最新記事一覧
    他サイト様更新一覧


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やる夫は迷い込んだようです 第47話+ 

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ

    32 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:01:26 ID:rl15K5mM

    第47話「T-3」

    ※今回説明長いです。簡略化し過ぎなので詳細はソース元でどうぞ。


    <1941年 7月1日 理化学研究所 仁科研究室>

      ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____┏━━━━┳┳┳┓
      ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::        /`ー----'\::::: : :┃┃┃┃::::::::::
      ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;.XXXXXXXXXXXXX , ---[[ |l二ニニ二l| ]]---┸┸┸┸----
      ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXXX/ __二二二二二二________
      ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXX./ ____|000OOO000|ニ_[Mark IIcs]__
            | :|;:| :|;:| :|;.           [|::|l_______|________|_____________________
            | :|;:| :|;:| :|;.            |||.O゚ 。|||。    。 ::::|||O . 。 。゚o゚  ゚
      / 二二二二二./!    _____. |||.゚○。|||。 ゚ .  ゚...::::|||。O\. 。 \゚ 0 :。
      |┌───┐= :|:::|  /    /i  |::||゚o゚ ゚.||| ||  ::::|||  。 ゚ \ . 。 o
      |│√`wー、_!   |:::|  || ̄ ̄ ̄||::::::|::.|||゚ \ ||| || :。:||| 。 ゚ 。O \。  .゚
      ||      |  |:::|_||___||::::::|::.|||゚0 :。.|||   |。: :::||| ゚o゚ . 。゚o゚ ゚ 0 :。
      |└───┘  |::;|□□||__||::::::|:::|||。゚O .|||゚ 。 。 . .:::::|||0 :。. . 。 ゚o゚ 。 ゚
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ./∴¨ ∞/!/|::::::|:::||l.||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|| ||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|| ゚ :。
      | []       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | (ニニ:[|::|[|| | || ||| ||| || | || ||| |||二二
      |_____| |_____ |(((ニニニ`!:|| | || ||| ||| || | || ||| |||__
          _                      || | || ||| ||| || | || ||| |||
         //|                   || | || ||| ||| || |_..|_|_.|_|_|_..|..||
       //  |__            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/i~~~~~~i。。////∞ /l ;~i。
      //  /:::/|          〆~~~~-,,/ l     l二二二二l/||::..
      | |  /::://i|::..       /  ;;   ,,;; ; ;ノ ||::..    || ::::::::::::::||:::
      |_|/:::// ̄          /     ;;;   __ノ./!||::::.
     | ̄ ̄ ̄|/:::         /   """""././:::
     |_| ̄|_||:::          /____ /./:::
                     ||____||/:::
                     ||        ||:::




    33 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:02:46 ID:rl15K5mM


           _____
           、___>  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
       ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
       <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
         > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
       /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
       /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
         /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
    .      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/    急に押しかけてすみません、一条さん。
            //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
            ヾ に!        };.       ムわ/
             ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
               ー',       _____       んソ
               ヽ   ´     `    :/´
              __|\   `"     /
    .          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
    .       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
          / __ ..:/イ         /  |
        /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
         ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄

          安田武雄 :陸軍中将 航空技術研究所長




                   /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                    l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
                   l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_
                  lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                      l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                       ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/        いや、問題ないでおじゃる。
                   1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                     ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′         例の件でおじゃるか?
                    ゝ、  / :.  :r-、        彡′
                  / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
              _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
          _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
        ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
     /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、
    '´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ



    34 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:04:36 ID:rl15K5mM


                  /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
                 /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
            ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
                 /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
              /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|            はい。
             /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
               |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !          進捗状況を伺いに来た訳ですが、しかし問題ないのですかね?
               l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
                   `| l{{<∧      { 、        |^;:./           確か研究に関わっている「入速出」さんは研究に反対というか
                    \ {:〉'´ \   ___、    j_/            慎重であるべきだという体制を崩していないようですが。
                   _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!
                 /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
                /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
               /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
              ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
             /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
             _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_
      ,,.、 -‐ ''"´/     :.:.:}:.:.:../!.:|::.:      ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、
    ´      ノ      ..:.:ノー彳 :.:ト:|::.:.       〈/ ̄/  /::::::|:::::...  \   `丶




      ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
      ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
     ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;:;:;/;:;/
     ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
      彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
    .  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
      彡ゝ `'' "  |ミミミ'       ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ'
       '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ーシ'   |、ニ'
     --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ      まぁ・・・譲れない、未来人として伝えたい事があるでおじゃるよ。
     く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
     、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |       だがこのままだとナチの原爆開発と致命的な差になりかねないでおじゃる。
     :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
     ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
     :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
     ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
     ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
     \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
     〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、



    35 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:08:47 ID:rl15K5mM


            ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
            ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
            ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
             `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′
             /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
          ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /              その点は仁科研究室の面々とはある程度話は通っていて、
         /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /               平和利用を目的として今まで開発していた
     _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_             「遠心分離法」を用いてウラン濃縮するかどうか検討中でおじゃる。
    "    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
         ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、      ただ、技研が建設した青森県にあるパイロットプラントを拡張しても、
         \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \     恐らくまともに生産するまでには数億円はかかるでおじゃる。
           ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、

    ※史実でもこの時期理研が国内としては最高レベルの技術を用いて理研内で「熱拡散法」により、ウラン濃縮の研究を行なっていた。
      が、結果は失敗に終わる。




                i;:、;:;:;:;:_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i,
                 /三、;:;:;:;:;`;:‐-;、、l_,;:;-‐;:';:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡ニ、
               l三三^'ー-:、、;:;:;:;:j::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐イ彡三三i
               i'l三Ξ.  ,.=ミ`'ー-‐'";ニこ´   ィ彡三三7,.、
               ',lミシ"  ` ̄´    `¨"´    `ーミ三彡7-ヽ
               lミミ, :.  _,.=、、 .   ..: _,.〟、、..:  ヾ彡〃//         しかし、この「遠心分離法」でも十分な濃度の「臨界量」のウランを
                〉l; ::.彳ヾ゚;ハ、:、 ,:' ,.ィヘ;゚ツゞ::'   .::彡/ノ/          手に入れるには時間と費用が掛かるでおじゃる。
                 ヽli. :ヽ.`゙'''"フ`.:  l::. ヽ`゙゙"´.:'  .::::::彡ゝ/
                 `li.  `゙ " .::   l:::. ` ゙ "´ ..::::::::彡ー'′          原発用、数%の低濃縮ウランをメーンとして考えていた故、
               _,.ト:..    .:' :   :::::.、    .::::::::::彡′            兵器級の濃縮施設として運用するにはいきなりはキビシイでおじゃる。
             ,ィ'´r'"::ヘ:::..   /`'=、__,.ィ'' ' ヽ  ..:::::::::::;ヲ
           ,r‐' ./:::::::::::::ヽ::::.    : :     、.:::::::::::;ノ ヽ、_            天然ウランの採掘も大量となると国内では急には難しいでおじゃるな。
        , -‐''"   ヽ::::::::::::::::\ ー-:こ=ニ=一 ノ .::::/l:::ヽ, ヘ`ー-、
    , -‐"     ヽ   \::::::::::::::、\ `ー‐--´ " ::// /::::::::i l   `ー-、、

