最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やる夫は迷い込んだようです 第31話(第二部開始) 

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ

    397 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:00:40 ID:ShCu1QbY

    第31話「収穫期」


    <1936年 2月26日 17時02分 陸軍省>

    .               i
                   .傘                           |
                  傘傘                          r^t
                  .傘∩傘                        ./.:::ヘ
                 傘傘傘傘                       .| : :::::|
    .    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
       .r'^ー--------..i..::::::::::::;;;; i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ _|.:_;_;;;_;;|_____________.
      /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/| \::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::; \
     ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
    .´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
     |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
     |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
     |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
     |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
     | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
     | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
     |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
                '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''




    398 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:02:13 ID:ShCu1QbY


                             ,. ,--,- ,_
                           ,ィ´l / // _>、
                          ,イ、l、ヽ l // -―\
                             |]  _ `丶┴ ' ´ヽニー、l
                              l,l ‐ 、ヽ-‐¬__  j=- 、|
                         l〉 ァ 、_,} f ̄ _  トァ-イ
                          |  ークl  イて.)` `lイY        ・・・重要項目については理解した。
                         l、  r′ 、`   ;_ソハ
                         /,l !  `ー~ヽ  ィ l |ミ\       この資料は次回の会合までには全部読破しておこう。
                   _r┬―彳:l:.|::ヽ _ニ _‐、 ,l / ! |:://:.|
             , - ::::::::::|:.:|:.:.:.:.:.l:.:ぃ::,ハ    ー ,.ィ///:/二ト、   正直な所、君らと歴史知識が乖離しすぎて今後の方針が立てづらい。
    .       /::::::::::::::::::::|:.:|:.:.:.:__l:.:.:ヽヽヽ`=―=≦三zィ:/:./:.:.:.:.:.:.:.:>‐ュ..__
         /:::::::::::::::::::::::::::l:.:l ̄:.:.:.l:.:.:.:.:l:|:.:l:.:.:.:.:l: /:.:.:.:.:.:.:/.:/:.:.:.:.:.:.//:::::::::::::`丶、  まずは同じ舞台に立つことが最優先課題だな。
         ヽ- 、_:::::::::::::::::::::::い-_‐ニニ/ ̄:.¬‐-:.l」_:.:.:.:.:./::/`丶、/:./::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ヽ:.:.:.\:::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_/:./、:.:.:.:/.: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    .      /‐-\:.:.\__:::::::::ノ:.:.:.:.:.:.:L:.__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.`丶丶':./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::/\:.:.:.:ヽ::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:¬:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:l::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄:.:.:.T′
        ,-= 、、_;/:.:.:.:.:ヽ:.:.:N:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト 、 __/:.:.:.:.:ノ‐-:.:.:ノ
    .   /::.:.:.:.:.:.`丶、:.:.:.:__、!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l :.:.:.:/:.:,:‐  ̄ ̄:ヽl
      〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:/ .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.://l_:::-―- 、::::|
      / ̄``丶、:.:.:.:.:.:.:.:/   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`l,:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`l
     ノ     l   \:.:.:/   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /      l   / ̄     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:._:.:.:.-―‐-:.、:



    399 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:02:54 ID:ShCu1QbY


               _,;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';;、
              ,;';; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `、
              ,';;;;;,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;
             /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
             i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
              i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
              |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
              /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l
              '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l      これでまたやる事が多くなったな・・・。
                ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/    
               /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\      特に陸さんには来年からの支那事変回避のために
              /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_    頑張ってもらいたい。
           _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
      _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
    ‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  |      ノ:::::::::::::::::::;;;; /i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




               ____
             /      \
            /  ─    ─\
          /    (●)  (●) \
          |     (__人__)   |   あ、それと最後に石原さんにどうしてもやって欲しいことがあるお。
           \     ` ⌒´   ,/
          ノ      ー‐   \



    400 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:03:13 ID:ShCu1QbY


                    , -‐‐‐‐-、、
                  ,ィ´:.:.:.:.:.:, 、:.:.:.::.`ヽ、
                  !:.:.:.:,r'''´ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:|
                  t,:i´_   ,=ニ `ヾ:.:.:.:.|
                   `f´`r‐t___ノーレ‐,:ノ
                    !~´i      リ;'
                       ! =='  /ニ'     なんだね?
                    ヽ___ノ |
                    ,ィト---、,r‐‐^i
               ,,,r‐'''´/;;;|二ニフ^!ヽニ!;;;;`iー、___
            ,,,ィ'''´;;;;;;;;;;;/__,;;;ヽ/ ,  ! `Y、;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ヽ;;/     :: ヽ;;;`>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i




         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |   石井四郎って知ってるかお?
    ./     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /



    402 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:04:21 ID:ShCu1QbY


                         ,. -─‐- 、
                         /      \
                       /     _,ィ ノヽ.',
                          {  { /ノ‐''"  |}
                       ヽf`Kz=ミ ., ==ミ.jノ  あぁ、確か満州で東郷部隊、細菌兵器防衛研究所を
                       ゞ_ ゝ--'^ト--1フ   統括している人物だったかな?
                         Lト、 、_'  /
                       __f‐、ヽ_二__/
                  ,.  -─‐'/ ヽ‐-ニ)(ニソ`ヽ─-- 、
                /     L_ ゙V´/ \_」    \




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |   今年から関東軍防疫給水部が設置されて
         \    ` ⌒´    ,/   その隷下に石井部隊が置かれるお。
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
       /    / r─--⊃、  |
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



    403 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:05:13 ID:ShCu1QbY


                            ,, - ' ´ ̄`丶、
                          /    ,   //ヽ、
                            /'     ,ィ///ノ丿ヽ ヽ
                          l    / __        l  l
                           l    ,tィ''r'´゙ヾ,__ , ‐= l /
                         ',. l´`  ` ー '  l'、_ノ/
                         'i '、       '   l    それがどうかしたのかい?
                           { lヽ.   `''‐-   /
                         `/ `   `  /
                         / ̄ ̄`'=、 ,‐'
                 ___  -‐  '´  ‐─- 、.`l/`




         ____
       /      \
      /─    ─  \
    / (●)  (●)   \
    |    (__人__)      |   前もって断っておくけど、この話はやる夫の世界でも本当に起きたことかどうか
    \   ⊂ ヽ∩     <   本当だったとしても被害者の数も正確には分かっていないお。
      |  |  '、_ \ /  )
      |  |__\  “  /   だからある程度眉唾で聞いてもらって構わないお。
      \ ___\_/




    405 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:05:54 ID:ShCu1QbY


         ____
       /      \
      /  _ノ  ヽ__\             石井部隊では「丸太」として非人道的に人間を様々な実験体としてあつかって
    /    (─)  (─ \            いたとして戦後の日本の暗部にされてしまうお。
    |       (__人__)  │
    /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ    やる夫も歴史的真実は教科書や書籍に載っていることしかわからないから、
    (  \ / _ノ´.|  |  □          本当かどうかは分からないお。もちろん左翼の作った嘘かもしれないお。
    .\  "  /   |   二⌒)
      \ /




         ____
       /      \ ( ;;;;(
      /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
    /    (●)  (─ /;;/   でも本当にそうだったとして、その話が外部に漏れたら日本への風当たりは強くなるお。
    |       (__人__) l;;,
    /      ∩ ノ)━・【】[]   石井部隊の功績は今後の医学の発展にも寄与できたなんて話もどっかで聞いたけど、
    (  \ / _ノ´  □    本当ならそんな功績は必要ないお。
    .\  "  /    (⌒)
      \ /            医学の発展はやる夫達でカバーできるお。絶対にそんなことはさせちゃダメだお。



    406 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:06:27 ID:ShCu1QbY


        冫           ヽr'l
      y        , --、     ソ
      l   _... ,ィ'/´  /      l
      ゞ  /  ´    li      l
        ヽl     _ =、`', r 、  ノ
        `l=- , 、r─-、- '.'゙) / /        私も東郷部隊の実情は詳しくは知らないが、日本軍としてはジュネーブ議定書に
         ヽ- i' ヽ--'   ヽ  フ         署名はしているが議定書自体では細菌兵器や化学兵器は使用が
          ヽヽ      /、/´          制限されているだけで開発・保有などは禁止されていない。
           l ='´   /  !`)ー- 、_
           _ヽ___/, -‐' ´/    `ー -  他国が使用した際の防護策を考える上でも部隊解散は妥当ではないと考えるが。
       , -‐''/ ヾ‐'、 r‐'二 ,ィ--'-、
      /   '、.  i`y'"´ /    l ー- 、_
      l   /  |゙l   /´     /   /´
      l  i.   ゙i'. l=ー、    /    l
      ',  l _, ‐'´ヽ ヽ_,.. ヽ  l    j
      ヽ '-‐ '´ ̄ヽ l   ヽ.!、   ノ




        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /    ─   ─ ヽ     防護策としての研究は良いけど、口を酸っぱくして人道的な配慮を求めるように伝えてほしいお。
     |    (●)  (●) |
     \  ∩(__人/777/    永田さんと元関東軍参謀の石原さんの進言と、この森先生の手紙があれば多分止められるお。
     /  (丶_//// \



    407 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:07:12 ID:ShCu1QbY


       /     _ノ  ヽ |
       |   /ノ     .l l
       '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
       ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ   なるほどね、そいつについては熟慮しておこう。
        l'、   ̄´  l ̄~l
        ヾl   、   '  /    だが人道的な配慮をもとめるとして、その場合兵器としての細菌・化学物質に関して
         | ヽ   ̄  /     君らに支持を仰ぐことになるかもしれないが、そのあたりの覚悟はできてるのかい?
         ,. l`ーヽ___/.ト、_
    r─‐r'  |`ー- =、 ノ,r',!  、 ̄ ̄
      /   l`ー--ノ~ヽ,´ l   ヽ
      /   l  /   ヽ\l   ヽ




            ____
           /    \
    .    /          \
    .  /    ―   ー  \
      |    (●)  (●)  |
    .  \    (__人__)  /    ・・・やる夫は・・・
    .   ノ    ` ⌒´   \
     /´             ヽ



