
        |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
        |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
    __ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
    | || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
    |_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|: ||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|............................................. 艸艸
    .     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
    \_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
    ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
    |""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
    |=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
    |((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
    | |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
    | |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
    | |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
    | |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
    | |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
    | |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
    | |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
     ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                    ⌒`´ ,.r''" ""



    201 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:48:20 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',   もう後戻りはしないんですね?
    .      /          __,.       /:::::::::l   動き出してしまってはもう後戻りはできないかもしれませんよ?
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!     
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/    
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l     
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/      
          ∨  ヽ       / 、_ィ′      
    .        ∨  ____   / ./ .レ′     
           ',  `ー--―′  /  l        
    .        ',  `¨     //. L_        
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー- 、



    202 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:48:36 ID:QKhyIeYo
              ___
             /       \
             /   \ , , /\    
         /    <ー>  <●> \   ・・・決めた、んだお
          |        (__人__)   |    僅かな可能性に賭けてみることにするお
         \       ` ⌒ ´  ,/    
          ノ          \    たとえ戻るのに失敗しても、別のもっと良い世界が作られるなら
        /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ   翠星石も・・・平成世界の皆も納得してくれると信じてるお!
        |    l  ( l / / / l



    203 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:48:54 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',   良い世界・・・か。
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    私もこちらに戻った時にそう思ったことがあります。
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/    軍医として評価されながらも、大勢の若者を
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l     死に追いやった人物として、死してなお後ろ指を指されるのが
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      耐えられなかった・・・。
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/      
          ∨  ヽ       / 、_ィ′      変えてみようとも思いました。ですが私が未来から持ち帰ったのは
    .        ∨  ____   / ./ .レ′       僅かな身の回りの品と、断片的な知識のみ
           ',  `ー--―′  /  l        
    .        ',  `¨     //. L_        確かに私は軍内外に顔が利きますが、「未来を見てきた」と口にしたら
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     「林太郎は病床で気が違った」、「小説の書きすぎだ」と揶揄されたでしょう。
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー- 、



    204 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:49:14 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)      そして「未来人達」との約束もあった。
      |     ` ⌒´ノ      歴史を変えないという事で大正に戻してもらった。
    .  |         }        
    .  ヽ        }        平成世界の支援者の安全も考えると
       ヽ     ノ        歴史を変えることはできなかった・・・でしたね。
       /    く  \       
       |     \   \       
        |    |ヽ、二⌒)、



    205 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:49:34 ID:QKhyIeYo

            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',   その通りです。
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    だが、君達の話を聞いていると
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/    未来を変える罪悪感も少し、和らぐ気がします
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      彼女達には世話になった、だからもっと良い世界を
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/      後世に残したいという気持ちもある。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′       
    .        ∨  ____   / ./ .レ′      そして、今目の前にいる「平成の子達」を
           ',  `ー--―′  /  l        放って置くことはできない。
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、    やる夫君、やらない夫くん、改めて言おう。
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./     私を君達に協力させてほしい。
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    206 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:49:49 ID:QKhyIeYo
              ____
           / ノ  \\     そ、そんなそれはやる夫達が言う台詞だお
          / <●> <●>\    やる夫達は全然この時代に詳しくないから
        / ∪  (__人__)  \   むしろ森先生に協力して欲しいくらいだお
        |      ` ⌒´    |
         \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
        ノ  | / / /   (⌒) / / / /
      /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
     |    l  |     ノ  /  )  /
     ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ __     /   /   /



    207 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:50:16 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',   かたじけない。
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    私で役に立つことがあれば
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/    何でも言ってほしい。
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      やる夫君達がこの世界で何かをしたいのなら
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/      それ相応の人物に接触する必要があるだろう。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′       
    .        ∨  ____   / ./ .レ′      私は自身で言うのもなんだが
           ',  `ー--―′  /  l        色々顔が利く、必要があれば私を利用してもらって構わない。
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、    戸籍やら身分を保障するものは私には用意できないが
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./     なんとか知り合いには話を通しておこう。
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    208 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:50:35 ID:QKhyIeYo

