最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やる夫は物語にのめり込むようです 第一章 第十話 

    記事一覧は→やる夫は物語にのめり込むようです まとめ

    51 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:04:36 ID:dQ4rcDEF

    ,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /  ,:'/,: ' / ' 
     :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: ' /    '  / 
    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' /  /   ,:'
    /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / /  ,:'/,: ' / 
     :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' /     / ,
    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' リーン ゴーン…/ / ,:'/,: ' /
     / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ /リーン ゴーン… / ,:'
    /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /     / ,:'/,:     ' / ' / /    ,:'/,
     :'/  /' / / ,:'/  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /    / ,:' _____ ' / ' /   
    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/|    |'   / / ,:'
    ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / lTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT|    |TTTTTTTTl
    /' / / ,:'/,: ' / ' / /     ,:'/, .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. 日日.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     :'/  /' / / ,:'/    /,: ' / ' /.| 田田 田田 田田 田田 田田.     .田田 田田 |
    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'' / '  |                     日日         |
    ,:'/,  :'/  /' / ___     / / .| 田田 田田 田田 田田 田田.     .田田 田田 |
    /' / / ,:'/,: ' /____γ'⌒`ヽ, / ' / ..|          ========== 日日         |
     :'/  /' / / ,:':田:| . i─i . ' / ' / | 田田 田田 田田 ||| □|□ |||      田田 田田 |
    /,: ' / ' / / ,::田:| |::::::| | ,:'/,: ' .|..          |||:::::::|:::::::|||                |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




    52 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:07:20 ID:dQ4rcDEF

                    /  ̄ ̄ \
                   /ノ  ヽ__   \
                 /(―)  (― )   \      ふぅ……もう4時かお…。
                 |.  (_人_)   u |      時間が過ぎるのが妙に早い気がするお。
                      \   `⌒ ´     ,/
                  /         ヽ       .それにしても……。
                 ./ l   ,/  /   i
                 (_)   (__ ノ     l
                 /  /   ___ ,ノ
                 !、___!、_____つ




               _-─―─- 、._
             ,-"´          \
            /              ヽ     雨が降ってるからか、
             /       _/::::::\_ヽ    暗くて文字が読めないお……。
           |         ::::::::::::::  ヽ    電気のスイッチは探したけど見つからないし…。
            l  u    ( ●)::::::::::( ●)
           ` 、        (__人_)  /    やっぱりもう帰った方が――
             `ー,、_         /
             /  `''ー─‐─''"´\





    53 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:09:59 ID:dQ4rcDEF

             |
         \  __  /
         _ (m) _
            |ミ|
          /  `´  \
           ____         いや、まだ早いお!
         /⌒  ⌒\        これだけ古い学校の倉庫ならきっと
       /( ●)  (●)\      何か明かりに使えるモノがあるはずだお!
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |     |r┬-|     |    せめてそれを探してからでも遅くはないはずだお!
      \      `ー'´     /




                ____   _____
               /      \/        \       ‐-、
         、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、   えーっと…
       、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ   どこかに何か明かりに
       !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |          なりそうな物は……。
            \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
             /                       ヽ



    (※ 言い忘れたけど今回手抜き臭いコマが非常に多いです。
           このシーンAA化とか絶対無理だろ……どうかご容赦ください。 ※)



    54 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:13:08 ID:dQ4rcDEF

                   ∩_
                  〈〈〈 ヽ
          ____   〈⊃  }
         /⌒  ⌒\   |   |
       /( ●)  (●)\  !   !   いいのがあったお!
      / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   これに火を燈せば本を読むには十分だお!
      |     |r┬-|       |  /
      \     ` ー'´     //
      / __        /
      (___)      /




                       )
                     ,r'┴'ヽ.
                  .    ,イ::''n::::,f'
                    i:: ll::iYll!
                    !:: :l:: : :l
                    l::l l:: l ll
                     {i l:: . l!
                    |j:i:::::li l,
                    }i::::::::ll !
                   (!..:::::..lll      ,ノ入
                    l...::::::..ll     fy' l l!
              .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
           r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
           `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
           ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
        . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
                  ショクダイ
    <<バスチアンは 銀の燭台を手に入れた!>>





    55 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:16:58 ID:dQ4rcDEF


           ____
         /_ノ  ヽ、_\
        /( ─)/)(─)\    あとは……火を点けるためのマッチだけど…
      /::::::⌒///)⌒::::: \ .....やっぱり雨に打たれて湿気っちゃってるお……。
      |   /,.=゙''"/      |  ちゃんと点いてくれるといいけど…。
      \. i f ,.r='"-‐'つ   /
      / i    _,.-‐'~    \
        i   ,二ニ⊃






