最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やる夫は迷い込んだようです 第7話 

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ

    576 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 11:59:59 ID:aA31Kggc


    第7話「改変の先にあるもの」
    <1924年 1月10日 18時30分 東京府東京市小石川区白山前町付近>


           ____
        /      \
       /  ─    ─\  
     /    ,(●) (●)、\  しかし本多博士は流石、NHKの”サイエンスZERO”で
     |       (__人__)   |   紹介されてただけあるお。頭の回転が早い早い。
     \     ` ⌒´   /    
    ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      
        |  \/゙(__)\,|  i |     
        >   ヽ. ハ  |   ||




    577 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:00:22 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   \  \  まさか食事中にフェライトやアルニコ、ネオジム磁石の話をする日が
          (●) (● )   | 来るとはおもわなかったぞ。だが、その甲斐はあった気がするな。
           (__人__)      |  「鉄の神様」である本多博士に伝えたことは大きい。
            { ⌒´     |
          . {         |
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    578 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:00:38 ID:aA31Kggc
               ___   ━┓
             / ―  \  ┏┛
            /  (●)  \ヽ ・
           /   (⌒  (●) /   どういうことだお?
           /      ̄ヽ__) /
    .    /´     ___/
        |        \
        |        |



    579 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:01:01 ID:aA31Kggc

             / ̄ ̄\ 
           /   \  \  未来の知識が過去に伝授されると級数的に未来が変化するはずだろ。
          (●) (● )   | 特に科学分野ではネオジム磁石なんて2世代は進んでるはずだ。
           (__人__)      |  それがいきなりポンと世にでてみろ、
            { ⌒´     |  平成世界のデジタル家電が5年10年早く進化しているはずだ。
          . {         |
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    580 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:01:12 ID:aA31Kggc
          ___    ━┓
        / ―\   ┏┛
      /ノ  (●)\  ・
    . | (●)   ⌒)\   つまり?
    . |   (__ノ ̄  |
      \        /
        \     _ノ
        /´     `\
         |       |
         |       |



    581 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:01:58 ID:aA31Kggc

             / ̄ ̄\ 
           /   ─  \  俺達の持っているPCやスマートフォン、電子機器の全てが変化していない。
          (●) (● )   | デザイン的な部分も磁石の大きさが関わるから外見もネオジム磁石の後継が
           (__人__)      |  開発されていれば変化しているはずだ。
            { ⌒´     |  後継が開発されてなくても商品の開発サイクルが早まったりして
          . {         |   形状が歴史改変前と変わるはずって事も考えられる。
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    582 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:02:12 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\        ・・・!?
    /    (●)  (●) \  
    |  U    (__人__)    |
    /     ∩ノ ⊃  /       
    (  \ / _ノ |  |        
    .\ “  /__|  |




    583 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:02:27 ID:aA31Kggc
                     __
                    /   \
                  /ノ   ヽ_\  
                 | (●) (●)|   /そう、ここから導きだされる可能性は2つ、
                  |  (__人__)  .|  <   この歴史改変後に存在する時間軸上では2010年までに
                  l  ` ⌒´  |   \ ネオジム磁石以上の永久磁石は開発されていない
                  {         |      ・・・このままだと2世代も進めるのにもかかわらずだ。
                   {       /   
              ,-、   ヽ     ノ、  
             / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
            /  L_         _( { r-、 ヽ
               _,,二)     〔― ‐}     |
               >?_,フ      }二 コ\   Li



    584 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:02:44 ID:aA31Kggc
                       ,, -‐ 、
                      /'    ヽ
           / ̄ ̄\      ./      i
         / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
         |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   あるいは、俺達は今後幾ら歴史を改変しても
         |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     突然消えてなくなったりはしない!、ということだ。
         .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      つまり完全にこの大正世界の1物質として存在し、
          |         }/  .::::::::::::::::::::/       未来の出来事には左右されない、関係が切れた状態。
          ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/        
          .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/         「親殺しのパラドックス」は適応されないということだ。
       ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
    ..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
    :,'      /       !.:::::::/:i..:..l
    r   、  /           !::::::::::: i..:..i
    l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
    !  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
    .! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
    .ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
    / \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
       `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



    585 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:03:04 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\        ちょっとまつお、もし記憶が書き変わったとしたらどうだお?
    /    (●)  (●) \      さっき博士に話をした時点でやる夫達の記憶が書き換わり、
    |  U    (__人__)    |      今まで扱っていたガジェットの特徴が、脳の神経配置が基質操作されることで
    /     ∩ノ ⊃  /       摩り替って変化がないように思ってしまうとかだお。
    (  \ / _ノ |  |        
    .\ “  /__|  |



    586 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:03:27 ID:aA31Kggc
                (⊃ ̄ ̄\
              (⊃   _ノ  \
             (⊃   ( ●)(●)
              |     (__人__)       
                 |     ` ⌒´ノ  なかなか鋭いな、実はおれもそれも疑ってちょっと前にあるメモを書いておいたんだ。
                  |         } \    
                / ヽ        }   \
            /   ヽ、.,__ __ノ     )
           /        .   | _/
          |         / ̄ ̄(_)
           \   \ /| JJJ (
            \  /   /⊂_)



    587 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:03:46 ID:aA31Kggc
    ┌───────────────┐
    │ ”「ネオジム磁石」80年代に発明” │パサ
    └───────────────┘  

               .   / ̄ ̄\
                 .  /  \,_.  \
                ./⌒(●)(● )   |
            /.こ,,(__人__)    |    変化がないんだ。こっち世界の紙とペンをつかったんだが。
            /_/ . ` ⌒´     }    もし記憶が変化しているなら明らかに違和感を感じるはず。
          .(  .人  |         }     記憶も物証も変化してるならアウトだがな。
          \  .\ .ヽ        }



    588 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:04:02 ID:aA31Kggc
                     __
                    /   \
                  /ノ   ヽ_\  
                 | (●) (●)|   /まぁ、記憶が書き換わるっていうのは否定しきれない部分が残るのは確かだ。
                  |  (__人__)  .|  <   もしかしたら実はすでに誰か俺達と一緒に飛ばされたけども消えた、と同時に
                  l  ` ⌒´  |   \ 俺達から記憶、この世界に与えた影響も全て書き変わったとか考えるだけで恐ろしい。
                  {         |      
                   {       /       だがもし本当にそんな事があるなら問題は誰が・何が書き換えてるかだな、なんのために。
              ,-、   ヽ     ノ、   
             / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
            /  L_         _( { r-、 ヽ
               _,,二)     〔― ‐}     |
               >?_,フ      }二 コ\   Li



    589 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:04:22 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\         
    /    (●)  (●) \      
    |  U    (__人__)    |      ”神”かお・・・ 
    /     ∩ノ ⊃  /       でもやる夫達がある日突然消えてなくなるってのは確かに
    (  \ / _ノ |  |        無さそうで安心したお。これで思い切りやれるってもんだお。
    .\ “  /__|  |



    590 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:04:36 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   ─  \   
          (●) (● )   |  確かにもしそんな存在、機構があればまさに”神”としか言えない。
           (__人__)      |   
            { ⌒´     |   あと一つ収穫があった。
          . {         |    情報の制御の難しさだ。
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    591 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:04:53 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   \  \  最初に理研に来た時も釘をさしておいたが、実際研究して開発に成功すると発表したくなるわけだ、
          (●) (● )   | 未来からの知識が関わっていたとしても自分が研究して開発したんだから気持ちはわかるがな。
           (__人__)      |  だが一線を引いておかないと、文明加速しすぎて俺達の知識が通用しなくなる、歴史知識も含めて。
            { ⌒´     |  
          . {         |   変化を与えるという意味では加速は結構なことだが、この時代を生きている
            {       /    人たちを崖から突き落とすリスクを背負ってまで俺は未来に戻る必要はないと思う。
            ヽ___ ノ、    まぁ正直な所ガジェットに変化がない時点で平成への関心が薄れちまったんだがな。
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    592 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:05:15 ID:aA31Kggc
                       ,, -‐ 、
                      /'    ヽ   
           / ̄ ̄\      ./      i  要は俺は戦争での日本人死傷者数を減らしたいわけだ、前にも言ったように。
         / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
         |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   それは歴史のコントロールができなくなることを俺達は
         |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     避けなければならないってことになる。
         .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      俺は今回の話で具体的な対策が必要だと痛感した。
          |         }/  .::::::::::::::::::::/       
          ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/        このままだと国外にでも情報が流出したら大変だぞ。
          .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/         本多博士が漏らさなくとも他から漏れることも十分有り得る。
       ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
    ..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|          やはり情報提供は期が熟した時におこすべきであって
    :,'      /       !.:::::::/:i..:..l           闇雲な伝授は危険過ぎる。
    r   、  /           !::::::::::: i..:..i          
    l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i          無策だとあっという間に世界が変化して第三次世界大戦も
    !  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i          2010年までに起きかねないぞ。
    .! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
    .ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
    / \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
       `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