    ※臨界量:核分裂反応によって生じた中性子が他の原子核に衝突し、次の核分裂を生じさせ、そしてその核分裂が新たな核分裂を呼。
          この核分裂の連鎖反応を生じさせるために必要な核分裂物質の最小質量の事。

    ※現、青森県六ヶ所村に存在する遠心分離法を採用したウラン濃縮工場を例にとると、現在の価格で建設費用2500億。
     (再処理工場や、廃棄物処理施設建設費用は除く。)また、現在日本国内にあるウラン濃縮工場はあくまでも低濃縮・原発用のそれで、
     原爆に用いる核兵器級の濃縮ウランを一朝一夕で手に入れるのは無理がある。
     ただそれでいて、無理をすればどの程度の実用的な兵器級ウラニウム235が手に入るかは後述。



    36 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:09:42 ID:rl15K5mM

                 . -―==≠´\_
            .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
            / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
    .     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ
        /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
        :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧
       |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
       |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {
       |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、        ウラン濃縮とは一体どういう物なのですか?
       |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |
       ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
         \::::{ ( く_                     |
          \ヽ  }               ,_-xく|
    .          \>―ヘ           /こ´个\
              |     \          丿  ゙゙
            /|       `ニ==‐―┬=≦ __
             |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
             |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
    .       /               `ヽ    ////∧



    37 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:13:00 ID:rl15K5mM

    <ウラン濃縮>

    天然ウランの”99.3%”が「ウラン238」で占められていて、原爆・原発に使えるのは残りの0.7%の「ウラン235」である
    しかし、どちらも化学的特性は同じため、質量の違いで選別する必要がある。
    (違いと言っても質量数の比 238÷235=1.013と殆ど1に近く、容易に高濃縮ウラン235を入手できない理由の一つである。)


                   __
                 /    \
       _        / ▲ ▲ ヽ    ガリガリガリガリ
     /´  ヽ、     |    ●   |       _
     |   ▲ |      |    ▲   |      /   ヽ
     |     ●     |       |     /▲    |
     |     ▲     |        |       ●    |
     |     |        |        |      ▲    |
     |     |  ‐=ニニ二二二二ニニ=‐.  |      |
     |     |   | | | | l      l | | | |   |    |
      `ー― '´  ∪ !_! `'ー---‐ '´ !_!.∪   'ー--‐'




    「遠心分離法」

     ~概要~

     現代の標準的なウラン濃縮方法の一つ。
     地上の空気は酸素や二酸化炭素、水素などで構成されているが地球の重力により
     地上にそれらが引きつけられている。
     軽い水素などは上空に、重い窒素や二酸化炭素は地上に貯まりやすい。
     つまり重力(遠心力は重力と等価)はこの質量差で物質を見分ける能力がある。

     すなわち、重力の代わりに遠心分離機による遠心力でウラン235とウラン238を見分けようとする方法。


    ①天然ウランを六フッ化ウランに化合する。(六フッ化ウラン238と六フッ化ウラン235が混ざってる)

     ウランを遠心分離機に掛ける際にはガス状にしなければならない。
     しかしウランは沸点が約3700度に達し、連続的に気体にするのは難しいため
     ”六フッ化ウラン”という化合物に一度ウランを化合してやる。
     (六フッ化ウランは純粋なウランと違い、60度程度で気化する。)


           ____
         /:::::::::  u\
        /    \,三_ノ\
      /:::::  ( ●)三(●)\         サッサッ
      |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |
      \:::::::::   ` ⌒´   ,/_            ・゚・ 。・
        / ⌒ \ /⌒\              ・゚・ 。・゚・ ・
       |   \ ./     \  ((    _,,,-ー・゚・ 。・・ ・・,,,,,_
       \   \____|  /    , - ' ゙  ・゚・・゚ ・゚・。・ ゚・` ` ー 、
         \   ./○二二二○二二ヽ、 ヽ・゚・。・ ゚・・゚・ 。゚・・ ゚・。・゚ ,:'  ))
         ./ \/  |   |          `=-、....,,,,,____,,,,,... -‐=''




    ②ガス状になった六フッ化ウランを遠心機にかける

     遠心機の半径や回転速度は現代でも公開されていないが
     日本海軍の「F計画」の図面では毎分10万回転だそうです。


        __________
       . ||┌───────‐┐|
      ._||└───────‐┘|
      |\||__________.|\
      |  \\            \\      ゴーッ
      |    \\_________\\
      |     \\ O [□] [田田] .\\
      |      \ヽ────────‐‐ヽ\
      |   (\ .. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |    \) ....|                |
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |
       \      |                |
        \     |                |
          \   |                |
           \  |                |
             \|___________|




    ③遠心力により重たい六フッ化ウラン238は遠心機の壁側にたまり、軽い六フッ化ウラン235は
     遠心機の中心部に僅かながら濃縮される。濃縮された六フッ化ウラン235を吸出し収集する。

                U235
         ____
       /      \ ( ;;;;(  U235
      /  ─   ─__\) ;;;;)
    /    (○)  (○ /;;/
    |       (__人__) l;;,´|
    /      ∩ ノ)━・'/    スーッ
    (  \ / _ノ´.|  |
    .\  "  /__|  |
      \ /___ /




    ④吸いだした六フッ化ウラン235を含む気体をまた別の遠心機に入れさらに純度を高めていく。
     この繰り返しにより純度を80~90%に高め、最終的に粉末状の二酸化ウランに化学処理する。


        __________
       . ||┌───────‐┐|
      ._||└───────‐┘|
      |\||__________.|\
      |  \\            \\      ゴーッ
      |    \\_________\\
      |     \\ O [□] [田田] .\\
      |      \ヽ────────‐‐ヽ\
      |   (\ .. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |    \) ....|                |
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |
       \      |                |
        \     |                |
          \   |                |
           \  |                |
             \|___________|




    他にもいくつか濃縮方法はあり、例えば
    「ガス拡散法」は米国が大戦中~現代でメインで使用している方法。
    最近では「レーザー濃縮法」など新しい濃縮方法も研究されているが
    ノウハウの蓄積があるため、米国はガス拡散法をメインにウラン濃縮を行っている。



    ~ウラン濃縮のコスト~

    上記の設備費用もさることながら、濃縮には原料と手間がかかる。

    天然ウランを原料として実用上の原爆レベルに使われる80~90%程度のウラニウム235を濃縮した
    濃縮ウラン1トンを手に入れるケースを考える。

    が、その前に通常の原子炉に使われるレベルのウラン濃縮に必要な天然ウランの量を考えてみてみよう。


    天然ウランを原料として軽水炉に使われるレベルのウラン235、濃度が4.7%(0.7%×2.6×2.6、2.6は1回の濃縮率)の
    濃縮ウラン1トンを取得する場合、劣化ウラン中のウラン235濃度を0.27%(0.7%÷2.6)にすると、
    原料は10トン(従って劣化ウランの量は9トン)必要である。(計算式は次項に)