       シュッ…
                         シュッ…ペキッ

               シュッ…



                              シュッ――









                     ト、
                      )
                    /し'
                   /::::ト(      ボゥッ…
                  lJ:::::::)`ス
                  ヽ:(:;:;:;)======





    56 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:19:03 ID:dQ4rcDEF



                             ト、
           ____            ,.、 r' ノ
         /⌒  ⌒\        _-、i::| |━・
       /( ー)  (ー) \     /,‐ヽヽ`、||      どうにか点いてくれたお…。
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ( .〉〉/
      | U    ) (      |   /  ノ       あとはこれを蝋燭に移して……と。
      \      `ー´、        /  /




                            ,′
                         /
                      ,..、 ィ/
                    / V/
                    `Y  i′
                    ィケ  ト
                   /{'⌒'} `丶ユラァ…
                       ヽiノ
                   ,r'┴'ヽ.
                  .    ,イ::''n::::,f'       よし、これで当面はOKだお。
                    i:: ll::iYll!       .本当ならもうちょっと明かりがほしいけど…
                    !:: :l:: : :l       ま、仕方ないおね。
                    l::l l:: l ll
                     {i l:: . l!       さてと。それじゃ続きを読むとするお。
                    |j:i:::::li l,
                    }i::::::::ll !
                   (!..:::::..lll      ,ノ入
                    l...::::::..ll     fy' l l!
              .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
           r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
           `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
           ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
        . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
        : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
           : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





    57 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:23:09 ID:dQ4rcDEF



                                  _____
                                /    `‐-、_   パラパラ…
                              /:.        :.`:‐-、_
                               /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                     _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
                 _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
          ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
      ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
    /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
    :i:i:i:l      やる夫は     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
    :i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
    l:i:i:il              物語に  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
    li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
    .li:i:i:il          のめり込むようです.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
    ..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
    . li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
     li:i:i:il    一章            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
     .li:i:i:il      ファンタージエン国の危機..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
      li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
      .li:i:i:il        第十話           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
      li:i:i:il           静寂の声     ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
      .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
       li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
       .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
       li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
       .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
        li:i:l/三三三三-‐'´
        .li:/三_,-‐'´ ̄
        .`´ ̄







    59 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:24:46 ID:dQ4rcDEF

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||  ……綺麗な所だな。
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||  柱も、床も、細かい彫刻が刻まれてて、
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||  しかもひとつとして同じ模様がない。
           | |  | | | || | | |  ̄  /       \` ̄´ |  | | || | |  | ||
           | |  | | | || | | |    /        \_ _ _|  | | || | |  | ||  ここは一体……。
           | |  | | | `¨ ̄´  /   , -―- 、     .\ `¨ ̄´  .| |  | ||
           | |  | | |     /    l:::::    l       .\_     _| |  | ||
           | |  | | |    /       |::::::::::  |          \_  .| |  | ||
           | |  | | |   /       ヽ   .ノ          \_` ̄ ̄¨´
           | |  | | | /        /   .ヽ           \___
           ` ̄ ̄ /         ( |   | |                 \___
              /             ゝl  |'                \ _
          _ _/              `.|_)                 \_ _




                                 / ̄ ̄\
                               /   _ノ  \
                               |    ( ー)(ー)
            ほんと、歩いて踏むのが   . |     (__人__)
                  気が引けちまうくらい     |     ` ⌒´ノ
             ....綺麗な所だ……ん?   .  |       nl^l^l
                              .  ヽ      |   ノ
                                 ヽ    ヽ く
                                 /     ヽ \





    60 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:27:05 ID:dQ4rcDEF

    < ~~♪~  ~♪~~ ♪~~♪~


          __     ━┓
        / ~\   ┏┛
      / ノ  (●)\ ・
    . | (./)   ⌒)\      なんだ?
    . |   (__ノ ̄   \    ..何か聞こえる……これは、歌声か?
      \          |
        \       /
    .      \  ⊂ヽ∩
          /´    (,_ \.
           /       \. \
          ./   /       |. \ソ
        (  y'      .|