    594 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:05:44 ID:aA31Kggc
         ____
       /(ー) (ー)
      /   (__人__)\ (確かに、やる夫もやらない夫みたいにいつの間にか当初の目的を忘れて未来に
    /.     ` ⌒´  \ 帰る事よりも、大正世界の日本をいかに良くしていくか、結果的に何百万もの人たちを
    |             | 救えるなら自分の人生捨てる気持ちになったお。翠星石には会いたいけど
    /     ∩ノ ⊃  /  優しい翠星石の事だお、やる夫が人助けしてるならあっちで喜んでくれそうだお)
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |   翠星石・・・
      \ /___ /



    595 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:06:29 ID:aA31Kggc
              ___
             /       \
             /   \ , , /\    
         /    (ー)  (●) \   (正直、うつ病になった時点でもう平成世界では夢も希望も亡くなったお。
          |        (__人__)   |     でもここにはそれがある、やる夫とやらない夫が今後も頑張れば
         \       ` ⌒ ´  ,/      確実に未来は良くなる、いや、良くして見せるお。)
          ノ          \     
        /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ    わかったお、慎重かつ大胆にやってやるお!
        |    l  ( l / / / l
         l    l  ヽ       /



    596 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:06:57 ID:aA31Kggc
    <1924年 1月11日 14時55分 理化学研究所講演室>

             ___
           /      \
         / ─    ─.\ 
        /   (●)  (●) \   大河内博士、本多博士、鯨井博士
        |     (__人__)     |   まずは半導体の概要から説明するお。
        \. _ ` ⌒´    /
        /   \       \   ※今回は説明が長いです。
         |     \, -‐- 、-‐- 、 ※ちなみに鯨井恒太郎博士はネットでは1921年に亡くなっている事になっていますが
         |\     \.  (" ̄ .入  大正14年に東京市電気研究所長に就任し多忙のために理研をやめているので
        |  \    "  ̄ ̄ ̄  ) 当時はご存命のはずです。
        |  / \,,_______人
         |      /\    \  \
        ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__



    597 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:07:21 ID:aA31Kggc
                ___
              /      \     半導体は導体、絶縁体の中間にある電気抵抗の性質を持っている材料を指すお。
            / ─    ─.\    やる夫達の平成世界ではこれをシリコンウエーハと呼ばれる板に転写して
           /   (●)  (●) \   集積回路、ワンチップ上に抵抗やコンデンサ等を再現したICと呼ばれるものを
           |     (__人__)     |   作るんだお。
           \. _ ` ⌒´ _ /
    .         / ̄ |\/」`\     これから学ぼうとしている半導体は電子工学的に言うとある条件下においては
    .    ,    / イ  ̄。|  | . |     導体あるいは絶縁体として振舞う”2重人格者”的な存在だと思えばいいお。
          ○ゝ/ |   。|  | . |  /
             . |   。|  | .」_ /____
              ,. |   。| /とづ_  ./ |  当面の目標はゲルマニウムで結晶を成長させる技術を習得して
          〃|/ . |   .//〃/./ /.|  トランジスタやダイオードを作る事だお。中期目標がシリコン半導体になるお。
        〃I// 丿 ./   ̄ ̄./ /|. .|
       . ||//.  ヽ__| ̄ ̄ ̄ ̄|/ | |  |
       // .     | .|        |   | |  |
       /        | |        |   | |./
                 |_|        |   |/
              L;|____| /



    598 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:07:36 ID:aA31Kggc

             > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丶
            >           \
           <    /\_ _/ヘ  l
            >   /    レ|     l l  ダイオードは今で言う整流作用のある2極真空管のことだが、トランジスタとは?
            \  l<⌒ヽ  /⌒>j |
             \_」 {`ij¨   ¨ij´ } |_」
              {ヘ| { ー    ー } |ヘ}
               〉、!     {|      |ノ
                \´ー‐__‐一`/
               /l\___/l\
            _//  \    / ヽ\_
           /|  /  __ \/ __ ヽ   \
          /  |/ |  ` ´  | \|      \
         | /     |       |  \    |
        │    \/|       | \/       |
             鯨井恒太郎 博士:無線の専門家



    599 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:08:17 ID:aA31Kggc
                  /     \    1個もってきお。この時代で言う3極真空管のことだお。
                / ⌒   ⌒ \   このトランジスタはP型とN型の半導体を接合したもので
               /   (●)  (●)  \ この大きさで3極真空管の代わりになるし、寿命も抜群に長いお。
             _|__    (__人__)      | P型とN型はシリコンとかの結晶に混ぜる不純物の種類による区別だお。
           /   \    `ー'´     / 
     /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ           なにより消費電力、熱を持ちにくい、衝撃に強いなど真空管に比べて
     |  |  | { .::::::●:::::  }           メリットが多いお。特に小型が見込めるのは大きいお。
     |  |  |  \ ::::川::::::/
     ヽ ヽ ヽ   `ー一'´



    600 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:09:05 ID:aA31Kggc
    やる夫:シリコンを例に取ってざっくり説明するとこうなるお

    通常のシリコンの単結晶は安定しており殆ど電気が流れない(自由電子がない)
    N:N型半導体 シリコンの単結晶に微量のリンを添加することで電子が余る(-に傾く)
    P:P型半導体 シリコンの単結晶に微量のボロンを添加することで電子が不足する(+に傾く)

    結果殆ど電気伝導に寄与することがなかったシリコン結晶内の電子が動きやすくなり電気が流れるお。


            トランジスタ
              ↓
    ┌───┬───┬───┐ 解説:トランジスタは小さい電流を増幅する電子部品
    │  N  │   P │  N  │     P型とN型半導体の組合せで作られる。
    └───┴───┴───┘     (NPNあるいはPNP)

    ┌───┬───┐       解説:ダイオードは電流を1方向に流す機能がある電子部品
    │  P  │  N   │          半導体が登場する前は2極真空管で整流作用を実現させていた。
    └───┴───┘
          ↑
         ダイオード

    整流作用とは電流を1方向にしか流さない事をいい、例えば下の図ではPNのPに直流の+を接続しないと
    電流が(矢印が電流)流れない。※電子は電流の方向と逆に流れるのに注意。
    PNのNに電池の+を付けるとP(+に傾いている状態)に電池から電子が供給されるが、同時にホール(+)が
    電池からの電子と打ち消し合ってしまい、N側の電子引きつけることが出来ず、電流が流れなくなる。
        ┌───┬───┐ →     
      ┌┤  P  │  N  ..├─┐      
    ↑│└───┴───┘  │  電流が流れる状態
      └──■───────┘   
         +  -

        ┌───┬───┐ X     
      ┌┤  P  │  N  ..├─┐      
    X..│└───┴───┘  │  電流が流れない状態
      └──■───────┘   
         -  +



    601 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:09:20 ID:aA31Kggc

    この特性を利用してやると1.E(エミッタ)にVBEから電子が供給される。2.B(ベース)からVBE電子が移動する。C(コレクタ)
    (VCE-からEB間まではVBEを接続しなくても電子の移動が起きるがBC間でNP逆バイアス状態となりCE間に電流は流れない。)
    3.EB間を電子が移動すると同時に本来逆バイアスで電子が移動できなかったBC間を電子が移動できるようになる。
    結果VBEからの信号の変化によりEC間を電流が増減することになり電流が増幅されたように見える。
        ―  VCE +
      ┌──■■■──────────┐     
    ↑│E                        .│
      │┌───┬───┬───┐ ← │  
      ├│ 1    .│   2  .│  3   .├──┘
      │└───┴──┬┴───┘C     
    ↓│     ―     +│B↑
      └────■──┘
             VBE



    602 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:09:37 ID:aA31Kggc

             > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丶
            >           \
           <    /\_ _/ヘ  l
            >   /    レ|     l l  なるほど、ラジオが手のひらに乗るぐらいの世界から来たというのも頷けるな。
            \  l<⌒ヽ  /⌒>j |  これが未来の真空管か。
             \_」 {`ij¨   ¨ij´ } |_」
              {ヘ| { ー    ー } |ヘ}
               〉、!     {|      |ノ
                \´ー‐__‐一`/
               /l\___/l\
            _//  \    / ヽ\_
           /|  /  __ \/ __ ヽ   \
          /  |/ |  ` ´  | \|      \
         | /     |       |  \    |
        │    \/|       | \/       |