    408 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:07:37 ID:ShCu1QbY


               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
               /`ヽ、;,;,;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,,-ー'|´::ヽ
               i:::::::ミ   ,,,,,,''''''''''''',,,,,,:::::::::ノ::::::::i
              ..i::::::::ミ  ´- ′  '- '´:::::::`丶::::ト、
               |.i::::i''  --- 、,   , --- 、:::::::`i::::r/   麻呂は構わないでおじゃる。
              ヽi:::i  -<写-、 |::::,/冥`;::: :::::i:::リ.|
               ト、i   ''_,ノ  |::::::、__ノ ;::::i:::i /    だがジュネーブ議定書通り、使用には絶対反対でおじゃる。
                |_ii      ,  、:::::  ;:::::::::i:i_/
                li     /,,,、 ,,ヽ::::: :::::::::::i:l      それは最初に言っておくでおじゃる。
                 |      ''';''  ヽ::::::::::;/′
                 丶   -―-一ー )::::::/゛ト
                  1、  --一  ノ:::::ノ/ ノ ヽ
                 ,,ノヽヽ、     ,,ノ::/ /;:;:;:;:`,,丶
                ノ;:;:l | `ヽ::::::;;;;;;;;::::::/ /;:;:;:;:;:;:;:r ヽ
            ,,, -''''´'i;:;:;:;i ヽ    ;;;;;:://;:;:;:;:;:;:/::::ノ ヽ、
        ,,--''' rー-ト、'、;ヽヽ    ;/ /;:;;:;:;:,, -'' ン    'ヽ、
      ,,/     ト、_r-- ''''''--'-ー-''-''''ト-'''''  ,,/        'ヽ、




        |;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー------┼''"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ彡、
         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐'´.i彡彡i
        iニニニ=ヒー──---、、、__;:;|;:_;;:-‐''´    i彡彡i
         i三三三ニ       _   ̄  ,≦ヽ    'ヾ彡i
        i三三三三、    (三ヲ     ヾ'"′    ヾリ
        i三ニミミミシ"´         :.  :._,,ノ _,,,,   |リ
       r-、ミミミミ`       _,,,...--‐'´ r'".,ィ(;;;) 》、  ||
        i.iヽヾミミミ     ,ィ'ヾツヽ、, .:   l:. '`ー''''"´, '   ||
       l ` ヾミミ     "  ̄ ̄´ソ .::.  :. `゙'ー- '´   ∥
        ',  (ヾミミ     `゙゙゙゙゙"´  .:.   :::..         ∥   島国の日本が細菌兵器を利用したとなると
        ヽ '` ヾミ          ..     :::.       ∥
         ヽ、__,ヾミ         、 ,,    ,ノ       .リ    報復として細菌兵器などを使用された場合あっという間に
            ',ヾ;            `ー"        i     広がって収集がつかなくなるでおじゃる。
             ',.ヾ、           :. :.       j
             ヽ`         ,ィニ=ニ、_    /ヽ     使用しない、ということは最大の防御でおじゃるよ。
               ',\      ー〈〈;;;;;;;;;;ノノ´   /::::::ヽ
              ヽ \      ヽ`ー'´ノ    /::::::::::::ヽ
              / i.   \      `ー一´   /:::::::::::::::::::ヾー、
              /l l    ヽ、        ノ::::::::::::::::::::::/  i
            /l l. l     ` ー-‐‐‐‐'''"´:::::::::::::::::::/   ノ\



    409 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:08:08 ID:ShCu1QbY

    ~帰路の車中~

    ,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
    ;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
    l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
    ;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
    l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
    ;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
    l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
    ;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
    l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
    ;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            '      .             :                '.

                 ,              '        ;                . :
    _________________________________________
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    410 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:08:41 ID:ShCu1QbY


           |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
           ├- 、__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:-‐'"´;i
            |;:;:;:;:;:;:;:`゙゙゙'''''ー-- 、、;;;;;;_;;;;;;; -‐''''"´:;:;:;:;:;ィ彡ミ,
           ,i====、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐"´゙ミ三ミi
           i三三ニニ' ̄`゙゙''''' ー- 、;:;:;:;:;:;:-一'"     ミニ三i
           i三三ニ三      _   ̄  r==、    'ヾ、ミi
          _,i三三ニ三ゞ    ニ三シ  i   ゞ"´     !ミ;iヽ
          i"゙ヾ彡彡ァ"´         i  ノ __ ,,,...、_,,.   iミ| |
          { {`ヾ彡;シ′   , _ --‐- 、丿  ィ''"ノ(oツヽ''  |リノ
            '、(、ヾ彡リ     ィ'でo)'ヽ、  :  ';:. 'ー-‐'"″   |リ
           ',ヽヾ、彡   ゝ`゙゙'''''"´ツ .、  i::.`ヽ、,,,,ノ    |i|    やる夫殿、
           ヽ丶ヾリ,    ` 、,,,,,,ノ  .:   i:::.       リi     永田氏と石原氏、山本氏に今後の歴史資料を
             ゝ、,ヾリ         , .::  '、::.       リ     惜しみもなく提供しておったが、これはよかったのでおじゃるか?
               ヾi,        /、 _    ,,'      , /
               ヾ,        /  ´``ー''´    、  ,' /
                ヾ,      '     : :     ', , /、
                 ヽ、    , --‐‐一''ー─'''' ' /./::::ヽ.
                 i"i ヽ  ,r' _,,,, ゝ--‐‐''´ー'" ノノ::::::::::ヽー-、
                 ノ, |',  ヽ、   ` ; ; ; ; : : : '  /::::::::::::::::::\_`ヽ.
                /::i | ',   `ヽ、_     _,/:::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ
          _, -‐'''"i:::::::i .|; ',       ̄ ̄//:::::::::::::::::::::::::/  /\




           ____
         /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\    前々から全部提供してほしいっていう話はあったお。
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      |     |r┬-|     |   それに石原さんと山本さん達はなんども会合を持ってるし
      \      `ー'´     /   どんな人かわかったし、信用に値する人だってわかったお。



    411 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:09:09 ID:ShCu1QbY


                   ∩_
                  〈〈〈 ヽ
          ____   〈⊃  }
         /⌒  ⌒\   |   |
       /( ●)  (●)\  !   !   麻呂さんはともかく、やる夫は軍事とかはすきだけど
      / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   戦略とかはまったく分からないお。
      |     |r┬-|       |  /
      \     ` ー'´     //     その分野に精通していて新しい方法・知識に貪欲である程度の地位にある人は
      / __        /       あの人達しかいない、この世界で情報を提供出来る人はいないお。
      (___)      /




            !::::::/´   ノ三三三三三三三二:::
             ゝ'rァ   '‐-、_三三三三三三三:::
              /        \三三三ニ::: イニ.、
            i  :::rェ、_     1三二::::/::ヽ 、
            ゝ,  .|ツ'´     i三ニ::/  t_ヽ `
             ./   !;;:'      i三ニ::i  い フ
            /   :       |三:::::!:::__,,/
            / __ :.        ヽニ::!:::]ヽ_:-'"
            ヽれ;          '_=ノ ::::): : : ::;     そうでおじゃるか。麻呂は歴史のコントロールが効くように
             i            ::;:;:;;:/  ::;;     少しは秘密にしておいたほうが良いと思うのでおじゃるが・・・。
                c,,,,,___       ::::::::::::;;;:;;/  ::;::
              冫゛      :::::::::::;;./ \  ,,..
              ヽ_::::.    ::::::::;;:;;::/ ./ / __
                `i   :::::::::::;;;;;/ / / /__,,
                ヽ_ノ;;;::l:::;;:;// /..-'‐"
                   `´`´ ゞz,/ ヽ__,,.-‐'



    413 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:09:29 ID:ShCu1QbY


             ___
          /)/ノ ' ヽ、\
         / .イ '(●)  .(●)\     秘密にしておいたところが、伝えていたなかったところが
      .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   今後の歴史改変を圧倒的に不利になることも考えられるお。
      .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
      . \ ヽ           /    現に515事件は前々から詳しく伝えてあったら事件を防げたかもしれないお。




           ___
         /   ヽ、_ \
        /(● ) (● ) \
      /:::⌒(__人__)⌒::::: \
      |  l^l^lnー'´       |   でも全部情報を提供したとしてもやる夫たちにはあの人達にはない、
      \ヽ   L        /   絶対的に有利な点があるお。
         ゝ  ノ
       /   /



    414 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:10:23 ID:ShCu1QbY


                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:|
                      /:、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;!
                  〈:;:;:;:;`丶、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;|
                  /三ニ=,、:;``:;:;‐:;:;、_l:;:;:;:;:;:;:;:l
                  ,'ミミミミ{ `` ―- 、:__l:;:; ̄`"l
                 ,'ミミミミシ  ニ三)   `,ニ,┬{
                r‐tミミミミ'′、_ ,. .. 、、   `''" lミl
                |l`ヾミミ' .' ,'t‐rq、`;  , ―-、lミl
                |l{f「lミ .::. `ミ竺シ'  ,' rt::ァyiミ!
                '、入'lミ; : : :.      : | ミ=彡jリ
                  `7トシ .: : ..  ,.イ^'  ヽ   ,'ノ
                 r_jリ!    :.ノ `'`ーr ヘ  /′
                _才八      __,..j_l_ .: /      なんでおじゃるか?
                /:|{「l 丶 .: ' ^l卞ニニシ /
             ,ィ7´:.:lヾl   \:. i  、二ラ´/
           _,. -{トヾ、:.:'、ヽ   丶'、__人ヽ―- 、、
      _,. -‐ '´   '、ヽヽ、:ヽ ヽ、  .:::::::: / |:.:.} } `丶.`丶- 、
    ‐''´    i    丶、 丶:ゝ、_ヽ_:::::_/∠:ノ ,'     `丶、 丶、
          |、    |`丶、         _,.ノ  ヽ、     ヾヽ丶




              ____
            /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\          未来を実際に体験していることだお。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
         |     |r┬-|     |        どんなに説明してもやる夫達の平成世界の
         \      `ー'´     (⌒)       考え方良い点悪い点は理解・納得出来るものではないお。
          >          ノ ~.レ-r┐、
         /          ノ__  | .| | |   だから軍事やその他一般的なことに関しても結局はやる夫達の意見を
          |          〈 ̄   `-Lλ_レレ   反映させないと大局的な判断はいくら秀才でも現実的な形として
          |          ̄`ー┬--‐‐´    未来の予想は難しいお。




         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
          |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
         |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
        /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
        ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
        ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥
       ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|
        ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|
       ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
        ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l   まだ麻呂達には十分な価値が有る、ということでおじゃるか・・・。
         `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i
         ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/   あ、ここで降ろしてほしいでおじゃる。
           ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
           ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
          /i |ノ: : : ヽ: :.        /
          /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
       _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
     ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
    "´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |

    ※麻呂さんは新婚のやる夫達に気を使って本郷駒込に家を借りています。



    415 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:11:03 ID:ShCu1QbY
    スーパー説明タイム入ります。



    <1936年 5月13日 15時20分 大河内研究室>

                    |        ┗━━┷━━┛          ┗━━┷━━┛
                    |      ______  ______  ______
             /|   |    /_____//_____//_____/|
           ../  |   |    || £ △ 〓 ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||llllllllllllllllllll||  |
          /   |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  |  ____
            ||     |   |    || §∇ Ω∧||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[[[[[[[[[[[[[[[[||  l/
            ||     |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  || ̄ ̄| ̄
            ||     |   |__||Α▲⊿凸Å||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[][][][][][][][]||  ||   [|]
            ||[]   | /   .||==========||/||==========||/||==========||/||__|_
            |l     /
            |l   /
            |l /
           /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ./|
         /      /                    / |
       /      /                     /   /
     /       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  /      / ̄ /| γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
              ||____________||/       ./ ̄ ̄]/| ゝ.____ ノ、
                                          / ̄ ̄[il |〈`  ̄ ̄ ̄,´;;;;〉
                                      /      |  ┏:\_,,,,,;;;;;;;/:┓