      __|__|__|__|__|__|__|  ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
      _|__|__|__|__|__|__|_  (
      __|__|__|__|__|__|__|   ) ああ なべてのこと 起こるはただひとたび
      _|__|__|__|__|__|__|_  
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     (  されど なべて ひとたびは起こるべし。
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     ♪ .山を越え谷を渡り 野をゆき畑をすぎて
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     
          || | | ||    || | | ||    || | | ||      ) われは吹かれ 吹かれ吹かれて
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     
          || | | ||    || | | ||    || | | ||     (               消え去りゆく……
          || | | ||    || , ノ  、 、  ┏━┓   
          || | | ||    || l(● ●)|   ┏┛  ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
          || | | ||    || | (_人_) |   .|    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    || ヽ    ノ.|| | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    〔__≧<__〕.|| | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      ──|| | | ||──||.|      |-,|| | | ||──|| | | ||―─|| | | ||──|| | | ||――
          ` ̄ ̄     ` |      | ` ̄ ̄     ` ̄ ̄    ` ̄ ̄     ` ̄ ̄
                 .し   J





    61 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:30:17 ID:dQ4rcDEF

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)  だ、誰だ!?
    . | u.   (__人__)
      |     ` ⌒´ノ  お前は、一体誰なんだ!?
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
        i⌒\ ,__(‐- 、
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)
    .    |      l


    < 『 だ、誰だ!? お前は、一体誰なんだ!? 』




                                    __
                                   /ノ ヽ\
                 お、俺? 俺は……。   /.(○)(○)\
           ..俺は、一体誰なんだろう……。   |. u. (__人__) |
                                . |        |
      . わからない…前は知ってた気がするが    |        |
         .でも、それって大事な事なのか??  .  ヽ      ノ
                                   ヽ     /
                                   /    ヽ
                                   |     |
                                    |    .   |





    62 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:34:09 ID:dQ4rcDEF

    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||        ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||        (
       | | | | | |     || | | ||         ) おまえがわたしにたずねたいなら
       | | | | | |     || | | ||        
       | | | | | |     || | | ||        (      韻をふんで、詩にしてほしい。
       | | | | | |     || | | ||        
       | | | | | |     || | | ||        ♪ 詩でないことばで はなされたなら、
       | | | | | |     || | | ||        
       | | | | | |     || | | ||         ) それは わたしにわからない。
       | | | | | |     || | | ||        
       | | | | | |     || | | ||        (       それは わたしにわからない……
       | | | | | |     || | | ||        
       | | | | | |     || | | ||        ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |




                                    / ̄ ̄\
                                   /  \    \
           詩にして、って…そんなの       .(●)(● )  u. |
         そう簡単に出来やしねぇぞ…        (__人__)  u   |
                                  .(`⌒ ´     |
      でもそうしないと伝わらないとは…        {         |
        仕方ねぇ。やってみるか……。         {      u. /
                                   \     /
                                   ノ     \
                                  /´        ヽ





    63 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:37:06 ID:dQ4rcDEF

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \   んー……こうか?
      |    ( ー)(ー)  いや、ここをこう…
      |     (__人__)
      |         ノ  .うん、こうだな。
      |     ∩ノ ⊃ }
      /ヽ   / _ノ }
     ( ヽ  /  / ノ
      ヽ “  /_|  |
       \__/__ /







    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


                                      / ̄ ̄\
                                    / _ノ  ヽ、.\
                                      |  (ー)(●) .|
        おたずねしても いいのなら、           !  (__人__)  |
                                      , っ  `⌒´   |
       教えてください あなたはだれ?          / ミ)      /
                                  ./ ノゝ     /
                                  i レ'´      ヽ
                                  | |/|     | |


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪





    66 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:40:58 ID:dQ4rcDEF

    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .::::::::::::::::::: ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: 
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : :  ) それでわかった おまえのいるのが、
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .     
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .         (     はっきり聞こえた おまえの声が。
    :. . . | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          ♪ ありがとう わが友、
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||           )     おまえのよき心こそ わが客。
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          (  わたしはウユララ 静寂の声。
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          ♪    秘めたる宮殿に住む
       | | | | | |     || | | ||          (                静寂の声。
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~..| |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |





    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


                                __
                               /ノ ヽ\
      ウユララ 俺の声が聞こえるか?    /.(○)(○)\
                             |. u. (__人__) |
      あなたは一体 どこにいるんだ?   . |        |
                              |        |
           .どうか 姿を見せてくれ!   .  ヽ      ノ
                               ヽ     /
                               /    ヽ
                               |     |
                                |    .   |


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪




    67 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:46:30 ID:dQ4rcDEF

      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||  ) だれも わたしを見た事はない、
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || (   おまえも わたしが見えはしない。
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || ♪ けれども わたしはいるのです。
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||  ) わたしはおまえの姿のように、
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || (        光の中に現れはしない。
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | || 
      ──|| | | ||──|| | | ||──|| | | ||──|| | | || ♪ わたしの体は 響きと音、
          ` ̄ ̄   .ノ 、 、     ` ̄ ̄     ` ̄ ̄  ( 
               ● ●) l                 )   耳に聞こえる ただそれだけ。
               (人__) |                
               ヽ   ノ                (     この声こそが わたしの存在。
               /-、r―'〉                
             └‐' ` ̄                 ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
               ゝl  |
                `(_ノ