    ※劣化ウラン:天然ウラン濃縮後に残された廃棄物。一般的にこの廃棄物にも0.2%程度ウラン235が含まれている。


                   /7
                     //
                 //
           __    //
    .    /ノ ヽ\ .//
    .   / (●)(●〉/
      l    (__人_,//l    < 濃度計算とか小~中学校レベルの問題だが、なかなか侮れない。
    .  |    `⌒// ノ      >>1はソースの検算含めて1時間以上掛かった。 
       l       // ./
    .   ヽ r-‐''7/)/
        / と'_{'´ヽ
        /  _.、__〉 ト,
        {  、__}  |.i
        ヽ _,.フ  .|.|




    ★天然ウランの必要量計算式:(濃縮ウラン1トン、天然ウラン量をXとした場合)

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                                     ...┃
    ┃「濃縮ウラン中のウラン235の濃度」 ×濃縮ウランの量                    .┃
    ┃                                                     ...┃
    ┃                    +                               .....┃
    ┃                                                     ...┃
    ┃「劣化ウラン中のウラン235の濃度」 × 劣化ウランの量(天然ウラン‐濃縮ウラン)  ......┃
    ┃                                                     ...┃
    ┃                    =                               .....┃
    ┃                                                     ...┃
    ┃ 「天然ウラン中のウラン235の濃度」 ×(天然ウランの量)                 ...┃
    ┃                                                     ...┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     として計算すると

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                           .┃
    ┃   470           27              70        ....┃
    ┃ ─── * 1 +  ──── * (X-1) = ──── * X     .┃
    ┃  10000         10000            10000        .┃
    ┃                                           .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     となる。
     
     これをXについて解くとX = 10.3  約10トンの天然ウランが必要なことが分かる。


    従って兵器級濃縮ウラン(90%)を仮に1トン(リトルボーイ15~16発分)用意するには

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                           .┃
    ┃   9000           27              70          ┃
    ┃ ─── * 1 +  ──── * (X-1) = ──── * X     .┃
    ┃  10000         10000            10000        .┃
    ┃                                           .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     となる。

     これをXについて解くとX = 208.6  約210トンの天然ウランが必要なことが分かる。
     (後述するが、この量は現代の軽水炉に必要な濃縮ウラン1年分を抽出するのに必要な量程度でしか無い)

    ※実験用も含めて2~3発の核で済むなら”40トン”程度の天然ウランで済む計算。


    が、天然ウラン200トンを得るにはウラン鉱山からウラン鉱石13万トン採取し、天然ウランを精錬する必要があり、
    そのウラン鉱石自体もウラン鉱山から掘り出す際に240万トン程度の残土がでる。
    人形峠でウラン採掘が中止されたのは含有率、資源量過少もさることながら、この残土の処理もあると思われる。



          / ̄ ̄ ̄\
       γ⌒)      (⌒ヽ    (あー頭が痛くなってきたお・・・)
       / _ノ ノ    \  \ `、
      (  < (○)  (○)   |  )
      \ ヽ (__人__)   / /





    ★分離作業量(SWU):
    ※六ヶ所村は平成4年稼働で150トンSWU/年 予定最終規模:1,500トンSWU/年。

    ウラン濃縮し分離する作業を行う作業量を示すのが以下の値。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                                                                ┃
    ┃分離作業量 = 濃縮ウラン量(トン)×(製品「価値」-原料「価値」) + 劣化ウラン量(トン)×(廃品「価値」-原料「価値」)   .....┃
    ┃                                                                                ┃
    ┃価値関数 V(X) = (2 * X-1) * LN (X / (1-X) ) Xは濃度、を当てはめる。                                   ┃
    ┃                                                                                ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ここでも軽水炉を例にとってみると

    分離作業量について更に現実的な例として、天然ウランから3.5%濃縮ウラン 1トンを取得する場合、
    劣化ウラン濃度を0.25%とすると原料は7.2トン必要で、この場合の分離作業量は4.8トンSWUである。

    この例で、もし劣化ウラン濃度を0.30%とした場合には、原料は8.0トン 必要となるが、分離作業量は4.4トンSWUで済む。

    典型的な軽水炉が1年に消費する約27トンの上記諸元の濃縮ウランを確保するには天然ウラン216トン、
    分離作業量119トンSWUとなります。

    ※エクセルで計算しました。誤差はあるものの、Wikiのソースでは約120トンSWUとなっているので問題はないでしょう。


    ここで話をもとに戻し、純度”90%”の濃縮ウランを”200キログラム程度”分離する際の作業量を計算すると”39.95トンSWU”となる。
    仮に平成初期の六ヶ所村程の設備が、「核兵器級の濃縮ウランを取り扱えるとして」、やる夫の世界に存在したとすると
    天然ウランの問題を除けば、1プラントで作業量的には”4発程度”作れる計算になります。



       / ̄ ̄\
     / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
     |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
    . |  (__人/     \ヽ、,.// ../
      |    ` /       ``77   /   ※分離作業量参考:ttp://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=04-05-01-03
    .  ヽ   /          / /   /                ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%9B%A2%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%87%8F
       ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
       /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
       |. \   〈\.\,〉 `,  f
        | . \  (ヽ ヽ `..   |
        |    .\ \      ノ





    ~当時の日本の原爆開発事情~

    史実での理化学研究所では1941年から熱拡散法が研究されていた。
    しかし途中で熱拡散法では十分な濃縮が不可能とわかり、かつ実際に分離できたとしても
    原爆製造に必要な臨界量を濃縮するには50~100年掛かるという結果が判明し
    遠心分離法を採用することになる。

    しかし戦争末期になると資材すらもはや手に入れることができず、陸軍が仲の悪い
    海軍に対して譲歩し仁科研の情報全てを提供してスタートした陸軍の「2号計画」にあたる
    海軍の「F計画」も構想どまりに終わる。

    またそれ以前の問題としてウラン鉱石の絶対量が少なく、折角ドイツ経由で手に入れた
    「ピッチブレンド」(キュリー夫人が発見した鉱石でラジウムやウランを含む鉱石)も
    搭載した潜水艦が撃沈されるという結果に終わった。


                   / ̄ ̄\
                 / ノ  ヽ、.\    < 面白いぞ
                 |  (●)(●) |
                 / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |         ※参考:集英社「栄光なき天才たち 第6巻」理化学研究所
             /        \ ._|_____
           , --'、             /         `〉
            / ⌒ )        /         /
           ,′  ノ          /           /
           l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
          ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
             `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