    416 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:11:27 ID:ShCu1QbY


                 (ヽ三/) ))
             __  ( i)))
            /⌒  ⌒\ \
          /( ●)  (●)\ )
        ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   大河内さん、ジェットエンジンができたって聞いたお!
        |    (⌒)|r┬-|     |
        ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   お、んー、結構でかいお
        | | | |  __ヽ、    /
        レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
        `ー---‐一' ̄




                             _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllllllillllllllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
                     _,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllllllllll゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄       .ll         ̄”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
              lillllllllll゙゙゙゙゙゙ll゙”`                     ll                         ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄llllllllllll
              ll     .ll                       ll                                  ll|
              ll     .ll                       ll                                  llll,,
              ll     .ll                       ll                                  ll|゙゙lll,,、
              ll     .ll                       ll                                  ll|.,,,ll゙°
              ll     .ll                       ll                                  llll゙°
              ll,,,_、   ll                       ll                                _,,lll
              ゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllll!lllllll,,,,,,,,,,,,,,,__                ll                 __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,llllllllllllllllllllllll゙゙゙゙゙゙
                       `”゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,,,,,, ll,,,,,,,,,,,,,,,,llllllllllllllllllllllllllllllllllll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄`



    417 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:12:12 ID:ShCu1QbY


    \\//  / \ \/ /      |
      >  <  \/   \ _,. --─-- |
    //\\/\ /_, '"            |  2700mmあるよ。推力1000kgfのターボジェットエンジンさ。
      // \  _,r'"           |
    >  <   / ,.イl/r' /⌒´       | やらない夫君が行方不明になった時には殆ど完成していたようでね
            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |
          /ト{⌒`´″      l|   三 |  例の指示書といくつかの改善点を麻呂さんから聞いて作ったんだ。
          { }i{             リ  三 |
     \/   ソ -、           三  \__  _____/
     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
            ×  }            ,. '"   } / / /
    \  /        '、         _/    ///  /
      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
    /  \   \/         }  /   /

    ※同時期のドイツ製BMW003エンジンが3500mm、推力800kgfなので結構凄い
     現在の戦闘機で最高クラスの出力を持つF-22のF119エンジンは165kN(16000kgf)


           ____
         /⌒  ー、\
       /( ●)  (●)\     いやー、この間理研の敷地内から爆音がしたけど、
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   こいつのテストだったのかお。
      |     |r┬-/ 'U  |
      \      `ー'´     /    びっくりしたお。



    418 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:12:56 ID:ShCu1QbY


             __
         ,,.r:':"゙"::::゙"゙::'ヽ、_
       _,::'":::::;、 -‐ ‐ 、:::::i:::::゙':、
      r":; ='´     ゙ヽ;::::i::::::::゙:、    いや、驚かせるつもりはなかったんだがね。
      }:{'      ,, --   };:::::i::::::::i
     .l:::! ,._  _,,,r''"´ `'r-、゙;::::f 、::.     あとはこのジェットエンジンを発展させてターボファンエンジン、
      > '"゙ '.ァ'" 、 _.ノ   ,. '!lゝ.i::     ターボシャフトエンジン、ターボプロップエンジンを作れれば当分敵はないだろうね。
      !    ,!  、"´   イ' ll'r .}::.
      `t- '"tヽ`_,,,,,_   lj  : '゙'、     いやはや、やらない夫君の液冷エンジンもそうだけど、このジェットエンジンは
       '、 ,ィlr"''"゙゙丶 ヽ     !  ;     すばらしいよ。
       '、  イ,"´-_`-  〉  ノ ,
        ',  t'''"´,   ' ,. '´ /!
         `、 `´    ,. ' / /      やらない夫君早く帰ってこないかな・・・
           '、, _ ,  '"´ /  /
            ´ ' ァ./   /



           ____
         /ー  ー、\        ・・・きっと帰ってくるお。
       /( ●)  (●)\      そのためにも早速国内で特許を取って海軍と陸軍に売り込みにいくお。
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      |     |r┬-/ '    |     三菱や中島にもサンプルを送ってみるのも良いかもしれないお。
      \      `ー'´     /



    419 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:13:20 ID:ShCu1QbY


    <軸流式ターボジェットエンジン断面図>

                                     / ̄ ̄ ̄\
               _____________/ ┃┃    \__
                ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ ■   ┃┃┃          =3
     空気の流れ→  .┣╋╋╋╋╋╋╋╋╋━━━╋╋╋━━ ←軸   =3 ←高温のガス
                ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ ■  ┃┃┃          =3
                                      ┃┃     __
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ┃┃    /
                                     \___/
                      ↑        ↑      ↑
                    圧縮機     燃焼室   タービン

    より詳しい図は
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Turbojet_operation-axial_flow-en.svg

    動作の流れ
    1.軸を回転させ、圧縮機で空気を大量に吸入する
    2.燃焼室に大量の空気を圧縮して送り込む
    3.燃焼室で高温になった空気に燃料を噴射し、点火しする。
    4.高温の燃焼ガスがタービンに吹きつけられタービンが回転する
    5.軸でつながった圧縮機がより回転し、より多くの空気が吸入される1に戻る。



    420 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:13:59 ID:ShCu1QbY

    <ジェットエンジンの特徴>

    ピストンエンジンと違い始動時に大抵キュイ~んという音がするのがジェット系のエンジンの特徴

    ○メリット
    ・回転運動だけで成り立つエンジンなので振動が少ない
    ・毎分数万回転という超高速回転で動作が可能なため、短時間に大量に空気を吸入することが可能なため
     大きさ、重量に比べて高出力を得られる。
    ・ノッキングの心配が皆無で質の悪い燃料でも利用可能。(現状のジェット燃料は灯油に近い)
    ・エンジン本体に特別な冷却装置は不要
    ・回転軸ぐらいしか潤滑油を使わないので潤滑油の消費が少ない。


    Xデメリット
    ・ピストンエンジン(容積型エンジン)に比べて燃費が悪い
    ・各部が高温・高圧の燃焼ガスにさらされるため、高価な耐熱素材を必要とする。
    ・圧縮機、及びタービンの回転数が非常に高く、慣性力が強いため出力の増減に時間がかかる
    ・タービンから動力を取り出す(ターボシャフト、プロップ、及び発電所など)場合減速装置が必要
    ・吸気・排気の騒音が大きい



    421 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:14:24 ID:ShCu1QbY

    ↓そこそこ大きい音がでます。回覧注意。

    ターボジェット:空気を多段の羽根車で圧縮し、燃料を発火させ、その高温高圧のガスで推力を得る。
             初期のジェットエンジンで使用されたが燃費が良いターボファンエンジンに取って変わられた。
             軸流式と遠心式があり、ターボチャージャーなどは遠心式ターボジェットエンジンに近い。

             遠心式ターボジェット:ttp://www.youtube.com/watch?v=E3lU6z-7WK4
             小型ターボファン?ttp://www.youtube.com/watch?v=c3TUlNzSmj0&feature=related
             小型ターボファン?ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1604915
                                     /ヽ、
                            ======ニニニニ7 ニニニニニニニニ=====
                                     ,' i:|
                   ____ _            !  i:|
                   ,ク´ /`ヽ `ヽ`ー-、_ _        ,'   i:|
                 ,ム- <_  i__ノ,r - - -ニ ー - -、ノ     !
              ,.r::':::::::::;: ' " ヘ > ヽ- - - ' r ‐ 、     ' 、
            ,r:'::::;   ' ´ ヽ               ;  ヽ      ヽ
      ___/  '´     i              ( )  i    - 、 _!_ _
       ___>、       ノ            /  ノ     フー - - ニ ニー -、__r - -/|
      (´     ̄ ` ー - 、_/   <))        ーニ、 r 、\-'         ̄`ー --(    ト、_
      `ー - - - - - - '´" `ー-、 - -、- -┌ 、- -、- ァ_ ィ 、 くo、ヽ              ー - '"
                    └‐┘イニブ/ヽ--ヽ  .レ' ヾ、_ヾj_ハ
                       リ=k'            \| |}
                        i_リ}              ∪

    ※AAはF-104


    ターボファン:ターボジェットエンジンの軸最前部に羽根車を装着し推力の大部分を
            その大型の羽根車から得る方式。高温のガス自体は推力の2割程度である。
             現代のジェット機の大半はこの方式を使用している。

             F-15:http://www.youtube.com/watch?v=WUOnbqP9KzE

                                               「"ユ
                                                  ! |
                                                 i /|
                       ,..-─- 、                    i/{ } |
                     , '"⌒ヽ ,..-\                   ,′  |
                      //__」L.ハ _┌┐〉\              / ._   |
                    ∠二 _三∠〉ニ=-' "´`丶、         ,.∠_  |_
               ,..‐' ´”丶” ¨,..- ' "´二  ̄ __ ̄ r 、`ニ _ー-<_      ̄__ヽ_
             , '´       ヽ ヾ⊃ ‘コL!i┘∨  ヽ )   ` '' ー- ニ ‐- 三_广
         /         _ ,. ,i      ,_______       __ヽ、_______
      ─=(  --.:': :"::´:: :: :: :::ノ   lニ〉/ニ7_ -‐十‐- . ̄= ̄- ̄    _三二===--…
          `ー-= ニ二二ニ ≦-==≡ニ-─-、-…┷‥-     rァ  ̄i\__ :: 二 =--‥
                     ( : : : : : : : :: :: :: :::) 匸コ _,ノ二二トく`ヽ、─-ッ /ノ
                        \ : : : : : : : : ::/   _.⊥._ /ヾ\',  ヽ.-〈‐'"´
                         ` ー-=弋´万>=ヤ†T"_\ヽと、\___」ハ
                              ″_>{リlz! -─十l!¨¨~~¨∥\ヾlハ ,L.ム
                               `!7及 --ァ′  ) ┃ /`lト、{ ハ i
                             r丐Y=¬コ_   /_∠‐'´   ゝ! Vノ
                          { {ム}!     ̄ ̄         `¨´