                / ̄ ̄\
              /   _ノ  \
              |    ( ●)(●)  戸籍・・・そう言えば
              |     (__人__)   私達の家の権利とかもハッキリさせないと後でいらぬトラブルに
                 |     ` ⌒´ノ   巻き込まれたりするかもしれませんね。
                  |         }    
                  ヽ        }    森先生にはお金を頂いているので、これ以上お金が掛る様であれば
                ヽ、.,__ __ノ    身の回りに関しては何とか自分で稼げれば、と思っていますが
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   やはり身分保証が必要な行為に関してはしばらくお世話になりそうです。
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_   
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|  
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



    209 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:50:52 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \ そうだお、お金どうするお。こっちには貯金無いし
     /  < ●>  <●>  \ 今手元にあるものもあんまり売りたくないお。
     |      (__人__)     | なんか知識とかでお金儲けられないかお、特許とか。
     \     ` ⌒´    /



    210 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:51:10 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',   そういえばまだ君達の平成世界での身分を聞いていなかったな。
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    この近くに家があるという事は、帝大の学生ですか?
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l       
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/       
          ∨  ヽ       / 、_ィ′       
    .        ∨  ____   / ./ .レ′       
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    211 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:51:32 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)     はい、東京大学の工学部に通っていました。
      |     ` ⌒´ノ      
    .  |         }        機械や素材系に関してはこの世界で役に立てると思います。
    .  ヽ        }         
       ヽ     ノ         専門ではないですが、宇宙物理・化学もある程度は・・・
       /    く  \       
       |     \   \       
        |    |ヽ、二⌒)、



    212 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:52:02 ID:QKhyIeYo
         ____       
       /      \      やる夫は・・・社会人やってたお。
      /  _ノ  ヽ__\     
    /    <─>  <─> \   高校卒業して文京区内の中小企業に就職したんだお。
    |       (__人__)    |   
    /     ∩ノ ⊃  /    森先生ご存知のコンピュータのソフトを作る仕事だったから
    (  \ / _ノ |  |     電気とか電子系は一応得意だお。
    .\  "  /__|  |     
      \ /___ /



    213 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:52:24 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶
    .     l              /: : ',    医学知識などはあったりするだろうか?
    .      /          __,.       /:::::::::l    この大正では平成世界で治療法のある病が数多く
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    猛威を振るっておいます。
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      今考えれば私が平成で十分知識を
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l       得ておけば良かったのだが・・・
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/       
          ∨  ヽ       / 、_ィ′       死んでいく人を助けたい気持ちもあるし
    .        ∨  ____   / ./ .レ′       なにより歴史介入には大きな衝撃を与えるでしょう。
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    214 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:52:49 ID:QKhyIeYo
         ____       
       /      \      ・・・翠星石っていうやる夫達の親友が千駄木にある医大に
      /  _ノ  ヽ__\     通ってたお。でもこっちの世界にはきてないから・・・
    /    <●>  <●> \   
    |       (__人__)    |   けど一応やる夫達にも医学で協力出きることはあると思うお。
    /     ∩ノ ⊃  /    市販の現代の薬はそこそこあるし、捨てられなかった家庭科や
    (  \ / _ノ |  |     生物の教科書とかもあるお。研究の足しにはなりそうだお。
    .\  "  /__|  |     
      \ /___ /



    215 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:53:40 ID:QKhyIeYo
       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \       
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)     猛威を振るっているといえば、結核とかですか?
      |     ` ⌒´ノ      後は・・・脚気がまだこの時期あるって話は聞いたことがあります。
    .  |         }        
    .  ヽ        }        
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \       
        |    |ヽ、二⌒)、