    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

                                      __     ━┓
                                    / ~\   ┏┛
                                  / ノ  (●)\ 
           それなら こういう事なのか?    . | (./)   ⌒)\
                                . |   (__ノ ̄   \
          .あなたの姿は その響きだけ。      \          |
                                    \       /
         ではもし うたうのをやめたなら、    .      \  ⊂ヽ∩
                                      /´    (,_ \.
       もうそのとき あなたはいないのか?           /       \. \
                                      ./   /       |. \ソ
                                    (  y'      .|

    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪









    69 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:53:31 ID:dQ4rcDEF

           | |  | | | || | | | |l  ||  ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
           | |  | | | || | | | |l  ||  
           | |  | | | || | | | |l  ||   ) 歌が終わりになる時には、
           | |  | | | || | | | |l  ||  
           | |  | | | || | | | |l  ||  (   ほかのすべての生き物の体が、
           | |  | | | || | | | |l  ||  
           | |  | | | || | | | |l  ||  ♪    うつろい消えるとおなじこと。
           | |  | | | || | | | |l  ||  
           | |  | | | || | | | |l  ||   ) それがすべてのものの定め。
           | |  | | | || | | |  ̄   
           | |  | | | || | | |       (   わたしは生きる うたうあいだは。
           | |  | | | `¨ ̄´  /   
           | |  | | |     /    ♪    でも もう長くは生きないでしょう。
           | |  | | |    /      ( 
           | |  | | |   /       ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
           | |  | | | /                        \___
           ` ̄ ̄ /                                \ _____
              /                                 \ _
          _ _/                                   \_ _




                                   . __
                                  ./::::::. \
                                  /::::::ヽ;;:   \
       .( さっきから歌声に混じって         . (:::::(::::冫    |
        微かに聞こえる声は……         . (:人;;;) .    |
          .ひょっとしてウユララは         r‐-;::::::. .     |
          泣いてるのか……?)         (三)):::::.. .   |
                                >::::ノ:::::::::.    /
                               /::: / ヽ;:::::::::   /
                               /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                               (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                 . |\::::::::::::;;:1
                                 . |:::::\;;/:::|





    70 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:58:55 ID:dQ4rcDEF

    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                 |  (●)(●) |
    .             |  (__人__) .|  さあ 早くいってくれ 泣くわけを!
            r、      |   ` ⌒´  .|
          ,.く\\r、   ヽ      ノ  まだ若いんだろう 子供の声なんだから。
          \\\ヽ}   ヽ     /
           rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
            └'`{  .   \.|   /   i
                ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
                `ヽ、   /'  |
                   `'ー'´


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪




    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
       | | | | | |     || | | ||          ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||           ) 風がわたしを吹き払うのは、
       | | | | | |     || | | ||          ♪     すぐです。わたしは嘆きの歌。
       | | | | | |     || | | ||          ( 
       | | | | | |     || | | ||           ) 時が流れます、さあ 早く、
       | | | | | |     || | | ||          ♪    おたずねなさい、さあ 早く!
       | | | | | |     || | | ||          (
       | | | | | |     || | | ||           ) なんのお告げが聞きたいのか。
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          ( ウユララは答。おたずねなさい!
       | | | | | |     || | | ||          
       | | | | | |     || | | ||          ♪   問われなければ 答えられない!
       | | | | | |     || | | ||          ( 
       | | | | | |     || | | ||          ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~





    71 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 21:59:26 ID:dQ4rcDEF

    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ◎)(◎)      ウユララ 教えてくれ どうしてなのか?
      |     (__人__)
      |         ノ      やがてあなたは なぜ消え去るのか?
      |     ∩ノ ⊃ }
      /ヽ   / _ノ }
     ( ヽ  /  / ノ
      ヽ “  /_|  |
       \__/__ /