    43 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:23:14 ID:rl15K5mM


         /                      >t
       /                          ̄ ̄Z__
      /                                   ハ
    /                                    ヘ
                                          ハ
               ___    |   /   ,イ  /j /|     ヽ
                /-─ 、ヽ  _| ,イ   // x' / /  |     |ヽミ=ー
              l / (. ノ | / |/ |   /ミ、| /. ∨イ  j   ハ  |
            ヘ   ∧ レ'    .| />、 |\. ル.  / /| / } |
               ヽ  ヘ        レ'   `ミφ レ /イ/ |リ  | .|
        ____∧ /                 / '  リ.  | リ
     >''´       ヽ      U           ヘ       レ'
     \        /                     ヘ、
       \        l       ( ̄ヽ      __ノ
        \      人        `ヽミ `ーっ _」
          \     \         ̄ ̄丁          なるほど・・・やはり我が国の国力ではウランを利用した
           \     \        T ̄           原子兵器の開発は難しいと・・・不可能ではないにしろ。
              \       ゝ、      /
    ヘ          \>''´   ヽ、__ ノ
     ヘ            \ \
      ヘ            \ \
       ヘ             \ \




      ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
      ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
     ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
     ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
      彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
    .  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
      彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
       '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'         でおじゃる。
     --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
     く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'          史実でアメリカが使う「ガス拡散法」も結局は設備が高くつくでおじゃる。
     、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
     :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'          あれを日本でやろうとすると恐らく1年の臨時軍事予算全部使っても
     ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i             怪しいでおじゃ。
     :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
     ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
     ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
     \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
     〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、



    44 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:25:00 ID:rl15K5mM


                   /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                    l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
                   l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_
                  lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                      l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                       ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/
                   1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                     ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′           そもそも史実より国力、科学技術力等上がってきても、
                    ゝ、  / :.  :r-、        彡′             国内には殆どウラン鉱山がないでおじゃる。
                  / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
              _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、          石原氏によるとウラン鉱脈の位置はある程度満州、朝鮮半島では
          _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、         掴めてはいるものの、ボーキサイト等の掘削を優先していたため、
        ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
     /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、  まだ手を付けておらず、調達には時間がかかりそうでおじゃる。
    '´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ




       ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ハ,、,、,==ニ三_:::::::::::::::
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::Mハ〃'       =ニ::::::::::::
    .,イ::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::|            ミ::::::::::::::
     {.::〃:::::::::i::::::::::::::::::::::|        u    ミ::::::::::::
     |/ .|::::,ィ::|:::::: |'' ;:::ハ:::|            ミ::::::::::::
       .|::/ |:::ト::::: |ヽ|::| |::|/  __,,........,,,__  ミ:::::::::::::
       .リ  ヽl ヽ::|  || || ニ≡―-- ..,,_      \::::_
            リ==`|   、=弋之"''' ‐       ゙゙     では日本国内ではもはや原子兵器製造は不可能でしょうか?
              |  /   `   ̄   ノ  ;;
             | /                  r     研究成果を全てアメリカに提供して、核開発を完全に委託する必要性がありますか?
               (            u
              丶 -               /
                  丶. 、___
           , -   ...,」__ヽ-----):;:;     イ
         /          ̄ ~""""''''''''' ‐- 、



    45 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:27:18 ID:rl15K5mM


               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
               /`ヽ、;,;,;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,,-ー'|´::ヽ
               i:::::::ミ   ,,,,,,''''''''''''',,,,,,:::::::::ノ::::::::i
              ..i::::::::ミ  ´- ′  '- '´:::::::`丶::::ト、         確かに、今の日本国内で原発用濃縮設備のノウハウに限って言えば
               |.i::::i''  --- 、,   , --- 、:::::::`i::::r/         史実の英米のそれを超えてはいるでおじゃ。
              ヽi:::i  -<写-、 |::::,/写`;::: :::::i:::リ.|
               ト、i   ''_,ノ  |::::::、__ノ ;::::i:::i /          本当ならアメリカ国内でもこの時期本当に原爆が可能かどうか
                |_ii      ,  、:::::  ;:::::::::i:i_/          専門家の中でも実は懐疑的な人間が多数だったそうでおじゃる。
                li     /,,,、 ,,ヽ::::: :::::::::::i:l
                 |      ''';''  ヽ::::::::::;/′           が、未来世界の歴史が一部露呈したせいで各列強政権中枢部は核兵器が
                 丶   -―-一ー )::::::/゛ト            世界を変えると認識して、この分野に投資を進めている可能性は大でおじゃる。
                  1、  --一  ノ:::::ノ/ ノ ヽ
                 ,,ノヽヽ、     ,,ノ::/ /;:;:;:;:`,,丶        
                ノ;:;:l | `ヽ::::::;;;;;;;;::::::/ /;:;:;:;:;:;:;:r ヽ       
            ,,, -''''´'i;:;:;:;i ヽ    ;;;;;:://;:;:;:;:;:;:/::::ノ ヽ、
        ,,--''' rー-ト、'、;ヽヽ    ;/ /;:;;:;:;:,, -'' ン    'ヽ、
      ,,/     ト、_r-- ''''''--'-ー-''-''''ト-'''''  ,,/        'ヽ、

    ※史実では1942年5月に科学研究開発局局長 ”ヴァネヴァー・ブッシュ” 第34話レス707
     に原子爆弾開発研究成果が報告されるまで、まともに米国政府は動いておらず、かつ42年5月の時点でも濃縮ウラン装置や
     プルトニウム抽出用のパイルの建設すら出来ていなかった。(実験室ベースでは電磁式などいろいろ出来てはいる。)




                 /、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                    |:;:;:;:`:;――┼-----------{           ここはお互いのウィークポイントを補完しあい、技術交流の一環として米に、
                /互7―- 、__|______|           いや、英とも情報共有して史実より早く核兵器を作るのがベターでおじゃ。
                 {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ
                  r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ!           まぁ、あと日本国内で作れる可能性がある核兵器としては
                   |{ミ' .:'イでiン'、 : ' ィ'でi)>.:.:. }三ム           一つ可能性があるでおじゃる。
                 ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り
                  {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ           構造が複雑になる故、おじゃんになる可能性があるでおじゃるが、
                  `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ            プルトニウムを利用した爆縮型の原爆を製造するでおじゃる。
                 、   ,. -ti、_  ',    /朴
                    ヽ.  '、モェェッソ、 ノ  イ〉ヽ、
                ,. -‐代、 `  ̄´ , '  / /:.:.:.:.`ト、
            ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐- 、、
          ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/    `丶、
      ,. '´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′       丶、



    46 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:28:51 ID:rl15K5mM


    .      /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:\
    .     /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:\
    .   /:.:.:.:.:.::.,.k≦¨¨彡:.:.:.::.:.:.:.:.:i
       i:.:.:.:.:.::√       ミ:.:.:.::.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:|!| 、_厶-‐''¨  Ⅵ⌒j:|              プルトニウム・・・なんですかそれは?
    .   八:.:.:.:.rヘ   イ ア'    ,ノ:.|
      /  }:.:.:.|ヒァi        i刈:|
    .    |ハ!:ト、 |        }  V_
            、` , -‐-  , ′/ 乂_
               \    / ./    /\
    .          `ー─ ,≦.     /  \
               /| }  }     /     \