    603 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:10:13 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \       
          / ─    ─ \    やる夫が今持っている計算機を再現するにはどうしても
        /   (●)  (●)  \   この半導体技術が必要なんだお。
        |      (__人__)     |     具体的な作り方の説明をするにあたって、
         \    ` ⌒´    ,/      映像資料をもってきたので見て欲しいお。
         /⌒ヽー    一ィヽ    
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
       /    / r─--⊃、  |    
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


    「Nスペ 電子立国シリーズ」
    ttp://www.youtube.com/watch?v=pASTlpJ4Utk



    604 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:10:32 ID:aA31Kggc
    ・・・
              _,,、 _ 、
            /|   / /  ` ー 、
          _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
          ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス
         ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ  これはすごい、この通りにやれば一気に20年は未来に追いつけるじゃないか。
         厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌   出てくる実験器具も一通り東北帝大にあるから直ぐにでも実験したいところだ!
        ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉   量産化は直ぐには無理だろうが実験室単位であれば可能だろう。
         ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/    
          {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}
            lrハ   '′{   ``    j彳ソ  ウズウズ
          ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
            `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´
             _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
            i(人ヘ       /-‐'ノ |
           ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
         _//    `ヽ、/´       > 、_
      _/´   ヽ、    |     _,、‐'´   `\_



    605 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:10:49 ID:aA31Kggc
    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 
    //\\/\ /_, '"            | 無人の車が機器を運ぶ瞬間は本当にたまげました。
      // \  _,r'"           | これが茶運び人形の未来の姿だとは。
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       |
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  | まるで自分の意思が有るように動いていたじゃないか。
          /ト{⌒`´″      l|   三 |  ひょっとして未来では機械がしゃべったり考えたりするんじゃないかい?
          { }i{             リ  三 |  
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    606 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:11:07 ID:aA31Kggc
               ____
             /      \   
            / ─    ─ \ やる夫達の世界では人工知能といって自律的に行動する機械や
          /   (●)  (●)  \  コンピュータへの指示書・プログラムが溢れていたけど、
          |      (__人__)     |    自分自身の意志をもつまでは到達していないお。
          \     ` ⌒´   ,/  でも・・・もしこのまま歴史がある程度日本にいい形で加速すれば
          /     ー‐    \  来世紀初頭にはそれに到達できるかもしれないお。
                         (あ・・・そういえば・・・昔はそんなことを夢見ていたんだけかお・・・)



    607 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:11:24 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \       
          / ─    ─ \    映像資料は渡せないけど
        /   (●)  (●)  \   本ならやる夫が読破した分のを提供できるお
        |      (__人__)     |     まずは教科書がわりに
         \    ` ⌒´    ,/      「高校数学でわかる 半導体の原理」
         /⌒ヽー    一ィヽ       を渡しておくお。
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
       /    / r─--⊃、  |       この本は極秘扱いで管理して欲しいお。
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |       万一複写でも外部に漏れると収集がつかなくなるお。



    608 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:12:24 ID:aA31Kggc
              _,,、 _ 、
            /|   / /  ` ー 、
          _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
          ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス
         ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ   やる夫君わかった。管理には気をつけるよ。
         厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌   ネオジム磁石の件もその点留意しておく。
        ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉   
         ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/   だが私が将来開発する物についてはどうするつもりかい?
          {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}   新KS鋼も私が発明するらしいじゃないか。
            lrハ   '′{   ``    j彳ソ
          ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
            `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´
             _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
            i(人ヘ       /-‐'ノ |
           ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
         _//    `ヽ、/´       > 、_
      _/´   ヽ、    |     _,、‐'´   `\_



    609 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:12:42 ID:aA31Kggc
    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 
    //\\/\ /_, '"            | 理研も営利団体であるし、
      // \  _,r'"           | また日本は技術で食っていくしか無いという理念のもと
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       | 設立されたわけですから、いくら科学技術に貢献しようとも
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  | 無条件に全て直ぐに特許化しようとは彼も思っていませんよ。
          /ト{⌒`´″      l|   三 |  そこはご心配なく。
          { }i{             リ  三 |   ですが万一のため何か取り決めでもしておきますか?
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    610 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:12:58 ID:aA31Kggc
                 / ̄ ̄\
               / /  \ \
               | ( ●) (●) |  こんなのはどうでしょう?
              . |   (__人__)  |    1.海外の重要発明品・特許類は発明時期を審査期間を考慮した上で
                |   ` ⌒´  |      理研の発明品になるように我々が情報提供する。
              .  |         }     2.史実上国内の発明品で海外に渡ると危険な発明品は秘密特許扱いか
              .  ヽ        }      発表自体を意図的に1~2年伸ばしてもらう。
                ,、ヽ     ノ-、   3.未来情報によって作られた発明品の権利は理研が保持し、発明者に
               /;;;i/      '、!\   十分な対価と名誉を与えると同時に権利を譲渡させ、一元管理する。
           _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
        ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
    .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
       |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
    .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
      /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



    611 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:13:15 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \       
          / ─    ─ \    特に先端技術の国外流出が怖いお。
        /   (●)  (●)  \   こちらが3歩進んでもあちらが10歩も進んじゃ意味が無いお。
        |      (__人__)     |     
         \    ` ⌒´    ,/     だから当面の表立った発明や技術供給は、海外で技術が確立
         /⌒ヽー    一ィヽ       されているが、日本が独自開発できない部分を底上げする形でいきたいお。
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
       /    / r─--⊃、  |       そうすれば極秘の先端技術開発へのマンパワーは多少減るけど
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |       日本にとってみれば十分インパクトがあるお、半導体は別だけど。
                            先端技術の価値を発揮するにはまず基礎技術の開発が重要だってことだお。



    612 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:13:28 ID:aA31Kggc

    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 
    //\\/\ /_, '"            | ・・・すばらしい!
      // \  _,r'"           | 私と全く同じ考えを持つ人間がいてくれて嬉しいよ。
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       |  
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  | 例えば私は機械が専門だが海外と比べて日本の工作機械は
          /ト{⌒`´″      l|   三 |  15年は遅れている。発条・バネ1つとってみても欧米と比べて雲泥の差がある。
          { }i{             リ  三 |   それを解消できれば相当な底上げになるでしょう。
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    613 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:13:58 ID:aA31Kggc
                / ̄ ̄\
              /   _/  \   
              |    ( ●)(●)   バネ・・・ですか。
              |     (__人__)    詳細については明日にでも伺います。
                 |     ` ⌒´ノ    意外となんとかなるかもしれませんよ。
                  |         }    
                  ヽ        }     他にも伝えたいこととか色々あるんで
                ヽ、.,__ __ノ     資料もってきます。
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

    \ありがとうございました/



    614 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:14:20 ID:aA31Kggc
    <1924年 1月12日 13時00分 理化学研究所2号館大河内研究室>
    ~翌日~
                / ̄ ̄\
              /   _/  \   
              |    ( ●)(●)   うーん、確かにドイツ製と比べて耐久性が低いですね。
              |     (__人__)    実際につくっている方は経験豊かなんでしょうか?。
                 |     ` ⌒´ノ     
                  |         }    
                  ヽ        }      
                ヽ、.,__ __ノ      
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|    §§ 
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: / ̄ ̄ ̄ ̄/

    ※1月12日は土曜日ですが、土が休みになったのは戦後からなので
     やる夫たちも普通に働いてます。ちなみに当時の理研にタイムカードは無いです。



    615 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:14:41 ID:aA31Kggc
    \\//  / \ \/ /      | ええ、工手の方はどの研究室も1流の人材です。
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 歯科技工士が投げ出した畑違いの入れ歯の修理を2時間程度で
    //\\/\ /_, '"            | 完璧に仕上げる独創性も持ってますよ。
      // \  _,r'"           | 機材も欧米から輸入しているので国内でも最高のものです。
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       |  
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |  常日頃部下たちにも買うなら日本で手に入る最高のものを
          /ト{⌒`´″      l|   三 |   基本的には使わせています。
          { }i{             リ  三 |    
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    616 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:14:58 ID:aA31Kggc

                / ̄ ̄\
              /   _/  \   
              |    ( ●)(●)   形はコピーできてるようですがドイツ製の6割程度の力で
              |     (__人__)    破断してしまうのはどうにかしたいですね。
                 |     ` ⌒´ノ    1つ伺いたいんですが、このバネ鏡面仕上げでテカテカなんですが
                  |         }     そこまでする必要はあるんでしょうか?
                  ヽ        }      
                ヽ、.,__ __ノ      
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|    §§ 
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: / ̄ ̄ ̄ ̄/