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪





    72 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:01:12 ID:dQ4rcDEF

     ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
     (
      ) 幼心の君 病に臥して、
     ♪   ファンタージエン ともに危うし。
     ( 
      ) 虚無の魔手 ここにもおよんで、
     ♪   やがてわたしも呑まれてしまう。
     (
      ) われらみな 消え去るでしょう、
     ♪       なきところ なきときへと。
     (    あたかもわれらはいなかったように。
      )       と
     ♪  されば疾く、新しい名を幼心の君に、 
     (     これこそ ただひとつの 癒しのみち。
      ) 
     ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪
                                             (
                    お聞きお聞き わたしのことばを、     )
                         たとえ 今は わからなくとも、   ♪
                      わたしのもとを立ち去るまえに、   (
                        記憶の底に 刻んでおしまい。   )
                                             ♪
                    いつか 大事なときがくれば、       (
                       記憶の海からひきあげて、      )
                    ことばの響きもそのままに、        ♪
                        ふたたび光にもどせるように。  (
                                             )
                    おまえがしとげてくれるかどうか、    ♪
                       すべてはそれにかかっている。   (
                                             )
                   ~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪





    73 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:03:00 ID:dQ4rcDEF

    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||     ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||     
       | | | | | |     || | | ||      ) それではだれが女王さまに、
       | | | | | |     || | | ||     ♪    新しい名をさしあげるのか?
       | | | | | |     || | | ||     ( 
       | | | | | |     || | | ||      ) おまえでもなくわたしでもない。
       | | | | | |     || | | ||     ♪     妖精でもなく魔鬼でもない。
       | | | | | |     || | | ||     
       | | | | | |     || | | ||      ) 幼心の君をお救いし、
       | | | | | |     || | | ||     ♪  ふたたび健やかなお体にし、
       | | | | | |     || | | ||     (    われらを禍いから解き放つもの、
       | | | | | |     || | | ||      ) 
       | | | | | |     || | | ||     ♪ それはわれらのうちにはいない。
       | | | | | |     || | | ||     (   われらは本の中だけのいきもの、
       | | | | | |     || | | ||      )        つくられたままに動くのみ。
       | | | | | |     || | | ||     ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~





    74 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:07:26 ID:dQ4rcDEF

    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~


      ものがたりの中の 像や夢、 あるがままにあるのがつとめ。
         新しいものを創りだすのは、 賢者であっても王であっても、
            子供であってもできはしない。

                               とっくに
      けれどもファンタージエンのかなたには、 「外国」という国があるのです。
          そこに住むのは――富める人びと、このわれらとはちがうのです!


      地上の国の その住人たちは、 いみじくもアダムの息子イブの娘、
        人間種族、力ある みことばの 血兄弟と呼ばれます。


      かれらはみな 世の創まりより、 名づけの才に恵まれています。
        いつの世にも 幼心の君に、 新たな美しい名前をささげ、君のお命をもたらしてきたのです。


      ところが すでに絶えて久しく、 人間はファンタージエンにこないのです。


      かれらはもはや道を知らず、 われらがほんとうにいるのを忘れ、
            われらの存在 この世界を 信じなくなってしまったのです。


      ああ、 人の子が一人でもくれば、 それですべてはよくなるものを!
        ああ、一人でも信じてくれれば、 この呼びかけを聞いてさえくれれば!


      かれらには近いが、われらには遠い、 かの国への道は あまりに遠い。
       「外国」はファンタージエンのかなた、 そこへゆくのはわれらにはできない――


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~




    75 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:11:39 ID:dQ4rcDEF

      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
          || | | ||    || | | ||   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
          || | | ||    || | | ||   
          || | | ||    || | | ||    ) けれど、しかし、若き勇士よ、
          || | | ||    || | | ||   ♪ 
          || | | ||    || | | ||   (   ウユララのことばを、
          || | | ||    || | | ||    
          || | | ||    || | | ||   ♪   風に消えゆく静寂の声を、
          || | | ||    || | | ||   
          || | | ||    || | | ||    ) 心にとめてくれますか?
          || | | ||    || | | ||   
          || | | ||    || | | ||   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      ──|| | | ||──|| | | ||──|| | | ||──|| | | ||―─|| | | ||──|| | | ||――
          ` ̄ ̄     ` ̄ ̄     ` ̄ ̄     ` ̄ ̄    ` ̄ ̄     ` ̄ ̄
                     




    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~


                                      _,. -┬ fニト、
                                    r'´ 、r | | ,.L |
                                    |   (_ノ j {. '、\
           ああ、ああ、覚えておくとも!        |    }‐イ-上 〉. \
                                    |    ノ´     /)゚o |
        覚えて、そして、どうすればいい!       i      r‐‐人__) .|
                                   ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
                                    i  !,       ノ
                                    .',  ヽ、 .   /
                                      \  .     ヽ、
                                       \      |.i
                                         |    .   | |