      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」
     ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ
     /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ
     {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l
     l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、
     l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い
    . l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ  リl        こいつは鉱山にはまともに存在していない人工の元素でおじゃる。
    . ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´     ミ:::::/ム_ノ/
      'i,     ,'  '^ヽ       ミ::::l 'ー' /         プルトニウムは原子炉運転中に核分裂を起こして蓄積されていくでおじゃる。
       'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′
       l        `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、        ただ原爆として使うには爆弾の構造が複雑な故、早期に完成させるには確実に
       ヽヽ ,ィニニ丶、_ ゙:      "´fミ≧ゞ        やる夫殿の持っている資料が必要になるでおじゃる。
         ヽ ^ヾ二´ノ´ _,ィ ,.ッ  //イぅ-、
         丶 `"   "´  ,/ ,.ィ" , -‐'",ノヽ         単純な構造なら麻呂も記憶はしているでおじゃるが・・・
          `ト、 ___,, ィ"彡,r'´ , -'":.:.:.:.ヽ
           l    =ニ彡,ァ'",-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L..、、
           ハ ヾ    / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,, -''"  )
         , ィ'l l ヽ  / /:.:.:.:.:,, - '"´  , - ''"丶、



    47 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:31:25 ID:rl15K5mM

    <プルトニウム抽出>

    原子炉内にはプルトニウム239以外の同位体は殆ど無いため
    ウラン235よりは容易に純度の高いプルトニウム239を抽出できる。
    したがって原爆製造に必要な材料自体は比較的楽に手に入れることができる。
    (ただし大量のプルトニウムを得るにはプルトニウム分離施設が必要ではある。)

    よって以下の点でプルトニウムを利用した原爆はウランよりアドバンテージがある。

    ・ウランのように濃縮工程がいらない。
    ・臨界量がすくなくてすみ、そこそこ小型化が可能。

    デメリットとしては
    ・高度な工作精度や設計技術が必要となる
     事が挙げられる。


              / ̄ ̄ ̄ヽ
           /       ヽ
            |   _,ノ ヽ、_  |       <  超臨界に達する前に勝手に暴発する性質があってプルトニウムを
            |  (●)(●) |           簡便なガンバレル型で運用するのは難しいんだな、これが。
           |  (__人__)  |
             ヽ.        ノ       < マンガ「ジパング」をヒントにプルトニウム利用のマルチバレル型原爆も
              .>      く          考えてみたがはっきり言って、爆縮型と大差ないのでボツったんだな。
          /        ヽ カリカリ
        _/((┃))____i |
     .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
     /  /_______ヽ..  \
      . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




    ~プルトニウムの生成~

    ウラン鉱山から採掘された天然ウランの殆どは原子炉にも原爆にも使えないウラン238だが
    役に立たないそのウラン238が中性子を吸収すると原爆にも使えるプルトニウム239という核に変わる。
    (役たたずが役に立つようになる)
    天然ウラン内の微量なウラン235が核分裂を起こすので、原子炉の種類によっては天然ウランも燃料に使える。
    ここで核分裂により発生した中性子は、さらなる235の核分裂に使われる他、ウラン238にも取り込まれ
    結果プルトニウム239が生成される。


            ウラニウム238                    プルトニウム239
                ↓                            ↓
    ─────→ ・ ○      →     ◎       →     ●
              ↑中性子       中性子を吸収        核が変化




    運転中そのまま蓄積されるプルトニウムもあれば中性子を吸収し、核分裂を起こすプルトニウムもある。
    そしてその核分裂からも新たに中性子が放出され、ウラン238がそれを吸収し新たなプルトニウム239が生成される。
    結果役立たずのウラン238を経由してプルトニウムがプルトニウムを生むという結果になる。


                        __
                      /    \
                     /▲ ▲  ヽ
            _       |   ●    |       _
    <中性子が当たりました  |   ▼    |      /   ヽ
          /▲    |     |       |     /▲    |
          ●    |     |        |       ●    |
          ▼    |       |        |      ▼    |
           |      |  ‐=ニニ二二二二ニニ=‐  |     |
           |    |   | | | | l      l | | | |   |    |
            'ー--‐'  ∪ !_! `'ー---‐'´. !_!.∪   'ー--‐'



    標準的な核兵器を作るには純度の高いウラニウム235か、プルトニウム239が必要で、現在ではウラン濃縮を行うよりも、
    黒鉛炉、重水炉、高速増殖炉のいずれかでプルトニウム239を生産する方法が最も現実的な手段となっており、
    3種の炉の中でも高速増殖炉が最も「生産」に適している。


    「高速増殖炉」

    高速の中性子はそのままウラン核に吸収されるので
    「減速材」を使わず、高速中性子を使うとウラン235やプルトニウム239が消費(核分裂)されるよりプルトニウム239が生成
    蓄積される量のほうが大きくなる。(増殖比が1を超える。)
    これに目をつけて開発されたのが高速増殖炉という原子炉。
    原子炉を使ってエネルギーを取り出しつつ、プルトニウム239という核燃料も増殖する
    (燃料を使いつつつ燃料が増えていくという夢の原子炉!だったのだが・・・「事故が多発し」、前途多難な原子炉。)

    ※減速材:核分裂連鎖反応をゆっくり行なわせる為に使われる、通常の原子炉に使われる物質。
          通常核分裂から生じる中性子の多くは高速で必然的に連鎖反応が多くなってしまうが
          それを穏やかにする役割がある。
          中性子の速度が遅くなると核分裂時の中性子の数も減るので連鎖的な核分裂反応を抑制することが出来る。


          _
        /    \
       / ▼   ▼ヽ
       |    ●   |       < ごめん・・・金属ナトリウム漏れちゃった・・・
       |    ▲   |
       |       | ̄⊃
     ⊂  ..,,  ..,,__ ;.   ̄⊃
      ⊂_      ._⊃
        ⊂__⊃.



    「黒鉛炉」

    長崎に投下された爆縮型原爆に使われたプルトニウムの生産に利用された、世界で最初の大規模核反応炉の種類。
    減速材に黒鉛(グラファイト)を用いる原子炉の事で軽水(普通の水)についで安価で大量に入手でき、中性子吸収量がすくないため
    高速増殖炉と同じく天然ウランを燃料として利用出来る。原発としてみた場合、軽水炉と比べて規模がデカくなる欠点がある。


    「重水炉」

    減速材に重水を用いる原子炉。
    重水は普通の水の中には殆ど存在せず、生産にはコストが掛かる。また、中性子の減速能力は軽水に劣る。
    しかし、中性子吸収量が小さく黒鉛と同じく減速材として優れており、燃料として安価な天然ウランを使用できる。
    ちなみにインドはこの原子炉を導入して原爆を作った。


    「軽水炉」

    減速材に普通の水を用いる、商用利用で現在世界トップの原子炉。
    なぜ日本にウラン濃縮工場が有るかというと、この軽水炉には濃縮ウランを燃料とする必要があるからである。
    使用済みの燃料にはプルトニウムが含まれるが、プルトニウム239の同位体であるプルトニウム240が多く
    そのままでは自発核分裂を起こすため、爆縮型にも利用しにくいため一般的に核兵器の製造には適さない。