    ※AAはF-2支援戦闘機



    422 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:14:58 ID:ShCu1QbY


    ターボシャフト:ヘリコプターなどに使われる。ターボジェットの回転軸のエネルギーをプロペラの回転
              として取り出すエンジン。

             ベル412:ttp://www.youtube.com/watch?v=e2ZO1zgw2VY
                                                ,;;;;;;;::''´            |
                                            ,,;;:::'''""          .     |
                                (ニニニ)   ..,,,;;:::''''´´____,,,,,;;;;;--‐‐‐''''''''´´´´´´   ;;,,,_|____ ,,;:::
                __________________________________,,,,,,,;λ γ‐ニ二===-‐''''''´               ":/ヽ,: ''";:::::
     /;;;;;;;;;::::::::===ニニニ‐‐‐‐‐‐‐‐‐三三≡ニ==---τ.][_ζ                          :;;l;;:'´`、|::;;;;;;;::
                              i--'---.]〔コロ‐-;,,,,,,,,__________                ::/   /  ''':::;;
                        _,,:-‐''´´´ ̄.| ̄| ̄ ̄┌‐l"´ ̄ ̄ ̄ ̄`i.              /   ./
                      ,-'"    `、__,,./ |  |    └‐!________________,;|、___________________________/   ,/ ______、
                  ____,.-'"ヤ__,,.. -‐´    __,,.. .-と=‐-ャ        ``丶‐‐‐------::;;;;;;;;;;,,,,,,=ニニ‐'''''''´
                i'´ |    ヽ__,,.. .= '''""~    .|と´ /                 _______________,,,,,,;::|ゝ
               (⌒) ,;==‐''''"´           [二二二]__________    __,,,;:-‐i‐''''´´`        `O
                `´``‐‐‐‐‐‐フヽ二ニ=======--'´⊂ニニ二]  ヽ_|`````´
                     ー‐‐==[ココヽ‐、ヽγ⌒、
                           λ  ノ ゝ__ノ
    ※AAはAH-64アパッチ



    ターボプロップ:ターボシャフトと同じく、プロペラの回転としてエネルギーを取り出すが、こちらは飛行機向け。
              
              YS-11:ttp://www.youtube.com/watch?v=pnErKsZxAls
              P-3C:ttp://www.youtube.com/watch?v=QJjz-rF9jpM&feature=related

             r:´`ヽ                 .i´~`ヽ    ,'i,ミ
             ! :.  .`、               i ´⌒)"ゝ-‐'、;,;;; ,,
             .! .:    :ゝ 、、           ,r;;;"、´,,_,,;: ‐";; ;~; ,,,,,,,,,i;;;;;;i;;--,,,、、、
             ! ;    .: ,,,,,,,,,,,`',,,,,,::::::..- д.......--!‐‐‐‐‐`'''''''''''~~~~ ':,       f'';iへ,,,
     c;;;;;;;;;;;;;;'''''''''´''''''''''~~~~                        。  ;;   o ,;:::''''''"""/`)
          `゙'ゝ、、i ;''´/     __゜゜(⌒)o,,,,,,---‐‐‐ ;;;;;;;o;;:::;;,, ''''''';;'('i/;,、"",,,,,,,,,........-‐''"
              .!-´`` ''''''‐‐ --   :、、.,,,,,........、´´´     ,, ‐`""´~`)',|,|/)ミ
          -‐- 、                   `ヽゝ"´ ´,, ` ‐"´´~`)´,ゝ
      ,/⌒    ⌒ヽ、                   ヽゝ"´ ´`ヽ,;- ''"ヽi,
     /  / ,/ ヽ ヽ⌒ヽ                    \ ´⌒).ヽ   ';;彡
     i' ⌒,i'⌒ ,i'⌒,i''⌒,i'⌒`l'                     .ゝ__ -‐`
     ヽ~゙~ヽ~゙゙l""゙'ll''''/゙""/"
      \ \i!  i' / /
        ヽヾ l  l'/ /
         \l|'//
          .i.!!i
          i´`i
          | .|
          | .|
          | .|
          | .|
    ※AAはP-3C



    423 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:15:35 ID:ShCu1QbY


          l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
          l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_     特に大変だったのがタービンブレードの製造でおじゃる。
         lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
          l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//     平成では1300度以上の高温に耐えられるよう
    _∧,、_∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/_   ブレードの表面に穴をあけてそこから高圧空気を噴出させて
     ̄'`'` ̄ 1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/  ̄ ̄  ブレード自体に空気の膜を作って冷却していたでおじゃる。
            ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′
           ゝ、  / :.  :r-、        彡′
         / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
    _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
    ´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、




          /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
           ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
          i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
         /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
        { ( _',::::::::::/          "" |/
        ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i
         ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
         ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i   この穴をあける工程はレーザーを使っていたと効く故、
         ノ,.-| i::i          |   i    こちらの世界ではまだ手が届かなかったでおじゃる。
    .       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
           /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /    よって燃焼ガスの温度は1000度程度が今の限界でおじゃるな。
    .      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
         / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ      それでも1枚70円~80円もする故、金よりも高くなっているでおじゃる。
       ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
      (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
    ''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー

    タービンブレード参考写真:ttp://ec.europa.eu/research/transport/projects/article_3673_en.html

    ※現在のタービンブレードは機種にもよるが1枚あたり70万円~200万円する。ブレード全て交換するとエンジン
      1台で1億以上する事も。

    ※やらない夫が前にターボチャージャーに使っていたインコネルは最大1000度程度までは耐えられる。
      初期のエンジンは700度程度までしかタービンブレードがもたなかったため出力に限界があった。




         ____
       /      \
      /         \
    /           \
    |     \   ,_   |    たしかに、レーザー自体は出力できても、それをコントロールするNCが
    /  u  ∩ノ ⊃―)/    できてないんだから宝の持ち腐れだお。
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |     ここはやる夫の守備範囲だからなんとか頑張ってみるお。
      \ /___ /

    参考:NHK 危機と闘う テクノクライシス 第3回 「しのびよる破壊 航空機エンジン」
        講談社 エンジンのABC



    424 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:16:14 ID:ShCu1QbY

    <1936年 8月12日 0時05分 やる夫のアパート>

      TTTTTTTTTTTTTTT\        l.TTTTTTTTTTTTTTTTT
      . | | | | | | | | | | | | | | | | l.\____ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      .「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙| | | l.\  _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\!.| | | l.\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |   __       \!.| | | l.\              __
         |  f_f]   <二二>   \!.| | | l.\           f_f]   <二二>
         |  .___. ____    \!.| | | l.\         .___. ___
         |  「|「|「|「| || __ .||     '\!.| | | l.\.     「|「|「|「| || __ .||
         |  |」|」|」|」゙[| |_| ||        \!.| | | l.\.     |」|」|」|」゙[| |_| ||
         |    ̄ ̄~ || __ |]||           '\!.| | | l.\       || __ |]||
         |        [| |=| ||              \!.| | |゙.|        .[| |=| ||
       /|、_____|| |_| ||,__________\!.|゙.|_____|| |_| ||__
      /          ~ ̄ ̄ ̄                .\|        ~ ̄ ̄ ̄
      !二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二



    425 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:17:19 ID:ShCu1QbY


             /   前畑リード、前畑リードして居ります、前畑リード、前畑がんばれ!
       ___/   前畑がんばれ、リード、リード、あと五米、あと五米、あと四米、三米、二米、
      [●|圖|●]   あッ、前畑リード、勝つた!勝つた!勝つた、勝つた!勝つた!勝つた!前畑勝つた!


    ※前畑秀子:ベルリンオリンピックの200m平泳ぎに出場し、日本人女性として五輪史上初めてとなる金メダルを獲得。
            当時この実況中継に興奮しすぎてショック死する人間がいた。
    参考:ttp://www.youtube.com/watch?v=7GgWI1i5kj8



            ___
          /      \
       /          \
      /   ⌒   ⌒   \   おーっ!前畑さん金メダルかお!
      |  /// (__人__) ///   |
    . (⌒)              (⌒)
    ./ i\            /i ヽ




    427 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:17:55 ID:ShCu1QbY


      |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
      ヽ   l /  /         \ ヽ   /
       ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
       ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
         Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
         | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
         | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l    やる夫、もう寝るですよ。
         |、ヽ.:.:ヽィ�編�ミ    ィ�編・�.:.:.:|::.::l    あんまり煩いとやるおが起きちゃうですぅ。
         | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',    
        /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、  明日は地区の防空演習の説明会が有るです。
        /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ   寝坊したら近所の人に怒られるです!
        /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:' ,
      /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
     /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
    /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
    .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
    .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十</ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
    :.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..

    ※防空演習:1928年の8月から大阪で始まった空襲などに対する軍民共同の大規模演習のこと。
            東京では33年年に始まったが、全国津々浦々まで広がるのは1936年末頃である。
             内容は焼夷弾が投下された場合の火の消し方や灯火管制、毒ガスに対応する方法などである。
            ただ実際問題として当時の国民の間では帝国が攻撃を受けることはほとんど感覚として無かった。


              ____
            /⌒  ⌒\             ああ、ごめんだお。
          /( ●)  (●)\
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         でもこれが日本人女子初めての金メダルなんだから
         |     |r┬-|     |          明日理研にいったらこの話題で持ちきりなんだお。
         \      `ー'´     (⌒)
          >          ノ ~.レ-r┐、      それに日本人男性が女性を見る目も変わるだろうから
         /          ノ__  | .| | |      翠星石ももっと喜んでいいお。
          |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
          |          ̄`ー┬--‐‐´




    429 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:18:47 ID:ShCu1QbY


                r ―――――-- 、
            ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
           //__, ィ―――、――、   \ヽ、
         ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
         / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
          /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
        /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
        ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
        .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
        ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
        |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
        | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|        そうですかぁ?
        | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
        | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
        ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
       /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
     /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
    / : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ




            ___
          /      \
       /          \   そうだお。
      /   ⌒   ⌒   \
      |  /// (__人__) ///   |
      \              /



    430 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:19:31 ID:ShCu1QbY


           ____
         /⌒  ⌒\
       /( >)  (<)\   ・・・じゃあ早速やる夫も翠星石で水泳させてほしいお。
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |    /| | | | |     |
      \  (、`ー―'´,    /




          ヽ,ク .: .:,    .:.:.:.:.:.:.`ヽ、
         / ,/.:/  .:.:::::: ||、 .::::::::ヽニヽ
         // .||./  .:.:.:::::〃/.|.:::ヽ. ::::::`、/
    .    // .:::!!.:. .:.:.::::::イ./.::ハト、.:::', .::::::|.::',
       // .:::::リ.::'´ ̄フ //.::/ ̄``v| .::::::|::::',
        |:ハ .:::::.', 、r.‐、"//,.r.‐、-,リ .::::/|::::::
        |:! .ト、.:::::ヽ 辷ノ    辷ノノ/ .::/.リ:::::::
        ゛ {| .ヽ、、_""" '   """ /.:イ .リ:::::::::  ・ ・ ・
    .     {|米j|、::::、  r-__っ  ノノ   リ.::::::|:::
    .     {|  j| `> '` ー-- ‐ ´ノ 米 イ|:::::::|:::
          {| jレ'米 儿>介ノ.米 /|::::!:::::::!:::
          `、<_ノノッ ´/ ,.-'´ .|.|::::|:::::::|::::
                 /:/ '´,--v-ュ、 !:::::::!::::
               // Y´/´.::::::::::::..\\::::::!::::
            //. j|〃.:::::::::::::::::::::..\\!::::