    617 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:15:18 ID:aA31Kggc
    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 
    //\\/\ /_, '"            | 鏡面仕上げのほうが企業に受けが良いんですよ。
      // \  _,r'"           | 工手さんも美しいものを使いたい作りたいというのが本音でしょうね。
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       |  
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |  原材料も可能なかぎり国内一級品を使用しているので
          /ト{⌒`´″      l|   三 |   正直な所なぜここまで差がでるかわからないんですよ。。
          { }i{             リ  三 |    私は熱処理・焼入れの工程が怪しいと睨んでるんですが・・・
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    618 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:15:32 ID:aA31Kggc
               .   / ̄ ̄\
                 .  /  \,_.  \  う~ん、その可能性も有りですがこの時代で出来る事といったら
                ./⌒(●)(● )   |  表面仕上げを変更していいという条件は付きますが1つ有りますね。
            /.こ,,(__人__)    |   
            /_/ . ` ⌒´     }    "ショットピーニング"を使いましょう。
          .(  .人  |         }    本当は浸炭や窒化を行いたい所なんですが短期間では無理そうです。
          \  .\ .ヽ        }



    619 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:15:48 ID:aA31Kggc

     /;;;;;i          ,   ;;  _,.-r::::~_,,,,,,,,,,,. \;;; ;;;;;;
     i;;;;;;;i..∪...-- ;;;;;..__ :: .i  . .  ..イ- ̄_=,_\丶--;; ;;;;
     i;;;;;;;/ ~'''   >=.._ヽi__......∨i~| / i"o')  ヽヽ\r-,;;;;
      i;;;;;i_..r- ""~二'''ヽヽ...;;;:::_:::/"∥__"''~...-y....ヾ iヾ ヽ;;
      i;;;;/"-/ / (o_) ヽハi   Yヽ   ̄""~/     i   i;;;    ショットピーニング?
     q=∥..  ”-.......-フ’'i;;     ハ_ ヾヾ  .._...r"  ”ミ;     
      i~;;;i :/  """"~;;;.r /;;....  '  个----:::イ~    ミ::
      ヾ;へ._   ""_....r∧;;:"   .. ヾ.         ミ:
      ∧;;i  '"--''''~   /;;;:::....  丿 i:.        ミ:
      i ヽ;;i       i;;;;. -;;.~  -"'-.r.    .    ミ:
      .i:::::ヾ:;::...     . ' "ヽ:::ヽ--:ノ;;::'     ヾ     ミ
      .ヽ ;yA:::::::..  .::    ~""''''"......;;----.. ::::   ミ
       ヽ ;;ヽ. :::.. ::::  .--'"""""       i  :::.  ヽミ
        \ヾ:i   :: .::: /   _....... --- '''''':-.._i  ::::.  り
         i ::┐ :  ' |..-r""__,,,.-- '''''~ ̄  :ヽ  :::  丿
         ヽ. i.  : ::  | ~ ̄     __..-- "'ヽ|  ::  ∥
          \ヽ ' ;:  ヽ /"""''''''~     ハ  :  /



    620 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:16:00 ID:aA31Kggc
                / ̄ ̄\
              /   _ノ  \   
              |    ( ●)(●)  あぁ、やはり大正期には日本には広く伝わっていないんですね。
              |     (__人__)   ショットピーニングというのは小さなベアリングを高速で鍛えたい物体に
                 |     ` ⌒´ノ  衝突させて鍛え、破断しにくくする手法です。
                  |         }   確か遠心力で秒速数十メートル~百mまで加速させて叩きつける手法が 
                  ヽ        }    一般的だったはずです。
                ヽ、.,__ __ノ    
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



    621 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:16:17 ID:aA31Kggc

    解説
          │     
       │ ●  │ ↓
       ●    ●←鉄球が高速で素材に衝突
    ┌────────┐       ┌────────┐
    │   金属素材     │       │     硬         │   ショットピーニング模式図
    │                │  →   ├────────┤           
    │      柔        │       │     柔         │
    ※早い話がサンドブラストみたいなものです。1870年ドイツで開発されました。
     日本では戦後進駐軍のジープを作っていた頃から徐々に広まりました。



    622 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:16:37 ID:aA31Kggc

    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- | 
    //\\/\ /_, '"            | おお、そんな手法があったんですか!
      // \  _,r'"           | もしそれが日本で実現できれば日本の板金、鉄鋼関係の企業向けに
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       |  幅広く受注できそうです。
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |  
          /ト{⌒`´″      l|   三 |   ではまずその機械を作る必要がありますね。はは、大丈夫ですよ
          { }i{             リ  三 |    普段から測定機器や実験装置は積極的に作ってますから。
     \/   ソ -、           三  \__  _____
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /



    623 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:16:57 ID:aA31Kggc
    <同時刻 理化学研究所4号館鯨井研究室>


         ____
       (ー) (ー)\
      / (__人__)  \  う~ん、やはり半導体がないと思い切った研究は無理だお。
    /.   ` ⌒´    \ このままじゃ暫くは鯨井研に居場所がなくなっちゃうお。
    |             | 他の研究員の手伝いばかりするわけにもいかないしどうしたもんかお。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /



    624 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:17:13 ID:aA31Kggc

             > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丶
            >           \
           <    /\_ _/ヘ  l
            >   /    レ|     l l  やる夫君、昨日頼まれた資材購入の件だけども、購買から
            \  l<⌒ヽ  /⌒>j |  本当にあの量でいいのか質問がきてるよ。
             \_」 {`ij¨   ¨ij´ } |_」
              {ヘ| { ー    ー } |ヘ}
               〉、!     {|      |ノ
                \´ー‐__‐一`/
               /l\___/l\
            _//  \    / ヽ\_
           /|  /  __ \/ __ ヽ   \
          /  |/ |  ` ´  | \|      \
         | /     |       |  \    |
        │    \/|       | \/       |



    625 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:17:28 ID:aA31Kggc
           ____
        /      \
       /  ─    ─\  
     /    ,(●) (●)、\  あぁ、リレーのことだお?無給の研究生が最初に買う数としては多い
     |       (__人__)   |   ってことだろうけど、どうしても必要なんだお、100個ほど。
     \     ` ⌒´   /    予算超過になっちゃうかもしれないけど是非入手して欲しいお。
    ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      
        |  \/゙(__)\,|  i |     
        >   ヽ. ハ  |   ||



    626 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:17:55 ID:aA31Kggc
             > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丶
            >           \
           <    /\_ _/ヘ  l
            >   /    レ|     l l  う~ん、わかった。今季は相変わらずカツカツでね、暫くはそれで我慢して欲しい。
            \  l<⌒ヽ  /⌒>j |  部材は研究室内に転がっているものを利用してもらって構わないよ。
             \_」 {`ij¨   ¨ij´ } |_」
              {ヘ| { ー    ー } |ヘ}
               〉、!     {|      |ノ
                \´ー‐__‐一`/
               /l\___/l\
            _//  \    / ヽ\_
           /|  /  __ \/ __ ヽ   \
          /  |/ |  ` ´  | \|      \
         | /     |       |  \    |
        │    \/|       | \/       |

          ____      
        /      \   
       / ─    ─ \  ありがとうございますお
     /  ( ●)  (●)  \  
     |      (__人__)     | 
     \     ` ⌒´    /



    627 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:18:12 ID:aA31Kggc
    <15時30分 理化学研究所2号館食堂>

         ./ ̄ ̄\  節約節約・・・と
       ./      \
       |    ー   ーi      ___
       |   (● ) (●)  ./     \
       |     (__人__)   /-  ー    ヽ
       |      i} 。,.i´i  ( ●) ( ●)   i ズルズル
       ヽ.     .|||iノ   (__人__)      .|  ウマウマ
        ヽ     |||i     `i , ,i{。     .ノ
       / r⌒)==i|||,  r⌒)=|i||゚^     ̄ヽ
      ./ / / ._|i||__ヽ_ヽ,|i||,__   .i   }
      ヽ、__,/. .{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::}   |  /
         i  .ヽ  u    ::::::::::ノ   } /
    ‐―‐―┴―‐ ヽ、,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;/ ――ゝ 〉――――



    628 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:18:31 ID:aA31Kggc
           ____
        /      \  プハーッ
       /  ─    ─\  
     /    ,(●) (●)、\  やらない夫はどんな感じだお?昨日なんかアイディアがありそうな話してたお。
     |       (__人__)   |   
     \     ` ⌒´   /    
    ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      
        |  \/゙(__)\,|  i |     
        >   ヽ. ハ  |   ||