                                     ,.へ
      ___                              ム  i
     「 ヒ_i〉                / ̄ ̄\           ゝ 〈
     ト ノ            / ._ノ  ヽ、\       iニ(()
     i  {             |  (●)(●) |        |  ヽ
     i  i            |  (__人__)  |          i   }    ※参考:講談社現代新書 「核兵器のしくみ」 
     |   i           |   ` ⌒´  }        {、  λ
     ト-┤.          |         }       ,ノ  ̄ ,!
     i   ゝ、_         ヽ      /     ,. '´ハ   ,!    < よく読んだ!お疲れ!さすだだな!
    . ヽ、    `` 、,__  ___ヽ    ノ___ _ /" \ヽ/
       \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ     /
           ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
            `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"



    50 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:38:35 ID:rl15K5mM


    .                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
                   /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
               //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
              /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
                |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
                 |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }               仮にどの原子炉を建設するにしても、
                      ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /               一基に掛かる費用はどの程度でしょうか?
                   ヽ }        i     r‐'、               
                   /.|ヘ      」    / .| 乂
                 イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
               ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
    .      ,イ            |   \    /   .         >、
    .     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
    .     /  .          '  / ∨// \ /                 .
        /    '.           V    }//{  V                  ,





           ├- 、__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:-‐'"´;i
            |;:;:;:;:;:;:;:`゙゙゙'''''ー-- 、、;;;;;;_;;;;;;; -‐''''"´:;:;:;:;:;ィ彡ミ,
           ,i====、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐"´゙ミ三ミi
           i三三ニニ' ̄`゙゙''''' ー- 、;:;:;:;:;:;:-一'"     ミニ三i
           i三三ニ三      _   ̄  r==、    'ヾ、ミi
          _,i三三ニ三ゞ    ニ三シ  i   ゞ"´     !ミ;iヽ
          i"゙ヾ彡彡ァ"´         i  ノ __ ,,,...、_,,.   iミ| |
          { {`ヾ彡;シ′   , _ --‐- 、丿  ィ''"ノ(oツヽ''  |リノ
            '、(、ヾ彡リ     ィ'でo)'ヽ、  :  ';:. 'ー-‐'"″   |リ
           ',ヽヾ、彡   ゝ`゙゙'''''"´ツ .、  i::.`ヽ、,,,,ノ    |i|            これも研究開発を含めて概算で最低6億円は掛かりそうでおじゃる。
           ヽ丶ヾリ,    ` 、,,,,,,ノ  .:   i:::.       リi
             ゝ、,ヾリ         , .::  '、::.       リ            建設時間も頑張っても2年は掛かると見ておいたほうがよいでおじゃるよ。
               ヾi,        /、 _    ,,'      , /
               ヾ,        /  ´``ー''´    、  ,' /             もちろん、プルトニウム抽出用の実験炉としての建設で
                ヾ,      '     : :     ', , /、             発電を含めた実証炉、商用化はまた別の話でおじゃ。
                 ヽ、    , --‐‐一''ー─'''' ' /./::::ヽ.            
                 i"i ヽ  ,r' _,,,, ゝ--‐‐''´ー'" ノノ::::::::::ヽー-、         商用利用なら軽水炉が一番でおじゃるが、これはプルトニウム239が
                 ノ, |',  ヽ、   ` ; ; ; ; : : : '  /::::::::::::::::::\_`ヽ.        精錬しにくいでおじゃる。
                /::i | ',   `ヽ、_     _,/:::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ


    ※費用参考:泊原発3号機(軽水炉)で3000億円で91.2万kW(電気出力) 及び
            新型転換炉(重水炉:ふげんの後継)は95年当時で5800億円を元に試算
            ちなみに火力発電所は敦賀火力発電所2号機で1275億円 70万kW(電気出力)
    ※工期参考:from ATOMICA ttp://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=02-02-02-03
            from WIKI ハンフォードサイトより http://en.wikipedia.org/wiki/Hanford_Site

    ※電気出力:核分裂から生じる純粋な熱エネルギー・熱出力を、熱出力×熱効率(約33パーセント)で求めた値。



    51 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:40:46 ID:rl15K5mM


                           __
                        /:::::::::::::::::¨:''ヘ
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::=-‐
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r''ミ:::メ、
                       V:::::::::::::::::::::::::://::/ }:ト、
                     厶ミ!|.::/:/:// ./::///!|
             ____,.., イ {tッ|:/:/斗zォー''/ ヒヤi┐
    .    , '' ¨       /  { 弋.|    `¨¨  、   ! ト、     規模にもよりますが、火力発電所の数倍の費用が掛かるわけですか・・・。
      / ヽ,  ─── ‐‐|   、  i       '   ' ! ;
     /    i        |   ヘ  \   -‐ ‐  イ  } !    その原子炉を作って本当に原子兵器が作れるものでしょうか?
    ./   i  |        |  /¨''{   >  __ /   / j
        i  |        | /| |  }  r'' { //   / /     何発程度つくれると思いますか?
    .    i  .|        |/ l .{  乂  j ノⅣ.   / /
       i   |            \\ ヘ,ノ/ /.    / /
        !   |             \\__/./     / /
    .      |              V.  /   ./ /
    .      |                V /    / /






        |;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー------┼''"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ彡、
         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐'´.i彡彡i
        iニニニ=ヒー──---、、、__;:;|;:_;;:-‐''´    i彡彡i
         i三三三ニ       _   ̄  ,≦ヽ    'ヾ彡i
        i三三三三、    (三ヲ     ヾ'"′    ヾリ
        i三ニミミミシ"´         :.  :._,,ノ _,,,,   |リ          史実のアメリカと同じく黒鉛型原子炉でプルトニウムを生産するのであれば
       r-、ミミミミ`       _,,,...--‐'´ r'".,ィ(;;;) 》、  ||          Bリアクタークラスの電気出力83MW(日本でいう8.3万kW)の原子炉を
        i.iヽヾミミミ     ,ィ'ヾツヽ、, .:   l:. '`ー''''"´, '   ||          稼動させれば理論的には毎月6キロ程度のプルトニウムが生産できるでおじゃる。
       l ` ヾミミ     "  ̄ ̄´ソ .::.  :. `゙'ー- '´   ∥
        ',  (ヾミミ     `゙゙゙゙゙"´  .:.   :::..         ∥          詳しく再計算する必要があるでおじゃるが必要な天然ウランの量はおよそ35トン、
        ヽ '` ヾミ          ..     :::.       ∥          ウラン濃縮よりは多少マシではおじゃる。
         ヽ、__,ヾミ         、 ,,    ,ノ       .リ         
            ',ヾ;            `ー"        i           高速増殖炉はそれより早い、燃料も少なくて済むとはきくが、
             ',.ヾ、           :. :.       j           平成世界でも未完成の技術故、この時代で行うのは無謀すぎるでおじゃる。
             ヽ`         ,ィニ=ニ、_    /ヽ            
               ',\      ー〈〈;;;;;;;;;;ノノ´   /::::::ヽ
              ヽ \      ヽ`ー'´ノ    /::::::::::::ヽ
              / i.   \      `ー一´   /:::::::::::::::::::ヾー、
              /l l    ヽ、        ノ::::::::::::::::::::::/  i
            /l l. l     ` ー-‐‐‐‐'''"´:::::::::::::::::::/   ノ\