    431 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:19:48 ID:ShCu1QbY


                         _ ... _,r─x.... _
               γ"; ; ; ; ; _____; ; ̄;`ヽ
              γ"; ; ; :.:´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:ー.、; ; `ヽ、、
             .イ; ;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ; ;∨ヘ
            _/ }.:′.:.:.:.:.:/.:.:.:/ .:.:.: /:∧:.:.:.八; ; '. \
            \ /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.∨:.:.:.ハ; ; !  /
            У:.:.: /:/:.:.:.://:.: /:./∧:.:.:.:.:Ⅵ.:.:.:!; ;レイ
              //.:.:./:/\ //!/:./://:.:∧:.:/:.}:.:.:i; ;ノ:.:.|
           //:!:.: |:.!:.:/:/`トl、/ /厶斗<:.:.:./.:.:.;' ノ.:.:.:i        ちょ、なんでそうなるですか!
           .:.:.从.:.:| Ⅳイん圷j//' ィ芹ハ`Y;′:/ 从:.:. ト、
         /:.:.:.:.:.:Ⅵ:八 戈゙:り′   戈゚:り 从: :イノ.:.i.:.:.:.i.:.ヾ、     だめです!明日は早いです!
          /.:.:.:.:.:人:\:.:.:ヾ、     ’     イ/// |ノ.:.:.l:.:.:.:l.:.:ヘ \
        .:.′:.:.:.ソ; ; Yへ.:入 u {⌒ ⌒j  彡イ/; ; j: :|:.:l:.:.:.:l.:.:.:.ヘ 丶  というかその冗談のセンスどうにかするですぅ!
      /.:.:.:.:.:.ノ/  ̄ ̄`ヽ >  ⌒   </(.; ;. ;}.:.|:.:|:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヘ.  \
    /:.:.:.:.:.:ノ/: : : : :/⌒).: :Y⌒Y≧≦ー-、  ); ; j∨:∧:.:.:.';.:.:.:.:.: ヽ.   \
    :.:.:. イ:.:.:{: : : <⌒/_.:ソ入ノ  }/小ヽ__ソ  ( ; ;{: :V:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.: \   \
    ./ /:i:.i:.У:./:/(( _r'⌒    ノ八ヘ,}{ヘ    }; ;.{: : :ヽ:.:.:. \:. \.:.:.:.:.: \
    .; ; {:.:|.:|/: :/:/)) j´    ヽ  Ⅵ ヘ }{.ヘ   {; ;.}し: : :\、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    ; ; ;.Ⅵ小: :{ {))Y Y   !  }   V } i|}{ ヘ   } ;.{て: : : `ー===ュ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ; ; ; ; ヽ:| ヽ{ {ヘ::| |  |  У  } } ||}{しヘ  } ;.{て: : : : : : : : ー\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ',.; ; ; ; ;ヽ:.:.:`Y:.入 __.ィ¬Y   ノ__Yイ氷ト、__X く: : : : : : : : : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.
    :乂; ; _;__У:/:.'; : :)つ⌒Y入_人:i:i:i:i:i:i≫≪i:i:i:i:|(; ;{ : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.
    :.:.://:.:.:/:.:.:.Ⅵ: : : : : : : : : : : }:i:i:i:i:i:≫≪i:i:i:i:|( ; ;`Y: : : : : : : : : : : : : : \:.:.:.:.
    // :.:.: /.:.:/jト、ヽ、: : : : : : : : Ⅵ:i:i:i:≧≦:i:i:人ハ; ;. ;`ー 、: : : : : : : : : : : : : : : : :
    /:.:.:.:.:/:.:./: : :}}:|: :`ヾ、: : : : : : :.| :`` <>"´: /.ハ.; ;. ; ; ;.Y : : : : : : : : : : : : :



    432 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:20:05 ID:ShCu1QbY


    <1936年 10月02日 20時00分 やる夫のアパート>

      TTTTTTTTTTTTTTT\        l.TTTTTTTTTTTTTTTTT
      . | | | | | | | | | | | | | | | | l.\____ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      .「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙| | | l.\  _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\!.| | | l.\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |   __       \!.| | | l.\              __
         |  f_f]   <二二>   \!.| | | l.\           f_f]   <二二>
         |  .___. ____    \!.| | | l.\         .___. ___
         |  「|「|「|「| || __ .||     '\!.| | | l.\.     「|「|「|「| || __ .||
         |  |」|」|」|」゙[| |_| ||        \!.| | | l.\.     |」|」|」|」゙[| |_| ||
         |    ̄ ̄~ || __ |]||           '\!.| | | l.\       || __ |]||
         |        [| |=| ||              \!.| | |゙.|        .[| |=| ||
       /|、_____|| |_| ||,__________\!.|゙.|_____|| |_| ||__
      /          ~ ̄ ̄ ̄                .\|        ~ ̄ ̄ ̄
      !二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二



    433 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:20:28 ID:ShCu1QbY


          / ̄ ̄ ̄ \
        //     \\
       /  ( ≡)   ( ≡) \
       | ///  (__人__) /// |
        \__ `ー ' ___/
       /    ヾ、 //  \ ヽフ
       ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
      i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
      |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
      ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
        ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
           (__ノ
                        ┏━━━━━━━
                        ┃
    燃えあがーれー ガンダムー>






                , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
            ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
          r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
         | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
          Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
         ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
         /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
        l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
        {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
        .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
         人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
          ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
          ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |   も~、帰ってきたと思ったら早速TVですか!
        / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
        ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
       /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
      /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
    ::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
    { /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |



    434 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:21:00 ID:ShCu1QbY


             ____
            /      \
          /  ⌒  ⌒  \        いやいや、パパ達が未来から持ってきた映像が
        /   (⌒) (⌒)   \l⌒l    初めてこの世界でも幅広く放送されるんだお。
         |      (__人__)     |`''|
        \     ` ⌒´    _/ /     これはみないわけにはいかないお。
                       /      やるおもTVみたいお?




                     、 ノ 、
                    G / (● ●)ヽ
                      、ヽ(_人_)*ノ  みたいおー!
                  ∨ ‘ー’ .○
    .                 |      |
                    .し    J

    ※やるおは1933年1月生まれ満3歳



    435 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:21:20 ID:ShCu1QbY

           ____
         /_ノ   ヽ_\
       /( ●)( ●)\     音楽やらは未来の曲を絶賛オンエア中だから今度はTVだお。
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |     (  (      |    白黒だからカラーになったらまた再放送すればいいしまた随分楽しめそうだお。
      \     `ー'      /




                  ●




                  ●




                  ●



    436 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:22:11 ID:ShCu1QbY


            ____
          /      \
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \
       |       (__人__)    |   ところで翠星石、病院勤務の方は順調かお?
        \      `_⌒ ´  /
    .    ノ    / )ヽ   く    確か外科だったお?
       (  \ /__ノi ) , )
    .   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
         \_/    \




            _,,r―:;;;;;;;:::====- 、...__
         _,r'''"; ; ; ,r''" /        ゙``ヽ., - ―‐- 、
    .   ,;;'´: : : : : :.:/ /    ./   ヽ.   ゙ヽ    ヽ
    . ,/ /: ; ; : : : ;;| ../ /   /     i ト ヽ  ヽ    |
    .く; ;;/; ; : ; ; ; : ;:|/ ./ /./ ,: /  ./,| ji | ゙、 l.!    l
     ヽ/; ; ; ; ; ; : : :| .;' / / / /   ,/ //:| | ゙i゙i |   /
     /,!'; ; ; |; ; ; ; : :| .;' ./ / ;' /______,, !_| | | | || |/
    /  ;!; ; ; |; ; ; ;; :||i.| / .;' l .;'/...::/、.゙`/ ,r‐''!| || '
     /|; ; ; ; |; ; ; ; ;;||./| | ;' / r''´i|!^ii-/  ,;ニ.,!/ i|
    / | ; ; ; |; ; ; ;;; ;;||  | ;!.//  ヽ.ゝノ    iij.| ;' .|
      |;; ; ; ;|; ; ; ;;; ;;|| ゙i|//`  ゙゙゙゙      ゙i | | :|      女医が少ないから少し浮いてるです・・・。
      |;; ; ; |: : : : : :|\ \_         ´.| |  |
      .|; ; ; ;|; ; ; ; : ::||ヽ  ̄       ー‐.  ハ  ||      代わりに産婦人科に転向しないかとか言われてるですよ。
     /|;; ;; ; |; ; ; ; ; ; ;|.| ゙ 、            /i_l」:゙V,!
    / |; ; ; |; ; ;; ; ; ;|ノ  ゙iヽ、._     / i |iヽi::゙、     それも良いですけど、やる夫から随分前にもらった医学関係の教科書に
      | ;; ; ;|; ; ; ;; ; ;|\  .゙i;;;;;;;;;;|` ー', , {{〈、r┘::::::::\、  書かれている事を実践して一人でも多く人を助けたいですぅ・・・。
     /| ; ; ;;|; ; ;; ; ;; ;{  \  ゙;;;;;;|ヽ/ //  }}/、フ:::::::::ヾ、
    / /| ; ; ;;|; ; ; ; ; ;!フ   \、ノ;;゙、/,nヽ、    !V|∧:::ヾ



    437 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:22:39 ID:ShCu1QbY


            /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
          /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
        /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
      / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
    /  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
    ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
        |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
        .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
        l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
       l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
       .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
       l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
      l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|   ただ新しい術式は試験が済んでいないと実際に行動できないです・・・
      l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l
     l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l  安全を考えれば確かにそうですけど、派閥とかも色々五月蝿いですぅ・・・。
    . l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
    .l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
    l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l




                           _ ..   ―--  ..
                        .   ´>  ¨ ̄ ̄ 二ミ\
                        /  /  __ . -‐: : : : : : : > 、
                     /  /   /: : : : : : : : : : : :ヽ : : : \
                      /  /   / : : : : : : : : : : : : : :. : : : : :\
                       /  }  /: : : : : : : :| : : : : : :_l:}:_: : : ヽ:.ヽ
                   /   {  ': : : : : : : : : j: : : : :| : : }八:丶: : !} :}
                     〈    }  {: : : : : i: : : :7¨`:〃}: : /ィZミ : : : リ丿
                        \  、  : : : : /: : /}// /:/マ/ノ }: /: }
                         \ :.  Ⅵ: : :. : 心'/1`/   ,, /イ//  そのかわり北里研究所は設備が揃ってて
                          }|`:ヽ   \ : 〈`ゞ=',,     `   八{    結構ー思い切ったことができるです。
                          l|: : : \  \:>    r フ /   }
                      j|: : : : : :\    ヽ... __/|  ヽ
                        .: : : : : : :/\     \==ミ、      \
                     / : : : : /-   \     ヾx、〃八      \
                    /: : : : / -―ミ   ヽ.    ∨《 〈∧     `
                   /: : : : : : {/     \  :.     ∨ヾ、}V\       丶、
    -―   、      /: : : : : : : : :}{        \ }      }  ヽ',∨ ヽ  、     \
    : : : : : : : : : ー=ニ二´: :- : : : : : : /∧      ーミ/     |  レ} }    :. \     \
    : : :-‐: : : : : : : : : : : : : : : : / :_/ノ ヽ        /      .|  _ノ }    '   \     ヽ