    629 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:18:46 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   \  \  ああ、バネが破断しにくいように鍛える方法を伝えたよ。そしたらまずその機械を
          (●) (● )   | 作らなきゃいけないって話になって今はそいつを設計してる。
           (__人__)      |  まぁそんな複雑な装置じゃないから1ヶ月もあればプロトタイプはできるだろう。
            { ⌒´     |  やる夫の方はどうなんだ?
          . {         |
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    630 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:20:42 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \       
          / ─    ─ \    昨日本多さんが早速東北大に帰って実験したいって言うから、出来るだけ
        /   (●)  (●)  \   話が終わったあともレクチャーしてたお。
        |      (__人__)     |     でもやっぱり答えは解ってても半導体を作り上げるには半年は必要そうだお。
         \    ` ⌒´    ,/      だからその間鯨井研でリレーを使って基本的なで4ビットの加算回路を作ることにしたお。
         /⌒ヽー    一ィヽ        初期のコンピュータには真空管だけじゃなく、リレー式のもあったから
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |        この程度なら比較的安く作れそうだお。動作も安定してるし。
       /    / r─--⊃、  |  ※真空管3本で300円もします。価値を考慮すると今で言うCorei7の10万クラスのCPUを買うようなものです。
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



    631 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:21:05 ID:aA31Kggc
                     __
                    /   \
                  /ノ   ヽ_\  
                 | (●) (●)|   / 
                  |  (__人__)  .|  <   すごいじゃないか、らしくなってきた。 
                  l  ` ⌒´  |   \  
                  {         |       
                   {       /          
              ,-、   ヽ     ノ、   
             / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
            /  L_         _( { r-、 ヽ
               _,,二)     〔― ‐}     |
               >?_,フ      }二 コ\   Li



    632 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:21:32 ID:aA31Kggc
         ____
       /(ー) (ー)
      /   (__人__)\ けど実際は何と言うか・・・四則演算全て再現するにはお金と資材がないし、
    /.     ` ⌒´  \ 一人でやる分結構堪えるお。ブール代数とかのレクチャーは少しずつ
    |             | 鯨井研の皆にしてるお。あれがないとデジタルも糞もないお。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /



    633 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:21:46 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   \  \   
          (●) (● )   |  
           (__人__)      |   鈴木研はどうなんだ?籍はおいてあるんだろ?
            { ⌒´     |   
          . {         |
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



    634 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:22:02 ID:aA31Kggc
          ____      
        /      \   
       / ─    ─ \  ああ、この後行く予定だお。
     /  ( ●)  (●)  \  説明では食品系も扱ってるらしいから幾つかおみやげも持参してるお。
     |      (__人__)     | 
     \     ` ⌒´    /



    635 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:22:17 ID:aA31Kggc
             / ̄ ̄\ 
           /   \  \   
          (●) (● )   |  
           (__人__)      |   お、じゃあ頑張ってな。
            { ⌒´     |   
          . {         |
            {       /  
            ヽ___ ノ、
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


          ____      
        /      \   
       / ─    ─ \  やる夫も頑張るお。
     /  ( ●)  (●)  \  
     |      (__人__)     | 
     \     ` ⌒´    /



    636 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:22:38 ID:aA31Kggc
    <16時30分 理化学研究所1号館鈴木(梅)研究室>


       |------------------------:|
       |------------------------:|
    .    | !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!|
        |      /~O 7 .TT ̄)      |
        |     (   |   ||O~     .|
    .    |     ヽ-'丶-' |       :|
         |   T T O丶OTヽT T~丶  :|
        |   |\(  (  |  | |┤   :|
        |  ┴ ヽ-' ヽ┴'┴┴-'   ::|   という事で鈴木博士にお土産だお。
    .     |   (カップヌードル)  ..:::|   チキンラーメンとシーフードカップヌードルだお。
         |!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!|
         lニニニニニニニニニニニl

          ィ ´ ̄`丶、
        r ´      `⌒ヽ、
       ( すぐおいしい、  ヘ   _`ヽ、__,,,....,,_
       ヽ すごくおいしい。 ノ     `ァ'´      `ヽ
         ゝ、         __ノ      /           ゙i
           `ー-─へ\     {            }
                  `ヾ、     l.    0 0    ヽ
                       ヽ   ゙i   ∠二ヽ  ,ノ
                       ゝ、_,,..、-‐<_,,,ィ
                            /     ヾ_,、, リ
                            ゝ、     _,,ノ
                              _丁゙゙゙匸



    637 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:22:53 ID:aA31Kggc
      __,ノ          ヽ  、       、    /
         _;.-‐- ._ :.:....  ヽ  〉     ヽ  ` ̄ {
    .....:.:.___;.r‐:.:./,´こヽ:ー-:.r''´ ′_       ヽ r' ヽ   
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{ r‐ヘ. ',:.:ヲ     `ヽヽ、    { ′.ノ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ぃ.{ 〈 ヽ'    -_ <´こハ`モ.ノ ,tテ'′   
    `ーヽ:.:.:.:.:.、__:ヽ `ー'         ´  ̄/ ′ Yヽ     ふむ、未来の食品か。なかなか面白いそうだ。
       `ヽ._:.:.:.: ̄,へ   ヽ            ,r   V       どれどれ・・・なるほど油で揚げて乾燥させているわけだな。
         ,r冫rヾ /    ヽ        ヽ-、  }        やり方は・・・両者ともに湯をいれて3分待つのか。
    __, -‐/r ヽ   l〈     l     /     `「
    ::::::/:::::ヽ ヽ l ヽ     l   /     ___/
    ::::〈:::::::::::::ヽ ヽ l  ヽ    l {  '´ ̄___,,.ノ           
    :::::::ヽ::::::::::::ヽ  \  `丶 .  `  '´ ̄__Y
    ´ ̄::ヽ::::::::::::丶  \ ヽ  \_,.-'´ ̄   ト、
    :::::::::::::ヽ::::::::::::::\   \ 、  rヘ:.:..:. . .:,ノヽ:\
    :::::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::\   \  } l´^'ヘ'´:::::::::::|:::ヽ



    638 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:23:07 ID:aA31Kggc

    プンプン
           (⌒)
      r=====ュ  ( _)
     {|   |} |/ プシュー
     ヾ__o__〃 _
      /~~~~~ヽ //
     /:(#゚Д゚):/  
    (::ひ::∪:ノ
     ヽ、__ノ
      ∪ ∪
    そして3分後・・・



    639 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:23:23 ID:aA31Kggc
          ゙、: . : . : . : . : . : . : .,;': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ';, : . : . : . : . : . : . : . : . : . :,'
         , ,ゝ : . : . : .     ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: . : . : . : . : . : . : . : . : . i
        ',: . :          i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i            . : /
        i: .            i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i            .:ノ
          i           _ , i : : : : : : : : : 、____, : : : : : : : : : ノ       _,,.;; _,,;::: 〉
         ゝ- ,,,,,,_        ミ : : : :-- 、ミミー----‐彡 ,--: : : : ゞ     ,,,;:: ", ;'"  ノ
          ゞ;;ー         f : : : : : : : : : :` ; : : :; ´ : : : : : : : : :i       '  ...:r'"
          ` 、:.     ......,,,,, i : :ー: ;、,_    イ  ト  _,,; -:'ー : : :i' ~ ;   ,,,,,,;'........::ノ::〉
            ` ー 、;;: : : i:',:!! i: : . . rーf;;;トミ、〈   〉,;r''f;::;}`>:ヘ: :i!: : :i : : : : : : : : : :ノ     うーん、美味い!
                !: : : { : : ! !: 彡: ` --‐" ,: : : : i : . `ー‐". : ミ: i! : : i : : : : : : : ; r '       保存食にしては相当な味だな。
                ゝ: : i : {:i!:        ; : : :i:.       .:i:,;'/ : : : : : : , '
                r ' : : :ヽ ヽ      ,...: : : : :; :..      ,' i`゙ : : ヽ'"´           おーい、皆も食べてみるといい。
                ! : : : : : {、_,、     ,.:'〈 ,.、   ,,_ 〉、    ;!r-' : : :, '
                 ` ー -; ::!i   ,.::' : : : : :` ´ : : : : ヽ  ,':i : rー"
                     ヽ;:!i:、  ', : : : : : :   : : : : : : } : : i´、
                       i! : : : :_ '''''ー―-―''''''' : :ノ : :/!::::::ヽ__
                   ,; '" ~i!、Y"`゙ヽ、.:r: : : : : :ャ_ ;,: :ェr ー‐ 、:::::}:.:i:.:`:.ヽ、
                 , ,.;::;':.:.:.:.:.:.i. :.ヽ,': : :ノ : : : :,.;.''"   、..    i:::i. : .i.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
             , r ''"´.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:i. : .f : : : :ヽ, ;r'". : :    ゙' ":、::i::i. : . :i. : . : .:.:.:.:.:.:.`.:.:、
          , r '". : . : . :.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:i. : i: : : :'"´: . : :    . . . 、  `゙ ;. : . : i. : . : . : . : . : . :.:.:`:.:.、