    ※35トン:世界で初めて臨界に達したシカゴ・パイル1号に利用された燃料の量を参考 
         ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AB1%E5%8F%B7
    ※Bリアクター:プルトニウム式原爆ファットマンに利用されたプルトニウムを生産した原子炉の一つ
             :ttp://www.ne.jp/asahi/hayashi/love/nuclear1.htm



    54 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:46:22 ID:rl15K5mM

            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           i三``ー- 、,,_;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;::--‐‐一=ミミ三三ニニi
         i三  ,--、 ``"´ ̄_,,,,,、     ミミニ=ニ三三i
          |彡,  ヾ='     !ニ彡'    ,シミミ三ニ三ミミi
         |;ツ         :    .      `゙ヾミミ三ニミミ'
           l;|   ー-- ' .: ,,.... ,ィ -ー‐-、    ヾミミニ三ツー-、
          l;l 、_    _ .: `゙;:'       ヽ    ミミ三ニノ⌒i.|
          ∥ ヾヱ'孑 :.   '、ヾ弌ヱ='"´   ミミミミシ:`) i.l
          l   ー‐'" .:   ヽ\ ̄      ミミミ' ノノ//          確か6.5キログラムが初期のプルトニウム式原爆の
          ',     ,.::   、,.            ミミ/  '/           核燃料量であったでおじゃるから・・・
           ',     / :.   __ い、.        ミソー-;"
            l    / ` ー‐"´′ ヾ       ミツiノソ             1~2ヶ月で1発程度のプルトニウムが抽出できるでおじゃる。
             l  '   : :     ヽ、     〃 i、ヾ、
              ',  _,、-ニ=ニ==、,, 〉      /ノl               問題は途中でしょっちゅう原子炉を止めるわけにはいかない故
            ヽ  ヽ、`゙"´,,/  ,,、  ,.  / ,' i,-‐- 、            抽出に手間が掛かることでおじゃるな。
              ヽ    `゙゙゙゙゙     ´ .///, -‐'"::::ヽ
              ヽ.        , /,,. '/ '"::::::::::::::::::::ヽ
                `ー--‐一''"´  /::::::;;;;---‐‐‐‐‐‐┴-、
                /l |    _,, -‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           _,,,,,,,//、y-‐'"´;;;;;;;;;;;;_;;;;::-‐一''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-
           _i_,, -‐"´;;;;;;;;_;;;-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


              _..ノ:イ::::::/::::::::::::::::::::|       `ミ::::::::::∧
               /::::::/ :: :::./::: ::::::|        ミ::::::::::::ハ
                  /::::::/:::::::::/::: :::::|:::|        `Y:::::::::/
               /:::/!::::::::廾斥.,_八! 、__,,.. -一   |::.ハ/
    .           //  |:从:{弋うハ    7弋ツフ    }/} }        原子炉製造に2~3年、2~3発分の抽出にじっくり1年掛けるとすると・・・
              ′   iハハ                 /_,)/
    .            i .! .ム              _, イ          昭和19年には製造可能な計算・・・
    .                   ∧    ` ´      /{
                        ヽ  ‐ ─    / |>、         一条さん達の世界の終戦にはギリギリ間に合いそうか。
                        > ___  ィ  /   !
                         |     /     ノ .゙i_       しかし、万一ドイツを敵に回した場合には・・・遅いかもしれない。
                      / .{  _/    /    \
    .               , ’/'r_ン<       ./       \
                 ,  ’   { ./|〈O,r'\   /           \
              ,イ       |/.>=‐r/゙i/                 ゙i
              i        !   ル      _  -  ‐-- _    ゙i
              |  ゙i      〉ーイ´     /           \  ゙i



    55 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:47:33 ID:rl15K5mM


                  _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|      `ミ::::::::::::∧
                     /::::::/ :::::: /:::i:::::|        ミ:::::::::::ハ
                 /::::::/::::::::./::::::|:::::|        `Y:::::::::/
                   /:::/!::!::::ハ!ハ!八i-ミ  ゝ=--―_ }:::::::/
    .              //  |:从:{ <Tァ:::トミ、ヽ  /rfァ::T >}:ィ' l
                  ′   iハハ  ` ̄   ::l      ̄´''7ノ/          ・・・6億円・・・決して安くはないが、今の財務状況なら
                        i  ! i       ::       ムイ           いずれかの種類の原子炉を数機つくることも不可能ではない・・・か。
                      ヘ      :{ .     U /
                       ヽ   _,.. ..._   , i              一条さんの言うとおり、将来のエネルギー資源としての原子力発電所の
                       ,r| \   '''  / !_             基礎実験も兼ねると言えば商工省、大蔵省も折れるでしょう。
                       l <!  ` 、__ ィ   |〉 !
                      ノl \       .ノ ヘ            いつかはやらねばならないのならば。
                    ,..ィ'    ,...ヽ     r..´     ヽ
              _,... -‐ ´/ |    !::: |     |::::l     }ヽ ..._
         -‐  ´      '  |    ノ:::: l     /::::::l    |    `  ‐-

    ※史実でのこの時期の一般会計歳出は70億円前後、臨時軍事費が100億くらい
     当時の状況は財務省:ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/zaiseitoukei/ichiran.htm より
     この世界では軍事費が60億程度、一般会計が公共工事などがかさみ150億程度になっている。
     ちなみにこの時期のやる夫世界の円ドルレートは2円=1$とかなり円が強くなっている、史実だと4円くらい。




         _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|         `ミ:::::::::::::::::::∧
    .       /::::::/ :::::: /:::i:i:::|     ___ _ ミ:::::::::::::::::::::ハ
          /::::::/::::::::!厶斗|:::|    ´ __    __ `Y:::::::::::::::::::.ハ
    .      /:::/!::!::::升!ハ!八i     ‐¬;竓妙゙   j::::/ん`V:::./            そうだ、企画院と話をしてみるのもいいですね。
         //  |:从:{  _,..ュト、       ` ¨´    └〈 い.:):./
         ′   iハハ´ _殄' }             イ ノ:./              臨時軍事費に含めることも上と話をつけてもいいですが、
    .        i  ! i    ノ             しイ::./
               '.   ヽ             r</               大日本技研や関連企業に仕事が行くとなれば逆に
                   ' .,               ノ   ',               そちらから研究開発費が出るんじゃないですか?
                   ヽ    マ⌒ヽ              \ _
                      \   `ー'’     /      _, ´ ヽ_
                     、  ´      /    .,- ´   /\
                          > __ .. ィ    ,.-´    /::::::::/⌒`::ー::..、._
                           ノj  /´     /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
                         ////      /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::