    438 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:23:08 ID:ShCu1QbY


             / 、,r'" ‐ ij ‐__,r======= 、__ - i -ヘ.\
    .       /   /  ,r;=':/      }  ヽ⌒`= 、  ',  \
         /    / ,rァ''´ .:/     . .: ,::   }  ..  ヽ、ヘ   \
        \    .{彡' . .:/::    .: .::./: /:: / /:  ヽ..  ヽ{    ヽ
         丶、 /  .: ::/::   .:: .:::/::,/:::::,/:.ハ::::.. :ヽ:.  ヽ  /
            7 .:: ::.:::i丶、 .:::::::;ィ:: ィ:::::イ::/ ヽ、-‐:::i:::.  : ',/
            ' .::: :::::::!:::...:::>くノ'´///:/-‐'´ヽ\:::}::::. ::|
    .        i :::::..:::、:::|「 辷オミ、ノ'´ ,.', ' 彳辷オTハ}:::::. .::|
           ハ:::::::::::、:、 弋‐' ノ  /´  弋ー'ノ /::::::::::/イ   今は野口先生と白血病患者に骨髄移植をする計画をしているですよ。
            } 八:::、:::::::、、` ̄           ` ̄ /::::::::ィ/|
           // i{\i\::::ヽ       }      ∠ - '´ j}. |   やる夫の世界では専門の骨髄銀行があるって聞くですけど、
          // i{  ` _ 「``、   ゝ.二.ア    ィ i  j「 |   じきにこっちでも再現したいですぅ。
          //  .}i ‐ i 、 |:::::ii:`丶、      ィ::::j{ 水 ji::::  |
          //  .::ヽ   |:::::ii:::::ii::」` ー‐ ´L_::|::r┴ュ_ j}:::::  、
          //  .:::;r;ヘ   |-一''"´ゝ.    ノ' `ゝ<  ヽァZユ 、
    .    //  .//ゝ、 、|   _ -‐‐\∠....r'´ヽ   ヽ ヽ一'\ 、
    .    // ./ / 「 ハ ニ|- '´_ - 'フ:水く_「ヽ  ヽ    }ァ|   ',、
       // ./ /  〉 i八 '|- '´ /::/r'゙|::トi       ノ}|


    ※白血病:骨髄では毎日千億個以上の血球が作り出されており、血球は人体に欠かせない働きをしている
           赤血球・・・酸素を運び二酸化炭素を受け取る「ガス交換」の働きをする
           白血球・・・体内に侵入してきた異物を攻撃する「防御」の働きをする
           血小板・・・傷口からの出血を止める「止血」の働きをする

           白血病を発症すると血液中の白血球が異常増殖し、赤血球や血小板が激減する。
           増殖した白血球もがん化しているため正常な働きはしない。結果生物としての
           維持機能が低下することになる。「体がダルイ」「顔色が悪い」「血が止まらない」などが
           最初の自覚症状。

    ※骨髄バンク:74年にイギリスからはじまった。89年に東海骨髄バンク、91年に立て続けに九州骨髄バンク
             北海道骨髄バンクが設置される。白血病治療のための骨髄移植を行うためには骨髄提供者と
             患者同士の白血球の型の一致が必要で、移植の際にはこのHLA型が一致した骨髄提供者を
             探すのがネックとなる。兄弟姉妹間では4人に1人、他人同士では500人から1万人に一人という
             厄介なシロモノであり、この型の検索のために骨髄バンクは設置された。



    439 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:23:37 ID:ShCu1QbY


             ___
            /     \
          / \ , , /  \
        /  (●)  (●)   \
         |     (__人__)     |    同感だお。医療関係の資料は出せるのは全部だしてるから
        \     ` ⌒ ´    ,/    そいつをつかって徹底的に医療レベルの底上げを図るお。
         ノ          \
      ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
     ( l  l  l  l l
      ヽ      /




            ____
           /      \
         / ⌒    ⌒ \
        /   (●)  (●)  \   でもやっぱり今後のことを考えると国内トップの東大付属第一病院でも
        |      (__人__)     |   ある程度地位を得る必要があるんじゃないかお?
         \     ` n´   ,/
        /     | |    \    つまり北里研究所でだけでなく第一病院でも実績をあげる必要があるお。
    ..         ノ .ュ
             { ..ニj
            . | "ツ



    440 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:24:25 ID:ShCu1QbY


        /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
       /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
      /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
      /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
    `.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
     |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
     |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
     l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
    .  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
       \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl      スゲー量の教科書でまだ全部読んでないですけど
       |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl     今後役に立ちそうな治療法ってあったりするですか?
       |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
    .  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,   なるべくこの時代でも使えそうなのが良いですぅ。
      l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
     /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
    /: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
    : : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
    : : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
    : : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : :



           ___
         /(●)^ ヽ\
        /  (_  (●) \     ん、そうだお、この間VHS化した番組に患者自身の細胞を使った細胞治療の
       /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ   やり方が映ってたお。チラ見だけだったから折角だし一緒に観るお。
       i     ヾ⌒ノ     ノ
       \   ー     /



    441 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:24:58 ID:ShCu1QbY

             \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
              ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
                /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
    .           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
    .           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
                ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
              /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
    .      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!   細胞治療?なんだかすごそうですぅ!
         /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
    .   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
       l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
      r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
      |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
    />にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
    丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l



    442 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:25:20 ID:ShCu1QbY


    <細胞治療の対象と仕組み(再生治療の一種)>

    対象例:
    動脈硬化や糖尿病などは掛かると体組織の末端まで正常に血液が流れなって
    次第に体組織が壊疽して、切断しなければならなくなる事がある。
    一度、毛細血管が壊れてしまうと自力で再生するのは難しいため
    従来はそれ以上壊死するのを防ぐため切断する方法が主体だった。
    (現代でも400万人が同種の症例に悩まされている。)


    1.患者本人腰の骨から骨髄液を抽出し、骨髄幹細胞を摂取する。

                l||    ____.
                   /     \
                ../    _ノ  .ヘ  ぬ、抜かれちゃうお!
               /   o゚((>)) ((<゚o l|l
               |     (__人__)' i
               .\      !_ノ/ / ̄ ̄\
               。 .>     < /      .ヽ
                l|| .i u      i |     ::::::::::l
               /´ソ  ,     イ、|     ::::::::::l (こんなんで再登場か・・・不謹慎すぎるだろjk)
            _/  /  ∧ u   | .| u  .::::::::::l
          /´    ノ  ,//     ヽ {  ....::::::::::::/
          ゝ___<く r''/   ヽ,,♂ . ヽゝ ::::::::::::/
            /⌒ー'´ J /´ ` /´~   ::::::::::ヽ  。
        (( r''"        , ヘ u  / u    ::::u::::::ヽ
          `-―――---"   \/   /    ,/::::::i
                   /⌒    /   /、  .::ノ
                   ゝ__/




    2.血管が壊れている患部に骨髄幹細胞を注入する。


                          ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                           ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                            vymyvwymyvymyvy、
                          MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、  腰骨からきますた
                       Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
        腰骨かららきすた    ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                 __,.ヘ /ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ   腰骨からきますた
        /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
      . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
      |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
       \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
       /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\




    3.患部に幹細胞が到達すると、「ここに血管を作れ」という血管新生因子をだす。
             ___
           /      \
          /  ─   ─ \
        /    (●) (●) \  ここらへんに血管作ったら良さそうだお
        .|      (__人__)   |    __
         \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
        (⌒      /     /     /
        i\  \ ,(つ     /   ⊂)
        |  \   y(つ__./,__⊆)
        |   ヽ_ノ    |
        |           |_
         ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
         と_______ノ_ノ




    4.患部に毛細血管が作り出され、血液が正常に流れるようになる。

                                       o     ,.'⌒ヽ、
                                          _ノ⌒´     )
                                         (_       〈
                                         .`ヽ、__    !
                          ,.-''"i"⌒) 彡          `"'ー'"
               ザッ        /   ヽ、_イ
                        < ,. -、   /   o .
                __            ,へ/  /.
    ::       /- - \      // `"'ー-'   ザッ        o
          / (● ●)\  //
          (   (_人_)  )//7'ヽ.    ,. -‐- 、.         .
           くヽr'::ヽ‐-‐'´:/⌒ヽ'"´ /  /
    ⌒ヽ,     \\::::::::::::〈   〈___,/ /            ⌒`"'ー'
      ⌒`"'ー'⌒く:\\:::::::::::'r-'" 彡  i              ⌒ ⌒   ,.'⌒ ヽ、
          ⊂[[二二\\二> 、   ,'   ,.    .'⌒ ⌒
    ヽ     ⌒//:::::`T\\\  ヽ /     ______.     ,.'⌒ ヽ、 ___/ ̄`⌒ヽ
          rく::::::::::::::::::::::::::\\〉、  i    ,'"  ヽ    ⌒  `"   ⌒``"⌒" ___

    参考:NHK  クローズアップ現代 “自分の細胞”で病気を治せ ~再生医療最前線~ 2008年6月



    444 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:27:07 ID:ShCu1QbY


           ____
         /_ノ  ヽ_\      遺伝子関係の知識が必要になってくる万能細胞の研究は手がとどかないけど
       /。(⌒) (⌒)。\    本来人間自身がもっている治癒力を最大に引き出せるわけだから安全性も高そうだお。
      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  
      |     ヽr┬-/     |   それに骨髄液を吸いだしてまた体内に入れるだけで肝硬変にも対応できるってのもすごいお!
      \      `ー'´     /




                       _ ......... __
                   ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
                 / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
                / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
              /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
             く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
               ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′  うー、こいつはスゲーですよ!
                 /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
                /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!     患者自身の骨髄液を抽出して患部に注射するだけで
               /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }    治るなんてとんでも無いことですぅ。
              /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
             /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
            /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
    .      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
        , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
    .  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
     , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
    ,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´

    ※仕組みは単純ですが細胞治療は現代でも最先端の治療の一つです。



    445 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:27:39 ID:ShCu1QbY


           ____
         /⌒  ⌒\        骨髄バンクを作ろうとしていたなら、まずは骨髄の凄さを
        /( ●)  (●)\       世間に広めることをすればいいと思うお。
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      |     |r┬-|     |     早速森先生経由で東大医学部での臨床試験をやってもらう様にしてみて
      \      `ー'´     /     もらうと良いと思うお。




          ____
        /  ⌒  ^\       
       /  ( ●)  (●)      来週東大で講義する時にやる夫も森先生つれて研究の打診しにいくお。
     /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    
     |       |r┬-|   |     たとえ白血病治療がうまくできなくても、早く研究に着手出来れば
     \        `ー'´  /     それだけ未来では早く救える人間が多くなるお。




                    __,. -――- 、、_
                   ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
                  〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
                 /{ノ         ) ヽ、ぃ
                ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
                \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
                 | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ
                 从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、    これが出来れば・・・沢山の人を救えるですぅ!
                 / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
                 / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
              __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
           , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
          / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
        ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
       / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
      / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
     l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ l