    640 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:23:41 ID:aA31Kggc
         Λ_Λ
    フーフー (´∀` ) <美味しいですね。
     __川 ̄○ヽ
     \  /     ) 美味しい。>
     ̄.└┘ ̄ ̄
    ガヤガヤ



    641 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:23:55 ID:aA31Kggc
      __,ノ          ヽ  、       、    /
         _;.-‐- ._ :.:....  ヽ  〉     ヽ  ` ̄ {
    .....:.:.___;.r‐:.:./,´こヽ:ー-:.r''´ ′_       ヽ r' ヽ   
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{ r‐ヘ. ',:.:ヲ     `ヽヽ、    { ′.ノ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ぃ.{ 〈 ヽ'    -_ <´こハ`モ.ノ ,tテ'′   
    `ーヽ:.:.:.:.:.、__:ヽ `ー'         ´  ̄/ ′ Yヽ     しかし食品も見事だが、この包装に使われている樹脂製の袋と筒も
       `ヽ._:.:.:.: ̄,へ   ヽ            ,r   V       大したものだ。軽いしかさばらない。
         ,r冫rヾ /    ヽ        ヽ-、  }        
    __, -‐/r ヽ   l〈     l     /     `「        たいていの保存食は瓶や缶詰が現状だから新鮮にうつるものだ。
    ::::::/:::::ヽ ヽ l ヽ     l   /     ___/
    ::::〈:::::::::::::ヽ ヽ l  ヽ    l {  '´ ̄___,,.ノ           
    :::::::ヽ::::::::::::ヽ  \  `丶 .  `  '´ ̄__Y
    ´ ̄::ヽ::::::::::::丶  \ ヽ  \_,.-'´ ̄   ト、
    :::::::::::::ヽ::::::::::::::\   \ 、  rヘ:.:..:. . .:,ノヽ:\
    :::::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::\   \  } l´^'ヘ'´:::::::::::|:::ヽ



    642 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:24:10 ID:aA31Kggc
          ____      
        /      \    ”やる夫のいた所”ではごく一般的な食べ物として認識されていて、時間がないときに
       / ─    ─ \   手っ取り早く食事をしたい時に特に食べるお。売るならこの時d・・・ゲフンゲフフン
     /  ( ●)  (●)  \  
     |      (__人__)     | 忙しい官公庁とかに売れそうだお。非常食としても人気だから大震災を経験した今
     \     ` ⌒´    / 売れるかもしれないお。



    643 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:24:24 ID:aA31Kggc
      __,ノ          ヽ  、       、    /
         _;.-‐- ._ :.:....  ヽ  〉     ヽ  ` ̄ {
    .....:.:.___;.r‐:.:./,´こヽ:ー-:.r''´ ′_       ヽ r' ヽ   
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{ r‐ヘ. ',:.:ヲ     `ヽヽ、    { ′.ノ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ぃ.{ 〈 ヽ'    -_ <´こハ`モ.ノ ,tテ'′   
    `ーヽ:.:.:.:.:.、__:ヽ `ー'         ´  ̄/ ′ Yヽ     ところでこのヌードルとかいう食べ物には具が入っているが、
       `ヽ._:.:.:.: ̄,へ   ヽ            ,r   V       見たところ干物でもなく油で乾燥させた気配がなかった。
         ,r冫rヾ /    ヽ        ヽ-、  }        
    __, -‐/r ヽ   l〈     l     /     `「        どのような手法で乾燥させたのかわからないが
    ::::::/:::::ヽ ヽ l ヽ     l   /     ___/        やる夫君はわかるかい?
    ::::〈:::::::::::::ヽ ヽ l  ヽ    l {  '´ ̄___,,.ノ           
    :::::::ヽ::::::::::::ヽ  \  `丶 .  `  '´ ̄__Y          日干しにできそうにない物も入っているんだが・・・。
    ´ ̄::ヽ::::::::::::丶  \ ヽ  \_,.-'´ ̄   ト、
    :::::::::::::ヽ::::::::::::::\   \ 、  rヘ:.:..:. . .:,ノヽ:\
    :::::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::\   \  } l´^'ヘ'´:::::::::::|:::ヽ



    645 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:24:46 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \       
          / ─    ─ \   わかるお、フリーズドライ(凍結乾燥)だお。
        /   (●)  (●)  \   やる夫のいた所でこの製品を開発した際の回顧録を読んでるからわかるお。
        |      (__人__)     |       
         \    ` ⌒´    ,/     原理はいたって簡単、真空装置を作って具材を入れて水分を蒸発させるんだお。
         /⌒ヽー    一ィヽ       やる夫のところでは医薬品の開発にも利用されてるらしいから実績はあるお。
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |         
       /    / r─--⊃、  |    
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



    646 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:25:27 ID:aA31Kggc
      __,ノ          ヽ  、       、    /
         _;.-‐- ._ :.:....  ヽ  〉     ヽ  ` ̄ {
    .....:.:.___;.r‐:.:./,´こヽ:ー-:.r''´ ′_       ヽ r' ヽ   
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{ r‐ヘ. ',:.:ヲ     `ヽヽ、    { ′.ノ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ぃ.{ 〈 ヽ'    -_ <´こハ`モ.ノ ,tテ'′   
    `ーヽ:.:.:.:.:.、__:ヽ `ー'         ´  ̄/ ′ Yヽ    ふーむ、なるほど。大河内研に依頼して機材を作ってもらうことにしよう。
       `ヽ._:.:.:.: ̄,へ   ヽ            ,r   V      
         ,r冫rヾ /    ヽ        ヽ-、  }        
    __, -‐/r ヽ   l〈     l     /     `「        今後は世界的に人口が増加する時代になる、そうなったとき
    ::::::/:::::ヽ ヽ l ヽ     l   /     ___/         食糧問題は深刻化するはずだ。それを解決するには効率的な作物の
    ::::〈:::::::::::::ヽ ヽ l  ヽ    l {  '´ ̄___,,.ノ          栽培や、今のような食品技術が必ず必要になってくる。
    :::::::ヽ::::::::::::ヽ  \  `丶 .  `  '´ ̄__Y          
    ´ ̄::ヽ::::::::::::丶  \ ヽ  \_,.-'´ ̄   ト、         自信をもって是非これからも是非研究室に赴いて欲しい。
    :::::::::::::ヽ::::::::::::::\   \ 、  rヘ:.:..:. . .:,ノヽ:\       席は確保しておくから安心するように。
    :::::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::\   \  } l´^'ヘ'´:::::::::::|:::ヽ

    \ありがとうございました/



    647 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:25:49 ID:aA31Kggc
    <1924年 1月13日 13時00分 やる夫の部屋>

             ____        
           /      \      
          /  ―  ― \   やらない夫、ちょっとてみるお。
        /    (●)  (●) \  
        .|    ::: (__人__)  ::: |   __
         \         / ̄ ̄⌒/⌒  /
        (⌒\     / 東京 /    /
        i\  \  ,(つ朝日 /   ⊂)
        .|  \   y(つ    /,__⊆)



    648 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:26:13 ID:aA31Kggc
       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     
     |    ( ●)(●)   どうした?
    . |     (__人__)     
      |     ` ⌒´ノ   
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    688 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:48:14 ID:aA31Kggc


             ____        
           /      \      
          /  ―  ― \   今気づいたんだけど、この時代って薬の広告が多いお。
        /    (●)  (●) \  
        .|    ::: (__人__)  ::: |   __
         \         / ̄ ̄⌒/⌒  /
        (⌒\     / 京東 /    /
        i\  \  ,(つ日朝 /   ⊂)
        .|  \   y(つ    /,__⊆)



    649 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:26:26 ID:aA31Kggc
       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     
     |    ( ●)(●)   おーどのページにも書いてあるな。
    . |     (__人__)     でも今も昔も考えることは皆同じなんだな、
      |     ` ⌒´ノ    健康を追い求めるって事は。
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    650 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:26:43 ID:aA31Kggc
              __ 、    
           /      \    そうだお。  
          / ─    ─ \   確か森先生は医療分野の促進をしたいといっていたお。
        /   (●)  (●)  \   死ぬはずの人間が生きれば歴史は級数的に変化するお。
        |      (__人__)     |     何かいいアイディアはないかお?
         \    ` ⌒´    ,/      
         /⌒ヽー    一ィヽ        
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |         
       /    / r─--⊃、  |    
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



    651 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:26:59 ID:aA31Kggc

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     
     |    ( ●)(●)   うーん、そうだな・・・・・・どうだろう、あまり気は進まないが
    . |     (__人__)     翠星石の部屋に入ってみるのは。
      |     ` ⌒´ノ    
    .  |         }     医学系の教科書なら普通に転がってそうだしな。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    652 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:27:13 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\         翠星石の部屋かお?
    /    (●)  (●) \      
    |  U    (__人__)    |      だめだお、もし未来に戻れた時部屋が荒らされてたら翠星石ぶち切れるお。 
    /     ∩ノ ⊃  /        
    (  \ / _ノ |  |        
    .\ “  /__|  |