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~





    76 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:16:10 ID:dQ4rcDEF

    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
       | | | | | |     || | | ||   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||   
       | | | | | |     || | | ||    ) それはおまえが決めねばならない、
       | | | | | |     || | | ||   ♪ 
       | | | | | |     || | | ||   (   今や おまえはお告げをきいた。
       | | | | | |     || | | ||     
       | | | | | |     || | | ||   ♪ おまえとわたしは別れねばならない、
       | | | | | |     || | | ||   
       | | | | | |     || | | ||    )   今や 別れの時が打たれた。
       | | | | | |     || | | ||   ( 
       | | | | | |     || | | ||   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |




    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~


                                    __
                                  .,/,-、  \
                                / ノ:/ ノfヽ.. \
                                | /:/ /...| |  |
        もう あなたはいってしまうのか?     l レ ./..ノ .,''´} i
                                l   ' ´ .〃 / |
        どこへ あなたはいくというんだ?     ヽ.     . 〈 .ノ
                                  \.,_  ._ノ /
                                   /  /  ヽ
                                  ./  /   |
                                  i ./  .  |


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~





    77 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:19:06 ID:dQ4rcDEF

           | |  | | | || | | | |l  ||     ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
           | |  | | | || | | | |l  ||     
           | |  | | | || | | | |l  ||      ) 虚無が近くまで迫っている、
           | |  | | | || | | | |l  ||     ♪   もはや お告げは語られない。
           | |  | | | || | | | |l  ||     
           | |  | | | || | | | |l  ||      ) 高くのぼり低く舞いおりてたゆたう、
           | |  | | | || | | | |l  ||     ♪    この響きは もう聞こえない。
           | |  | | | || | | | |l  ||     
           | |  | | | || | | | |l  ||      ) 石柱の森に私を訪れ、
           | |  | | | || | | |  ̄  /   ♪    わたしの声に耳をかたむけるのは、
           | |  | | | || | | |    /    
           | |  | | | `¨ ̄´  /        ) おまえが 最後。
           | |  | | |     /       ♪    おまえの他には もういない。
           | |  | | |    /           
           | |  | | |   /          ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
           | |  | | | /                        \___
           ` ̄ ̄ /                                \ _____
              /                                 \ _
          _ _/                                   \_ _




      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
      __|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
      _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
          || | | ||    || | | ||  ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~
          || | | ||    || | | ||  
          || | | ||    || | | ||   ) 今までだれもできなかったことが、
          || | | ||    || | | ||  
          || | | ||    || | | ||  (   おそらくおまえにはできるでしょう。
          || | | ||    || | | ||  
          || | | ||    || | | ||  ♪ だが、そのためには、
          || | | ||    || | | ||  (               心して 覚えておおき、
      ──|| | | ||──|| | | ||─ 
          ` ̄ ̄     ` ̄ ̄   ♪  わたしのことば、 わたしの歌を!
                      (
                      ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~





    78 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:21:20 ID:dQ4rcDEF



    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
       | | | | | |   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪....| | | | | |
       | | | | | |   (                              (......| | | | | |
       | | | | | |    ) 山を越え谷を渡り 野をゆき畑をすぎて、    ..).....| | | | | |
       | | | | | |   ♪                             ♪....| | | | | |
       | | | | | |   (  われは吹かれ                    (  | | | | | |
       | | | | | |    )      吹かれ吹かれて消え去りゆく……    ) ...| | | | | |
       | | | | | |   ♪                             ♪ ...| | | | | |
       | | | | | |   ( ああ なべてのこと 起こるはただひとたび、   (  ..| | | | | |
       | | | | | |    )                              ) ...| | | | | |
       | | | | | |   ♪ されど なべて ひとたびは起こるべし……    ♪ | | | | | |
       | | | | | |   (                              ( ..| | | | | |
       | | | | | |   ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪ | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |






    79 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:24:38 ID:dQ4rcDEF

    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~


              / ̄ ̄\
              / ヽ、_   \
             (●)(● )    .|   ウユララ ウユララ!
            (__人__)゚o   │
             (,`⌒ ´       |   どこにいってしまったんだ?
             {        |      どこかへいってしまったのか?
             {        ..:/
               ` ー     \   いるのならどうか こたえてほしい
              /    _    l
             /  ̄`Y´   ヾ;/  |   あなたはいったい どこにいるのか!
            |    |    |´  ハ
             |    |    |-‐'i′l.
             |__ |   _|   7'′
            (   (  ̄ノ `ー-'′


    ♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~










                                     / ̄ ̄\
                                   /       \
                                   |::::::        |
       ……駄目、か。どうやら本当に         . |:::::::::::     |
                                    |::::::::::::::    |
        .消えちまったみたいだ……。         .  |::::::::::::::    }
                                  .  ヽ::::::::::::::    }
                                     ヽ::::::::::  ノ
                                     /:::::::::::: く
                                     |:::::::::::::::: \
                                      |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)