    446 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:27:55 ID:ShCu1QbY


    <1936年 10月15日 10時00分 東京帝国大学医学部 病理学教室>

                             / ○ \        ‐―  ○ - ‐
                            /.へ/:\へ.\         , ' ヽ
                           / へ|l||l_^_l||l|へ \         ,    ヾ
          (´( ⌒ ⌒ )     /||.へ|_._|l|/\|l|_._|.へ||\    , '
                      ||  |田|.|田田|.|田|  ||
                      ||  |田|.|田田|.|田|  ||   (´( ⌒ ⌒ )
                      || [_[_〈___〉_]_] ||
        /二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\
      /三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\
      二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
      三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
       |田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
      ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ]   |田田| |田田|   [ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
       |田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
      ;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
      ────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
       ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄



    447 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:28:16 ID:ShCu1QbY


       ∩___∩
       | ノ      ヽ
      /  ●   ● |
      |    ( _●_)  ミ     貴方があの有名なやる夫さんですか!
     彡、   |∪|  、`\
    / __  ヽノ /´>  )
    (___)   / (_/    ノーベル賞受賞級の天才科学者と、
     |       /         噂は伺ってます。
     |  /\ \
     | /    )  )
     ∪    (  \
           \_)




                   ____
                 /      \
               /   ⌒   ⌒\     ちょっとくすぐったいけど、そうですお。
              /   ( ●) ( ●)ヽ
                l      ⌒(__人__)⌒ |    で、こっちが第一病院で勤務をしている妻の翠星石ですお。
              \      (  (   /
              /      `ー'   ヽ



    448 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:28:38 ID:ShCu1QbY


       ∩___∩
       | ノ       ヽ
      / ●   ●  |
      |   ( _●_)   ミ    初めまして。市川厚一と申します。
     彡、   |∪|  、`\
    / __ ヽノ  /´>  )  しかし女医さんとは相当頑張ったんですね。
    (___)   / (_/   帝大卒ですら女学生はかなり珍しいんですよ。
     |       /
     |  /\ \
     | /    )  )
     ∪    (  \
           \_)
      市川厚一:病理学者




                        ___
                   , 二¨-―-- 、`丶、
                   /_ ..-――-.. 、十ヽ\
                //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
                   〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
               l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
                {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
    .           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
               〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
               ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
               /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i   ありがとうですぅ。
                l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
               // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
                 //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
    .        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
         , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
       /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
       ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
        \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
                /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、



    449 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:29:09 ID:ShCu1QbY

       ∩___∩
       | ノ      ヽ
      /  ●   ● |            それで、お二方は北里研究所で研究をなさっていると伺っていますが
      |    ( _●_)  ミ           今回の話は具体的にどのような事なのでしょうか?
     彡、   |∪|  、`/⌒ ̄二⊃
    / __  ヽノ /´/   /(       私は上からざっくり経歴ぐらいしか聞いていないのでよくわからないのですが・・・
    (___)   / (   __\
     |       /   \ \\\ヽ     森先生が一緒に居られるということは相当な事だと考えますが・・・
     |  /\ \    \ \ ヽ ヽヽ
     | /    )  )      \) ヽ ヽ ヽ
     ∪    (  \         \))
           \_)

    ※北里研究所は帝国大学のやり方に反発して出来た研究所とも言えるので本当は結構仲が悪い。




    .        ,. '       ` '  、
          /__               \
           / し′               厶
    .     l              /: : ',
    .      /          __,.       /:::::::::l
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/   私から説明しましょう。
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l    確か市川さんは人工的にガンを作りだすことに成功していますよね?
          l  `¨/  `¨ ´    / /ノ/
          ∨  ヽ       / 、_ィ′
    .        ∨  ____   / ./ .レ′
           ',  `ー--―′  /  l
    .        ',  `¨     //. L_
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-



    450 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:30:02 ID:ShCu1QbY


         ∩___∩
         | ノ      ヽ
        /⌒) ●   ● |      ええ、もう退官してらっしゃいますが大正期に
       / /   ( _●_)  ミ      山極勝三郎(やまぎわかつさぶろう)先生と一緒に
      .(  ヽ  |∪|  、\     人工的にウサギの耳にガンを作り出すことに成功しています。
       \    ヽノ /´>  )
        /      / (_/
       / /⌒ヽ  ⌒ヽ
       (     )    )

    ※史実ではこの時代市川さんは北海道帝国大学の教授ですが、
      上司である山極勝三郎さんがストレプトマイシンで結核治療に成功し存命したため
      引き続き東京帝大で教鞭をとっています。

    ※当時ガンの発生メカニズムは1913年にデンマークのフィビガーによって発表された
     寄生虫説が有力で26年にノーベル賞も受賞したが、実は誤りでそれは受賞から26年後に判明した。
     山極勝三郎はタールによる発がん性の研究で1915年に実際に人工ガンを成していて
     26年のフィビガーのノーベル賞受賞の際にも最後まで山極氏は選考に残っていた。



    451 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:30:27 ID:ShCu1QbY


    .        ,. '       ` '  、
          /__               \
           / し′               厶
    .     l              /: : ',
    .      /          __,.       /:::::::::l
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/   今回伺ったのは血液の癌の一種である、白血病の治療法の
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l    研究と再生治療を共同研究したく伺ったんです。
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l
          l  `¨/  `¨ ´ U  / /ノ/
          ∨  ヽ       / 、_ィ′
    .        ∨  ____   / ./ .レ′
           ',  `ー--―′  /  l
    .        ',  `¨     //. L_
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-




         ┏┓      ┏┓
         ┃┗━━━┛┃
         ┃ ●    ● ┃
       ┏┛   ┃●┃ ┃     白血病ですか!
       ┃     ┣┫   ┗━┓
       ┃     ┗┛ ┏━┓┃  う~ん、いきなりの難問ですね、なにか具体的に治療法の
       ┃  ━┓    ┃  ┗┛  目処はたっていたりするんでしょうか?
       ┗┳━┛    ┃
         ┃  ┏━┓┗┓
         ┃┏┛  ┗┓┗┓
         ┗┛      ┗━┛



    452 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:30:55 ID:ShCu1QbY


                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、、
                      /  _ ....... _ ィ⌒ ー-- ― -- 、\
                      /  /     ※____※、 ※   ヽ、、
                /  / ※ ___/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘー―-..、※ ヽ\、、
               /   :/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.ヽ  人.    ̄/       !
                 /   ノ ※ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :/://:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.※:〉  /    _..人.._
                , ′ /  .:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:. / :/:/八:/:.:.:.:.:.:.:.:, : ',  {   /        `Y´
               , ′ {:.※:/.:.:.:.:.: : /:.:.:.:.:.:. / :/:/'′/ヽ:/:.:.:.:.:.l:.:i※{ /       |
               \.  } 〈:.:.:.:.:\/:.:.:.:.: // / ..厶イヽ:.:.ヘ:.V:.:.l  ∨!   _..人.._
              ヽ、j   ∨:.:.:.:/:.`:<_/  / ̄ _x==ュ\Ⅳ:.:.:l※/:.:',     `Y´  ☆    ありますですぅ。
                |:.}※{:.:.:.:.:|/二ム     /´ しイり  /:.:.:.:i  {:.:.∧               !
                |{:  ∨: : |く´いィハ       ´⌒"` /:.:.:. ∧※):.:∧          _..人.._
                |:. }※ ∨Vゝヽゞー''′         イ:/:. ∧∧ V:.:.∧            `Y´
                |:{:   〈\:.:\      `__ .... ィ -=彡:イハ:.: 〉※、:.:.∧         |
                |:.:.}:※ 〉:.:\:.:ヽr 、 「   ~ノ / )/、:.:. 〈    j:.:.:∧      _..人.._
                |:.:.{   〈:.:.:.:.:.:.≧i  '、 ` ̄  / /ハ:.:.:\:.:.:ヽ※ \:.:.:.ヽ     `Y´  ☆
                l:i.:.ヽ ※\\\:l  ` ー ´ イ 人:.:.:\:.:.:\:.:i   ∨:.:.:.:\
                    l:i:.:.:. 〉,   .:∨  ̄l        / /  `¨'爿比ュ:从 ※ V:.:.:.:.:.:.\
                  l:i:.:./:.:ヘ ※ ∨⌒「 Y⌒ヽ     } `ヽ  爿比/`ヾ\   `ヾ.:.:.:.:.:.:.\
                l:i:/: : :そj  ∨ i    〉、__ ノ  / 爿比: : : :',:.:ヘ ※ i.:.:.:.:.:.:.:.:. \
                    l:ii: : : :てj ※j/`ヾ、、    〉ヽ__j  ,爿比: : : : ∨:.:`ヽ  `ヾ:.:.:.:.:.:.: : :\
                   V: : : : :そ彡く__//ハ`ヾ、/ヘ     爿比: : : : : ∨:.:.:.ハ ※ ∨.:.:.:.:.:.:.: : \
                    ,': : : : : て7   `ー~、___j   ヘ.    爿比: : : : : : ∨:.:.:.:.\  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /.: : : : : : ; ′          ,7   〉  ,爿比: : : : : : : ∨:.:.:.:.: i ※ }ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
                  /.:.: : : : :.:/          /:、   〈   爿比: : : : : : : : ∨:.:.:.人    V :\:.:.:.:.:.:.:.: : :\



    453 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:31:19 ID:ShCu1QbY


    白血病治療の仕方(骨髄移植の場合):

    1.患者の造血組織腫瘍化した細胞を徹底的に殺す。ようするに骨髄は空っぽになる。
    (致死量を超える抗癌剤と放射線照射が行われる。よってこの後適切な処置を行わないと患者は確実に死亡する。)



                   __
                 /    \
       _        / ▲ ▲ ヽ
     /´  ヽ、     |    ●   |       _
     |   ▲ |      |    ▲   |      /   ヽ
     |     ●     |       |     /▲    |
     |     ▲     |        |       ●    |
     |     |        |        |      ▲    |
     |     |  ‐=ニニ二二二二ニニ=‐.  |      |
     |     |   | | | | l      l | | | |   |    |
      `ー― '´  ∪ !_! `'ー---‐ '´ !_!.∪   'ー--‐'




    2.ドナーの腰骨左右から1リットルの骨髄を採取し、患者の静脈に注入する。(腹部切開などの外科的手術は行わない。)


                  10   20  30   40  50   60  70   80   90 100
               ________________________∥
     ____┌====|.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |――┼―――∥
     ̄ ̄ ̄ ̄└====|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|――┼―――∥
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥



    3.順調に行けば2週間ほどでドナーの造血細胞が生着し、正常な血液が作り出される。
    (血液を作り出す因子がそっくり入れ替わるので患者の血液型はドナーと同じ血液型になる。)


                                    ____
                                  /      \
                                / ⌒   ⌒ \
                               /   (>)  (<)   \
                               |  ::::::⌒(__人__)⌒::::: |
                               \     ` ⌒´     /
                            ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
                         ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                      ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
                   ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
        _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
    .-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
                   `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
                   /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
                 ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
               (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
                  し'              /     ..::::::/   \