    653 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:27:31 ID:aA31Kggc
                     __
                    /   \
                  /ノ   ヽ_\  
                 | (●) (●)|   /そーゆーのは帰ったときに考えればいいだろjk。
                  |  (__人__)  .|  <   未来に戻る手法として未来を書き換えてるわけなんだぞ。
                  l  ` ⌒´  |   \  い ち お う は。
                  {         |       
                   {       /         
              ,-、   ヽ     ノ、   
             / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
            /  L_         _( { r-、 ヽ
               _,,二)     〔― ‐}     |
               >?_,フ      }二 コ\   Li



    654 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:27:54 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \ ( ;;;;(
      /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
    /    (─)  (─ /;;/   ・・・わかったお。その作戦でいくことにするお。
    |       (__人__) l;;,´|    どうせならでってうたちの部屋にも入るお。
    /      ∩ ノ)━・'/   
    (  \ / _ノ´.|  |
    .\  "  /__|  |
      \ /___ /



    655 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:28:07 ID:aA31Kggc
    <13時20分 翠星石の部屋>

       _____________
       |                   /| ガチャ
       |  /⌒i             / |
       |-/`-イ────────-イ  |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       _____________
       |__/⌒i__________/|
       | '`-イ   ./⌒ 三⌒\       |  
       | ヽ ノ  /( ●)三(●)\    |
       |  ,| /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  +   +   ☆ガチャ
                                      __ /
      _____________        ((  i´| |`i  ))   +
      |_____________/|        /⌒i|__|i⌒i、。
      |           /       |  |        |  く  ン 冫      +開いたお
      |.           |    \    \ .| ____/    ̄ /)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     ̄        |      )/)γヽ  +
                     \            |____  )/ ̄__ノ



    656 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:28:20 ID:aA31Kggc

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     
     |    ( ○)(○)   おま・・・ピッキング以前の問題か・・・
    . |     (__人__)     
      |     ` ⌒´ノ    
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    657 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:28:36 ID:aA31Kggc
        /||ミ
       / ::::||
     /:::::::::::||____
     |:::::::::::::::||      || ガチャ
     |:::::::::::::::||      || 
     |:::::::::::::::||      || 
     |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||   失礼するお!
     |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
     |:::::::::::::::||●) (●) \  
     |:::::::::::::::|| (_人_)    |  
     |:::::::::::::::||___   /
     |::::::::::::::(_____ノ´||  
     |::::::::::::::(_ノ / . . . ||  
     |:::::::::::::::||/    ||       
     |:::::::::::::::||      ||
     \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
       \ ::::||
        \||



    658 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:29:02 ID:aA31Kggc
                |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
                 | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
                 |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
         ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
       . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
     / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
     | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,|______||    |    |
     |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
     |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
     |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
     |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
     |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
    /            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
                 | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
                 |_|            |_|                            |  |
           ____     
     γ  /ノ   ヽ、_\  
       /( ○)}liil{(○)\    ο  ξ  ん、なんだこの匂い・・・冷蔵庫からかお?
      /    (__人__)   \          うわあああ
      |   ヽ |!!il|!|!l| /   | ξ  ι
      \    |ェェェェ|     /  モアモア



    659 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:29:27 ID:aA31Kggc

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     
     |    ( ●)(●)   そりゃ夏の間電気来て無いわけだし中の物は腐るわな。
    . | U   (__人__)     
      |     ` ⌒´ノ    
    .  |         }     とりあえず食えそうな保存食品を除いて捨てるしか無いな。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    660 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:29:44 ID:aA31Kggc
           ____       
         /⌒三 ⌒\     くう・・・これはきついお。
       /( ○)三(○)\   今まで良く部屋の外に匂いが漏れてこなかったお。
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  流石にゲル化した牛乳はみたくなかったお・・・
      |     |r┬-|     |  
      \      `ー'´   /



    661 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:30:00 ID:aA31Kggc
    ~2時間後~
          ____      
        /      \   
       / ─    ─ \  ふー、一仕事した感じだお。匂いも換気したらなんとかなったお。
     /  ( ●)  (●)  \ 
     |      (__人__)     | ・・・!?・・・・・・
     \     ` ⌒´    /



    662 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:30:17 ID:aA31Kggc
               .   / ̄ ̄\
                 .  /  \,_.  \
                ./⌒(●)(● )   |
            /.こ,,(__人__)    |   ざっと見た感じだと家電は無事だし、TV・パソコンも1台あった。
            /_/ . ` ⌒´     }    最悪俺達の機器が壊れてもこいつをデッドストックしとけば大丈夫だな。
          .(  .人  |         }    あとHDDの内容を一応バックアップしておいてやらないとな・・・・・・!?
          \  .\ .ヽ        }



    663 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:30:33 ID:aA31Kggc
                  __ 
                 イ´   `ヽ 
               / /  ̄ ̄ ̄ \
              /_/     ∞    \_
             [__________] はぁはぁ・・・
             |     (__人__)   |
             \_    ` ⌒´ _/
             /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
             {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
            {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
       _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
       || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
       || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
       || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄



    664 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:30:46 ID:aA31Kggc

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \         ━━┓┃┃
     |    ( ○)(○)               ┃   ━━━━━━━━
    . |     (__人__)            ┃               ┃┃┃
      |   ゝ'゚    ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    .  |  。≧      三 ==-
    .  ヽ  -ァ,        ≧=- 。
       ヽイレ,、



    665 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:31:04 ID:aA31Kggc
          / ̄ ̄\   
        /ノ( _ノ  \
        | ⌒(( ●)(●)     おま、人が真剣に次やるべき事を考えてるってのに・・・
        .|     (__人__) /⌒l
         |     ` ⌒´ノ |`'''|
        / ⌒ヽ     }  |  |              
       /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
     / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
    ( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
           |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
           .|                  ______ ノ    (  グエッ
           ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
             \       , '´        し/..    | J
              \     (           /      |
                \    \         し-  '^`-J





    667 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:31:18 ID:aA31Kggc
            /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
         /: : : :             \
       /: : : : : :               \
      / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \
      l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l ・・・ウッウッ・・・翠星石・・・もう会えないのかお・・・
      |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |
      l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l
      \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/
       \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /
       /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\ ポロポロ
       : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \
       : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \



    668 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:31:47 ID:aA31Kggc
            / ̄ ̄\ 
          /       \   やる夫・・・お前・・・
          |::::::        |     
         . |:::::::::::     |  ・・・大丈夫、俺達は帰れるさ未来を変え続ける意志がある限り・・・。   
           |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
         .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
         .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ . ヒックヒック・・・>
            ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
            /:::::::::::: く         ,ふ´..
    -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
             |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



    669 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:32:23 ID:aA31Kggc
       / ̄ ̄\
     / ノ  \ \
     |  (●)(●) |
    . |  (__人__)  |  ・・・!?やる夫見てみろよ。
      |   ` ⌒´  ノ
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        \
       /    く  \        \
       |     \   \         \
        |    |ヽ、二⌒)、          \



    670 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:32:36 ID:aA31Kggc
           ____
         /      \   ヒック ヒック
       /  _ノ  ヽ、_  \
      / o゚((●)) ((●))゚o \  ・・・なんだお?棚にコミックが大量にあるぐらいしか見えないお。
      |     (__人__)    |
      \     ` ⌒´     /



    671 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:32:58 ID:aA31Kggc
                 / ̄ ̄\
                 /  ヽ_  .\  どうやら当たりを引いたみたいだな。。
                ( >)( ●)  |   
               (__人__)      |
                l` ⌒´    |   他にも医学関係の専門書があるが分野が違いすぎてよく俺にもわからん。
               {         |    だがコミックなら理解しやすいし、・・・眉唾物もあるが実際に試してみたくないか?
               {       /     
           _. -: ´Λ     _.へ` 、   ブラックジャック、ブラックジャックによろしく、ドクターK、K2、医龍
          r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_ ゴッドハンド輝、JIN、etc・・・
        /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ 何でもござれだ。
        |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |  
        〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
        /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



    672 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:33:13 ID:aA31Kggc
            |
        \  __  /
        _ (m) _
           |ミ|
         /  `´  \
         ____
       /⌒  ⌒\     JIN・・・!?あ、ペニシリンかお!?
      /( ●)  (●)\   
    /::::::⌒(__人__)⌒:::\  そうだなんでもっと早く気がつかなかったお。
    |     |r┬-|     |   
    /     `ー'´      ∩ノ ⊃
    ( \             /_ノ
    .\ “  ____ノ  /
      \_ ____  /