    80 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:28:07 ID:dQ4rcDEF

           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||  ……ウユララ…
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || .| |  | ||
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l|       | |  | ||     ……さようなら、だろ…
           | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l|  .ノ 、 、| |  | ||
           | |  | | | || | | |  ̄  /       \` ̄´ ー ー) l...| |  | ||  …………
           | |  | | | || | | |    /        \_ _ (人__) | .| |  | ||
           | |  | | | `¨ ̄´  /               \ ヽ   ノ ..| |  | ||     …………zzz...
           | |  | | |     /                /-r-.、 〉| |  | ||
           | |  | | |    /                     | |  |-'.| .| |  | ||
           | |  | | |   /                 r┴┴.┤ノ` ̄ ̄¨´
           | |  | | | /                    ̄ ̄ ̄  \___
           ` ̄ ̄ /                                \ _____
              /                                 \ _
          _ _/                                   \_ _





    81 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:31:31 ID:dQ4rcDEF



























    82 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:32:09 ID:dQ4rcDEF

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_    \
      (ー)(● )    |
       (__人__)     │    ん……んん……。
       {          |
      . {        |     ここは…俺は、確か……。
        {        ..:/
        ` ー     \    ……そうだ!!
        /    _    l
       /  ̄`Y´   ヾ;/  |
      ,|    |    |´  ハ
      |    |    |-‐'i′l
      |__ |   _|   7'′
     (   (  ̄ノ `ー-'′




                                           ̄ ̄   、
                                      ´          \
                             .       /              \
                                   /                   ヽ
                                    i                 丶
                                    l       /  ̄           丶
                                    |  __         _ ヽ        丶
                                    ヽ/       i イ::::ヽ l       丶
         そうか!全て思い出したぞ!           ヽ    _  ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
                                    丶i イ:::ヽ l    `ヽ            ヽ
                                      ゝ ゞ ', ヽ _  丿            \‐、-..、
                                      ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
        おれは しょうきに もどった!             ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                        \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                          \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                            ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                               ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:





    83 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:33:21 ID:dQ4rcDEF







                       ∩∩
                     ._ | |.| |
                     |―|三三ニニ⊃   ●   ●   ●   ●   ●   ●   
                     . ̄ | |.| |
                       ∪∪











    84 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:36:12 ID:dQ4rcDEF

           / ̄ ̄\
         /       \
         |:::::       |
        . |:::        |   ……いったい何を言ってるんだ俺は…。
         |::::         |
         .|::::       __}     自分で言ってわけがわからねえぞ……。
        /::::        \
        |:::         _)
        |::::         i
        |::::        i  |
        |::::        |  |
        \___、_____  ノ _)




                                         / ̄ ̄\
                                        /  \    \
                                      .(●)(● )  u. |
            と、ともかく、全部思い出したぞ。        (__人__)  u   |
                                       .(`⌒ ´     |
       俺が誰で、何のためにここに来たのかも。       {         |
                                        {      u. /
                                        \     /
                                        ノ     \
                                       /´        ヽ





    86 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:39:10 ID:dQ4rcDEF

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)    そういう事か…そういう事だったのか…!
    . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ    俺がやるべき事も、これではっきりした。
    .  |         }                           とっくに
    .  ヽ        }     俺はファンタージエンのかなたにある「外国」から
       ヽ     ノ            アダムとイブの息子たる人の子を
        i⌒\ ,__(‐- 、          幼心の君のもとへ、お連れするしかない。
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)  それが、ファンタージエンを…幼心の君を救う方法なんだな!
    .    |      l




                                          ∩⌒ヾ
                                          い   )
                                           、 . ノ
                                           |  | / ̄ ̄\
           いよっしゃああああああああ!!             |  |./   _ノ  \
                                           |  |   ( \)  l
        そうとわかったら                         |  |   (⌒ (\)
            グズグズしてなどいられない!             |  |   / ̄(__丿
                                           ト    /ー、/
       今すぐにケロロさんの所へ戻って                |     \ノ
      .    それからファンタージエンの果てを             |      )
                 目指して出発するぞ!             |      /ヽ
                                           |      /三)
                                           ノ     〈  ̄
                                          /   _  ⌒ヽ
                                         /   /  |   |
                                       /   /    |   |