    216 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:55:11 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     その通り
    .     l              /: : ',    労咳は私も患った事があるが全世界で
    .      /          __,.       /:::::::::l    治療法・予防法の研究が急がれていると聞く。
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    流感なども病としては恐れられておるな。
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      脚気は栄養の偏りが原因であるし、周知徹底されれば
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l       問題はないでしょう。私自身当初は信じられなかったが
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/       平成ではしっかりと書かれていたよ。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′       
    .        ∨  ____   / ./ .レ′       それよりも一時期より沈静化してきているが赤痢や痘瘡
           ',  `ー--―′  /  l         も定期的に死者が出ている。それがやっかいですな。
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    217 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:55:34 ID:QKhyIeYo
          ____     
        /      \   
       / ─    ─ \ 痘瘡?もしかして天然痘のことかお!?
     /  < ●>  <●>  \ 天然痘って確か種痘で防げるんじゃななかったかお?
     |      (__人__)     | 学研の掲載では確かこの頃すでに種痘が始まってると見たお。
     \     ` ⌒´    /



    218 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:55:50 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     確かに種痘が義務化になったことにより
    .     l              /: : ',    患者数は減ってはいるのだが、朝鮮人や
    .      /          __,.       /:::::::::l    大陸の出身の物は未だ種痘を行っておらず
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    病の温床となっているのが実情だ。
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      あと種痘自体も半永久的に効果が続く
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l       物ではない以上、残念ながら穴はあります。
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/       
          ∨  ヽ       / 、_ィ′        
    .        ∨  ____   / ./ .レ′        
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    219 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:56:04 ID:QKhyIeYo
             ____
           /   u \      
          /  /    \\     記憶が確かならやる夫は1回も種痘を受け手ないお。
        /  し <○>  <○> \    ウイルスに接触したら感染しちゃうお!
        | ∪    (__人__)  J |    皮膚がボツボツぐちゃぐちゃになって死んじゃうお!
         \  u   `⌒´   /



    220 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 16:56:20 ID:QKhyIeYo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . | U   (__人__)      俺らが生まれたときにはもうすでに天然痘は
      |     ` ⌒´ノ      地球上から駆逐されていたからな。
    .  |         }        
    .  ヽ        }        BCGで結核に免疫はあっても天然痘には無力、
       ヽ     ノ        最優先事項をまず種痘にするべきだな。
       /    く  \       
       |     \   \       
        |    |ヽ、二⌒)、



    222 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/08(水) 17:00:51 ID:QKhyIeYo
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     確かに種痘が義務化になったことにより
    .     l              /: : ',    患者数は減ってはいるのだが、朝鮮人や
    .      /          __,.       /:::::::::l    大陸の出身の物は未だ種痘を行っておらず
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    病の温床となっているのが実情だ。
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l      わかりました。2人分の種痘の手配を行ないます。
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l       現状必要とされている医薬品とは違うし
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/        夕方にでも用意できるでしょう。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′        
    .        ∨  ____   / ./ .レ′        
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-

    第3話「Crossing the Rubicon」終
    次回:第4話「ビフォーアフター」

                         /    |    |    |
                     |     |  ∥|    |∥
                   ∥  |ー |   l ー-  l│
               /⌒ヽ   |    |   l     l
               l   l ∥ |    |  |  0   |    ピクピク
                |   l   | ー-  |  l⌒) - l∥
                 |  -‐|    |    |   | 丿   |    /⌒ヽ
               |   |    |    |  |ノ     l   |    ヽ
                 l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
             /⌒ヽ l ‐ \  |, ノ⌒) ()     l    〉-‐  l
             l〉   )ヽ、   ヽノ (ノO (ノ  (つ ヽ、 | ノ)  |
            /  人 ヽ、        (⌒)      ヽノ (ノ  |
              l     ヽ、\,        )丿 / ノ/ o     l
            ヽ  ノ \,/     /  (ノ       () ヽ  l
             \    /        /     (⌒ヽ    |
              ヽ、       /  /   l      しノ      |
               ヽ、  /   /     |           l
                ヽ、          l          /
                 ヽ、            |          /
                  ヽ          l        /





    次→やる夫は迷い込んだようです 第4話

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ


    タイムスリップ森鴎外 (講談社ノベルス)
    タイムスリップ森鴎外 (講談社ノベルス)
    スポンサーサイト



    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/313-feb5ff70

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。