    ※放射線の影響でかなりの確率で男性女性ともに不妊症となってしまう、患者のQOL(術後の人間としての生活の幸福さ)が
     低下するため、精子や卵子を冷凍し保存する等の、患者の気力を維持するためにも、この種の治療方法には依然課題がある。
     他にも問題があるため必ずしも満足のいく治療法かというと術法初期の頃の生存性も含めあまり高くはない。
     現在でもより良い治療法が研究されている難病の一つである。

    ※史実ではオスグッドにより1939年に行われたのが初めての骨髄移植(ただし患者は5日後に死亡している)

    参考資料:BOINC ttp://team2ch.info/
           NHK プロジェクトX 第081回 「決断 命の一滴・白血病 日本初の骨髄バンク」
           日本骨髄バンク ttp://www.jmdp.or.jp/




    456 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:32:41 ID:ShCu1QbY


    .   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
    _、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
    /:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
    :.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l
    :.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'    欧米でも一部研究が始まってるようですぅ。
    :.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
    ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
    ::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ
    ::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
    :::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''




       ∩___∩
       | 丿     ヽ
       /  ●   ● |
       |    ( _●_)  ミ
      彡、    ヽノ ,,/
      /      ┌─┐´    そんな手法があるのですか・・・
     |´  丶 ヽ{ .茶 }ヽ
      r    ヽ、__)ニ(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
      と____ノ_ノ



    457 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:33:15 ID:ShCu1QbY


    ..      ____
         / ―  -\
    .  . /  (●)  (●)    使用する抗癌剤については鈴木梅太郎さんと共同で開発していて、この間聞きに行ったら
      /     (__人__) \   完成間近らしいから、それの臨床試験もお願いしたいお。
      |       ` ⌒´   |
    .  \           /   少なくとも化学式的には抗がん性が有る薬だけどガンのある動物をそう簡単に
    .   ノ         \   用意できないし、他の薬に比べて人間にいきなり投与するのは問題がありすぎるお。
     /´            ヽ




        ∩___∩
        | 丿     ヽ
        / ●   ●  |
        |   ( _●_)  U ミ
       彡、  |∪ |  ,,/   ガンの進行を抑制できるのですか?
       /    ヽノ   ″
      |´  丶 ヽ  ヽヽ
       r    ヽ、__) (_丿
       ヽ、___   ヽ ヽ   _ガシャン
       と____ノ_ノ .(__(_)・。;o・。



    458 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:33:48 ID:ShCu1QbY


                   ____
                 /      \
               /   ⌒   ⌒\
              /   ( ●) ( ●)ヽ
                l      ⌒(__人__)⌒ |     副作用も強いけどある程度は可能みたいですお。
              \      |r┬‐|   /
              /     `ー ´  ヽ




             \   ∩─ー、    ====
               \/ ● 、_ `ヽ   ======
               / \( ●  ● |つ
               |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
                、 (_/   ノ /⌒l
                /\___ノ゙_/  /  =====
                〈         __ノ  ====
                \ \_    \
                 \___)     \   ======   (´⌒
                    \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                      \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ



    459 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:34:14 ID:ShCu1QbY


          (\
           \\
            (\\
             \\\       ⊂⊃
             (\\\\  ∩___∩
             (\\\\\ | ノ      ヽ
              \\ || /  ●   ● |      ・・・分かりました。
    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |    ( _●_)  ミ
      ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\彡、   |∪|  、`\    森先生の仰ることですし、研究の件引き受けましょう。
        (//// ̄\\/ __   ヽノ /´>  )
          (/(/// ̄(___)   / (_/
               (/(/|       /
                 (/(|  /\ \
                    | /    )  )
                    ∪    (  \
                          \_)



    .   ∩____∩: :.+
    ワク. | ノ      ヽ+.:        ところで最近理研から新しい医療器具の紹介があったらしいのですが
    :.ワク/  ●   ● | クマ       私は参加できず詳細がわからないのです、どのような器具だったのでしょうか?
      ミ  '' ( _●_)''ミ クマ
    . /  ._  |_/__ノヽ         弦線電流計のお化けみたいな物とは聞いているんですが・・・
     -(___.)─(__)─

    ※弦線電流計:心電図のこと日本で最初に真空管式心電図が登場したのが昭和7年の
              陸軍軍医学校で、心電図自体は明治末期に輸入されている。



    460 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:34:36 ID:ShCu1QbY


           , イ             \
           /::::::\                \
            /::::::::::::::ヽ                 ',
            |::::::::::::::::::{              l
            |::::_:::::::::::::〉     、         |
            |/ ,、ヽ::::/       \        {   私も見てみましたがある程度操作に熟練は必要ですが、
           /  ヽ∨   ̄≧ュ、  〉    __,. ,'   まるで水中を泳ぐ魚を透視できるが如く
           {  ノ       r'::リ  ̄´  斤ォー /    患者自体の体を傷つけることなく透視できるので
           ∧ヽゝ ヽ     ̄ー' ├ー |ゞ′、/    なかなか使える機械だと思いますよ。
         ,'  \|  |    ヽ、__ノ   !、__ノ
      _ /     l  l           }  /      特にまだ術例が少なく、開くのに手間がかかる脳の手術には有効ですね。
     /:::::::ヾ     ヽ      __ ー' /
    ノ:::::::::::::`:ー- 、 \   < _ / /      レントゲンにはまだ劣りますが、今後はテレビジョンの様に映像化に対応する
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ __     /       らしいので期待できるところですね。
    :::::::::::_:::-──::':: ̄::::::::::::::::: ̄/ ̄ 7 、
    -─'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::`::─- 、
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::>ー───── 、
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::

    ※史実の超音波検査診断機も脳腫瘍など造影剤を使っても分かりにくく、
     患者に苦痛を与える方法を避けるために開発がスタートした。




         ∩____∩
         /         ヽ
        /  ●   ●  |      そうですか、なかなか面白そうですね!
        |   ( _●_ )   ミ      次機会がありましたら是非拝見させてください。
       彡、,,   |∪|   /
       /__  ヽノ   l\      場合によっては研究費用も拠出しますよ!
      (___u)    (uニ )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



    461 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:35:02 ID:ShCu1QbY


        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /    ─   ─ ヽ    わかったお。(水中を泳ぐ魚・・・かお・・・!)
     |    (●)  (●) |
     \  ∩(__人/777/
     /  (丶_//// \




         \  __  /
         _ (m) _
            |ミ|
          /  `´  \
           ____
         /⌒  ⌒\
       /( ●)  (●)\       ・・・そうだお!
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |     |r┬-|     |
      \      `ー'´     /



    462 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:35:23 ID:ShCu1QbY


    .        ,. '       ` '  、
          /__               \
           / し′ U             厶
    .     l              /: : ',
    .      /          __,.       /:::::::::l
         l _ , __     _, __   く::::::::::::!
    .      l  ___`    __`   l:::::::::/   ど、どうしたんだいやる夫君、急に大声上げて。
          l  Eソ ,     Eニl `   L/^.l
    .      l. {  }7ー{  }       「.l l
          l  `¨/  `¨ ´ U  / /ノ/
          ∨  ヽ       / 、_ィ′
    .        ∨  ____   / ./ .レ′
           ',  `ー--―′  /  l
    .        ',  `¨     //. L_
              _ゝ、_____/ ./_⊥ `ー-、
    .       l ´ー‐┼┬ャ-‐ ¨´      ./
    .      ∧   .! l !          /
    .       _ 斗   l l l             ̄ヽ_
    -‐ ¨ ̄       く 〈 /                 ¨ ー-




                 /)
               ///)
              /,.=゙''"/
       /     i f ,.r='"-‐'つ____        魚群探知機をつくるお!
      /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
        /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\     そうすれば仮に戦争・・・
       /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |   仮にこの間の東北のような食糧難になってもタンパク質が取れるし
         / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /   海洋資源を安定的に供給できるお!



    463 : ◆HU7XfvOYA2:2010/11/20(土) 19:35:54 ID:ShCu1QbY


    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::fゝ\
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾrtフ ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/!| ::::::::::::::|rY7  1
    ::::::::::/::::::::::::::::::::/::::::::::/:::!| ::::::::::::::|フメ7  |
    :::::::/::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::!| ::::::::::::::|フメ|}  |
    ::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::, ::::::::::::::::リフメ7 │
    イ::::::::/::/::::::::::.イ::::/i::::;イ:::::/:::::::: {!メフ7. │
    /::::::;/::/:::/:::://::/ナ:::/-|::/:::/::::::{!ルヌ   |
    :::::::/::/:::/::::/__j/_-j:/__ j/::/::::::イjメリ} i │
    ::::/,.イ//::::/´イ弋:_j/´フイ::/:::::/::lイハ/`ヽ!
    // イ/   ゝ -  ' /:/:::::/::/fフ: |
                イ/::;.イ::/ヤヌ::::|
                 l l i j/ト/:/7イl ::: |
       ′         /rf'レ::/ア ::|::::::|
     ― ─     u  イft</イ7 :::: |::::::|    あーまた始まったですぅ・・・
             イ!jrノtメイ::::::::::::|::::::|
          イ ::::::{!イtノr/7::::::::::::|::::::|
    `  - ´  /`ヽ:::{7メハri}::::::::::::::|::::::|
         _.L  V7メハrt}::::::::::::::|::::::|
    -_r==、¨     f/メハrtj} :::::::::::::|::::::|
    イハ\ \   flメハrtrt:ト、 :::::::::|::::::|
    /{ |\\ |!  fiメハrtrtl|フ \r-v : |
    . f ||__j\ノ  fiメハrttf:i|7   { r'-、:|
    | } || ノ、    f7tハrttf:i|7   { } : : \




            ∩___∩
            |  ノ   u ヽ
          / |||_   _ |
           | u  ( _●_)  ミ    なにやら独創的な考えが出たみたいですね。私には理解できませんが
           彡、 u |∪|  、`\   きっと凄いものなんでしょう。
          / __  ヽノ /´>  )
      . ̄ (___) ̄ ̄ ̄ (_/ ̄ ̄


    第31話「収穫期」終


    次回:第32話「Fatal Error」

             ____
            /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
          /( ○)}liil{(○)\  /   /
         /    (__人__)   \/   /   /  )
        |     |i|||||||i|     /  /  /  /   そんな!史実より早いお!
        \     |ェェェェ|     /   '` ´  /     一体どういう事だお!?
          r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
         /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
        /        -、      }        (  ̄¨´
       /           ヽ._       __  \
                    `   --‐'´ `゙' 、_.)



    次→やる夫は迷い込んだようです 第32話

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ


    まんが医学の歴史
    まんが医学の歴史
    スポンサーサイト



    コメント

    『栄光なき天才たち』で採り上げられた人たちが随分活躍してるな。

    ずれが起こるのか・・・?

    音楽とかアニメを放映しちゃったら後のクリエイターが育たなくなるんじゃないだろうか・・・

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/446-ecd2e064

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。