    673 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:33:28 ID:aA31Kggc
                     __
                    /   \
                  /ノ   ヽ_\  
                 | (●) (●)|   /ペニシリンの発明は確か第二次大戦前後にイギリスかどっかの学者が
                  |  (__人__)  .|  <   したはずだ。もしこいつを世界に先駆けて開発できれば
                  l  ` ⌒´  |   \  死ぬはずの人間が生き続け歴史に衝撃を与えるだろう。
                  {         |       それに倫理的にも海外に輸出しても大丈夫な範疇に入る。
                   {       /         海外からの日本に対する見方も少しは変わるはずだ。
              ,-、   ヽ     ノ、   
             / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,    ※やらない夫の記憶違いで実際は1928(29)年にフレミングが
            /  L_         _( { r-、 ヽ     偶然発見しています。
               _,,二)     〔― ‐}     |
               >?_,フ      }二 コ\   Li



    674 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:33:42 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\     でもどうするお?今の理研には医者はいないし、細菌の知識がある人はまれだお。
    /    (●)  (●) \    鈴木研も毎年恒例の予算超過になりそうで、あまり大規模な開発には直ぐにはできないお。  
    |  U    (__人__)    |      
    /     ∩ノ ⊃  /        
    (  \ / _ノ |  |        
    .\ “  /__|  |



    675 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:33:56 ID:aA31Kggc
               .   / ̄ ̄\
                 .  /  \,_.  \
                ./⌒(●)(● )   |
            /.こ,,(__人__)    |  う~ん、ここは1つ森先生に相談してみるか。毎度毎度頼っちゃって申し訳ないな。
            /_/ . ` ⌒´     }  
          .(  .人  |         }   
          \  .\ .ヽ        }



    676 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:34:10 ID:aA31Kggc
    <同日 16時30分 森邸>

            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     
    .     l              /: : ',    
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l     なるほど、抗生物質ですか。
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l     それでそのペニシリンを作る手順と規模を考えると今の理研では 
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/     直ぐには無理そうだと。 
          ∨  ヽ       / 、_ィ′        
    .        ∨  ____   / ./ .レ′        
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_



    677 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:34:24 ID:aA31Kggc
          ____      
        /      \   
       / ─    ─ \  そうなんですお、なにか良い考えはないですかお?
     /  ( ●)  (●)  \ 
     |      (__人__)     |  
     \     ` ⌒´    /



    678 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:34:38 ID:aA31Kggc
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     
    .     l              /: : ',    
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l     う~ん、一人心当たりがあるな。
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/     だが・・・うーん、わかったそうしよう。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′        
    .        ∨  ____   / ./ .レ′        
           ',  `ー--―′  /  l         
    .        ',  `¨     //. L_         
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_



    679 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:34:53 ID:aA31Kggc

       / ̄ ̄\
     /   _/  \     
     |    ( ●)(●)   どうかしたんですか?
    . | U   (__人__)     
      |     ` ⌒´ノ    
    .  |         }      
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        
       /    く  \       
       |     \   \        
        |    |ヽ、二⌒)、



    680 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:35:07 ID:aA31Kggc
            ,. '       ` '  、
          /                \
           /                  厶     
    .     l              /: : ',    
    .      /          __,.       /:::::::::l   
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!    
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/     
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l     いや、古い話で申し訳ないが、昔彼にきつくあたってしまってね、
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l      もちろん結果は彼の方が正しかったんだが、
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/       つまりは私の古傷、脚気の話しさ。
          ∨  ヽ       / 、_ィ′        
    .        ∨  ____   / ./ .レ′        
           ',  `ー--―′  /  l         昔の私だったら多分謝れなかっただろう。
    .        ',  `¨     //. L_         これはいい機会なのかもしれないな。
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、     
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./      
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_



    681 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:35:25 ID:aA31Kggc
         ____
       /      \
      /  \    ─\     ・・・誰なんだお?
    /    (●)  (●) \    
    |  U    (__人__)    |      
    /     ∩ノ ⊃  /        
    (  \ / _ノ |  |        
    .\ “  /__|  |



    682 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:36:04 ID:aA31Kggc
                    _____
             ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
         /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
        //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
        /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
       'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{ 
       {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
       ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{
    .    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|! 
      ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
    イ´::ノ|::::l \         "'   :::/  
    ::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
    :::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
    ::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
    :::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
    :::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

    北里、北里柴三郎さんです。

    第7話「改変の先にあるもの」終
    次回:第8話「胎動」

            iイ彡 _=三三三f           ヽ
            !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
           fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ      
           f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ      
           f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ     とにかく
           イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ      このままでは研究はおじゃんになるぞ!!
           fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .   来週中には必ず来るように!!(怒)
           トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !          
           |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /        
           r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /         
          / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /         ガチャンッ
          ./    \    \   ヽ          /
       /〈     \                 ノ
    -‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人




    685 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 12:37:50 ID:aA31Kggc
    以上第7話でした。お疲れ様でした。



    692 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 13:07:02 ID:aA31Kggc
    >>686
    686 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 12:39:00 ID:XajOoOcA
    乙!
    今回は、本当にワクワクする話だった…学ぶ系としてもおもしぇな、このスレ
    しかし、やる夫のパンツのシーン、てっきりギャグかと思っていたら…
    翆の部屋に入りたがらなかったのは、泣きそうになるっていうのが分かってたからかも知れないなぁ…

    翠星石がいない現実に直面するのが怖かったのかもしれませんね・・・
    AAでごちゃごちゃした図を見て理解できるかどうか非常になやんだ所ですが
    ちょっと杞憂だったようで安心しました。
    >>687+689
    687 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 12:41:56 ID:IcKBUUMA

    確かペニシリンは精製するために10年くらい掛かってるんだっけ
    で、実用化が第二次世界大戦前後で、アメリカは傷病者に使用して助けられたのに対して
    日本は実験室レベルで量が確保できずに死亡することが多かったとか
    抗生物質は万単位の人命に関わりそうだから、その影響力は巨大だろうな
    689 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 12:50:00 ID:4fkv3gWE
    乙です
    薬は世界中で売れるから、他の発明品とは違って世界中で特許をとって回るらしい。
    戦時態勢になるとまた違うんだろうけど……

    最初にフレミングが発見した際には医薬品というより実験器具が汚染されない
    ようにする試薬扱いだったようで、そこから10年程度1939年頃まで
    特にペニシリンに対する世界の動きはなかったようです。
    仰るように第二次大戦中に戦略物資としてのペニシリンが重要視され
    アメリカの大量生産がはじまります。
    >>690
    690 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 12:52:25 ID:CqM2Sb5E
    乙ですー

    医療関係までレベルアップか、もうこれから先どんな改変になってもおかしくないな
    しかし障害も無くトントン拍子に進んでると何か不安を感じるぜ

    ギクリw
    >>691
    691 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 12:53:08 ID:IcKBUUMA
    そういや、日本で発明された薬といえばヒロポンがあるなw
    戦後しばらくは流通してたみたいだけど、やるやら的にはどうなんだろう

    やるやら的にはうつが超絶悪化でもしないかぎり手を出すことはないでしょう。
    ちなみに最初の方に書いたやる夫が服用している”ベタナミン”も
    医師が現代でも処方できる合法的な覚せい剤だったりします。



    696 : ◆HU7XfvOYA2:2010/09/11(土) 13:47:30 ID:aA31Kggc
    >>693
    693 :名無しのやる夫だお:2010/09/11(土) 13:20:51 ID:srpwqJSw

    政治家にツテがあれば基礎技術の大事さを今のうちにしっかり言っとけば
    事業仕分けとかで科学技術の予算削られないように・・・

    理系な政治家なんてそうそういないから無理だなw

    実は大河内さんは貴族院議員で政治家かつ
    海軍にも通じている方なんです。
    ネタバレとかそんな話ではなく、はい。




    次→やる夫は迷い込んだようです 第8話

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ


    JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)
    村上 もとか

    JIN―仁― 2 (ジャンプ・コミックスデラックス) JIN―仁― 3 (ジャンプ・コミックスデラックス) JIN―仁― 4 (ジャンプ・コミックスデラックス) JIN―仁― 5 (ジャンプ・コミックスデラックス) JIN―仁― 6 (ジャンプ・コミックスデラックス)

    by G-Tools
    スポンサーサイト



    コメント

    ペニシリンっつったら、発見者はノーベル賞取ってるなあ。
    DNAが遺伝物質であることの実験や、DNAが二重らせん構造をしていることを提唱するだけでざくざくノーベル賞取れる時代かあ。

    逆に言えば、後に一般常識となるほどの重大な発見だったわけだからな

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/322-780ea3c9

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。