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





    87 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:40:47 ID:dQ4rcDEF

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


                  ____
                 /        \
                /           \
                / /     _\      \    人の子…かお……。
                |  (●)   (●)      |
    .           \  (__人__)  u.   /    人の子だけが、
               /  `⌒ ´       \    幼心の君を救える……。
          彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
           \    \\    \E |    ノ






          / ̄ ̄ ̄\
       γ⌒)      (⌒ヽ
       / _ノ ノ    \  \ `、   もし、もしもぼくでいいのなら……
      (  < (○)  (○)   |  )
      \ ヽ (__人__)   / /





    88 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:42:01 ID:dQ4rcDEF

           ____
         /_ノ  ヽ、_\
        /( ─)/)(─)\      もしぼくでいいのなら、
      /::::::⌒///)⌒::::: \
      |   /,.=゙''"/      |    今すぐにでも、喜んで助けに行くのに…
      \. i f ,.r='"-‐'つ   /
      / i    _,.-‐'~    \     幼心の君も、アトレーユだって!
        i   ,二ニ⊃





                  _. -―――- 、.__
                /          `ヽ、
               /         ___    \
             /      ,-‐ ゙´ ̄        \
             ./,__      ,-―- 、        \        名前だって、素敵なのを沢山考えられる。
           「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
           }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \      凄く綺麗な名前を、いくらだって。
          /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
          /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
         {    ヽノ'               i.                 i.   もしぼくが行くことが出来たなら……
         i    i.    i             }            }
          {    {.   ノ\_        ノ            ノ      行く方法がわかりさえすれば、
         ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ
           \                        /         今すぐにだって飛んでいくのに!
            \                     _. -‐ ´
                 ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
               i /    ̄ ̄      ./        \    もしぼくが不意に現れたら、
              / /                           ヽ
             / ./                             アトレーユはどんな顔をするだろう。
            / .i
            i /                ヾi.        でも、残念だけど…そういうわけには、いかないんだお。
            i /                  i.
            i/                      i.          でも、それとも……ひょっとしたら……?
            ./                         i
           /                      ∧






    89 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:43:59 ID:dQ4rcDEF


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \     もし、何か、きみたちのところへ行く道が
      /::::::::::         \            そんな方法が、あるんだったら…
      |:::::::::::::::         |
      \::::::::::::::       /ヽ   教えてくれお、アトレーユ。
       /:::::::::        くゝ  )      ぼく、行くお。必ず行く、アトレーユ。
      ;|::::::::::::          /
      ;|::::::::::::::       イ        絶対に…絶対、だお…。




                  ____
                 /        \
                /           \    もしも…行く方法が、あるんだとしたら――
                /       _       \
                |  (ー)   (ー)      |
    .           \  (__人__)  u.   /
               /  `⌒ ´       \
          彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
           \    \\    \E |    ノ






    90 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:45:18 ID:dQ4rcDEF

    :::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
    :.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
    :::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
    :..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
    : . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
    :. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||     静寂の声ウユララと話し、
       | | | | | |     || | | ||          そのお告げを聞いた事で、
       | | | | | |     || | | ||               ついに旅の終着点を見出したアトレーユ。
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||      けれど、彼の先にはまだ多くの苦難と
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||             多くの試練が待ち受けている。
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||      果たしてアトレーユは、人の子を幼心の君のもとへ
       | | | | | |     || | | ||            連れていくことができるのだろうか……。
       | | | | | |     || | | ||  
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
       | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |





    91 : ◆NES/gNxzw2 :10/10/17 22:46:54 ID:dQ4rcDEF


                  /\
                 /   \
               /      \
              /             \
            /                 \
           /                  \    
         /                      \     けれどもこれは
       r´ ´\                     /
       (    \                 /           別の物語 ――。
       \     \            / .\
         \     \           /      \
           \     \       /          \
             \    \   /              \
             \    \∠_________\
                 \   r´=========r´
                   \ 《 三三三三三三三三三=
                   ヽゝ==========ゝ


                               __________
                            r´ ´\                \
                            (    \                \
       いつかまた               \     \              \   パタン…
                              \     \                 \
        別のときに話す事にしよう         \     \                 \
                                  \    \                 \
                                  \    \_________\
        第一章                            \   r´=========r´
          ファンタージエン国の危機                \ 《 三三三三三三三三三=
                                        ヽゝ==========ゝ
            第十話 静寂の声 終わり
                                 → 第十一話 再びの旅立ち へ続く……。




    次→やる夫は物語にのめり込むようです 第一章 第十一話

    記事一覧は→やる夫は物語にのめり込むようです まとめ


    アカペラ100%‾聖なる祈りのうたごえ
    アカペラ100%‾聖なる祈りのうたごえ
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/382-b33fe3ae

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。