    ※企画院:重要政策の企画立案と物資動員の企画立案を統合し、特に戦時下の統制経済諸策を一本化・各省庁に実施させる機関


    56 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:47:59 ID:rl15K5mM


             ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
            {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
            ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
           fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
           { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
           t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
            ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//            それこそ、やる夫殿の許可を取らないとマズイでおじゃる。
            `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
                ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´             あるいは・・・やらない夫氏でおじゃるか?
              li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
               t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′             だがこの国内開発の方針は、失敗のおそれもある故、二次手段として
               ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、            考えていたほうがいいでおじゃる。
               /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
             , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、        つまり、麻呂達は国際協力で研究したほうがいいと思うでおじゃる。
            / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、     リスクも分散できるでおじゃる。
         ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
      ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"




         _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /::::::/ :::::: /:i::::M〃'''''''''''''ミ:::::::::::::::|
    .      /::::::/:::::::::/::::|::::|        ミ::::::::::::|
          /:::/!::!.:::.:升Ⅵヘ|  レー─-- ミ:.::.::.:|              なるほど・・・やはり、アメリカとの協力はやはり避けられないと・・・
    .     //  |:从:{ -─rッ   ─-rッ  ト、:/
         ′   iハハ}  ̄      ̄   リ }               ・・・ところで今言っていた原子兵器の内容だが、ドイツはもう着手していると?
             i ! ヾ!     〈 _      j,.ィ
                U             从{
                 ` 、  --    , '/|  \
                  ,., 个ュ、 _,.  ´ / .|   `丶ー-、
                /    .!ヽ、__,ノ  |          ヽ、
                /     .| /::::::ヽ  丿           \



    57 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:48:47 ID:rl15K5mM


         l;:;:;:;:;ー-::、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐'";:;:;:;:;:;:;:l
          l;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:‐-::、;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:-‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィヽ
        /ミミ;:;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙''‐┼‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ彡三l
         l三三ミ`ー 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-‐''"´彡三三l
       r=三三ミミ     `゙''ー-、;:;:l;:;:;:::-‐''"´     ィ彡三三lr‐、
       ヽ l三三ニゞ   ,r==、  ̄   ,-‐=、    ゙ヾニ三三lr, l
        l l三シ´       `゙゙゙゙゙′    `ー'''"     ``彡=l: /
        ',.lミミ   、....__,,,..,,,,,,,_ 丿 、  _,,,,,,..,,,,,,_.     l三/./      ドイツは史実と同じくヨーロッパ唯一と言って良いウラン鉱山と、
         l.ヾミ     '《_ヾ゚ツヽ、 :  i:"´,ィ'ヾ゚ツ_,,ゝ   lミi l       世界でたった一つのノルウェーにある重水(減速材)生産施設を抑えているでおじゃる。
        ヽ_ヾ.  ヽ、 `゙'''"´ノ l  l::. ヽ``'''" .ノ    lミl,ノ
          `ミ,     `゙゙゙゙゙"´ , .l  |::.  `゙゙'''''"      .lミ'        この世界ではこの二つは鬼に金棒でおじゃるよ。
           'ミ          ィ .::   l:::.、         lツ
            ヽ      / r      _) ヽ       /iヽ        世界中の原子核物理の研究機関が喉から手が出る程欲しい物でおじゃる。
            ヽ    /  ``'ー‐'"    \    / l:::ヽ
            _,ヽ.、  ,‐-、   : :    _, -、`  / /:::::::ヾー-、
           //l.l\  ヽヾミ三三彡',ン´   , ' /:::::::::::::ヽ ヽ
      _, -‐'"´/ /::::::l l. \  ` ー--一'"    //:::::::::::::::::::::::)  )、
    '"´    / /::::::::',. ヽ  ヽ、         //:::::::::::::::::::::::::/  / \
          ヽ ヽ;::::::ヽ ヽ   `ー--‐‐'"´ /::::::::::::::::::::::::/  /    \




            ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
            |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
            ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
            l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
             ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|         いくつかの情報筋では原子炉らしきプラントが”シュターデ”
             '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ         建設中との報告が入ってきているでおじゃる。
             l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
             l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ          ウラン濃縮施設とは違う、明らかに発電所の規模だそうでおじゃる。
             '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、         
              ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
                 ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、          天然ウランでも動かせるゆえ、恐らくこの重水炉か黒鉛炉を使うでおじゃるな。
               ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、          
                \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
               ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、     
              / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
          ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
     _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
    '´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶、

    ※シュターデ:ハンブルグから西約45km。2003年まで原発があり、現在解体中。



    58 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:49:14 ID:rl15K5mM


            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           i三``ー- 、,,_;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;::--‐‐一=ミミ三三ニニi
         i三  ,--、 ``"´ ̄_,,,,,、     ミミニ=ニ三三i
          |彡,  ヾ='     !ニ彡'    ,シミミ三ニ三ミミi
         |;ツ         :    .      `゙ヾミミ三ニミミ'
           l;|   ー-- ' .: ,,.... ,ィ -ー‐-、    ヾミミニ三ツー-、
          l;l 、_    _ .: `゙;:'       ヽ    ミミ三ニノ⌒i.|
          ∥ ヾヱ'孑 :.   '、ヾ弌ヱ='"´   ミミミミシ:`) i.l
          l   ー‐'" .:   ヽ\ ̄      ミミミ' ノノ//          他にも情報を総合するとやる夫殿が所持している資料以上の知識を
          ',     ,.::   、,.            ミミ/  '/           もたらされているでおじゃる。
           ',     / :.   __ い、.        ミソー-;"
            l    / ` ー‐"´′ ヾ       ミツiノソ             これが、今の日米独の国力を表す数値を見ても麻呂達の世界以上の
             l  '   : :     ヽ、     〃 i、ヾ、            国力を持っている理由でおじゃるよ。
              ',  _,、-ニ=ニ==、,, 〉      /ノl
            ヽ  ヽ、`゙"´,,/  ,,、  ,.  / ,' i,-‐- 、           先日確認できた原料生産量高だけでも史実の倍はいっているでおじゃる。
              ヽ    `゙゙゙゙゙     ´ .///, -‐'"::::ヽ
              ヽ.        , /,,. '/ '"::::::::::::::::::::ヽ         戦線を拡大せずに維持するだけなら、これだけあれば十分余力を
                `ー--‐一''"´  /::::::;;;;---‐‐‐‐‐‐┴-、       原爆開発に回せるでおじゃるよ。
                /l |    _,, -‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           _,,,,,,,//、y-‐'"´;;;;;;;;;;;;_;;;;::-‐一''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-
           _i_,, -‐"´;;;;;;;;_;;;-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       i"´ ̄;;;;;;;;;;;;;;;-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                              ..┃
    ┃~1943年(史実)日米独の原料生産量~                     ...┃
    ┃       石油(100万トン)  粗鋼(100万トン)   アルミ(千トン)    .....┃
    ┃アメリカ     199.6         82.2         1251.7        .....┃
    ┃日本        1.2         10.7           11.3         ..┃
    ┃ドイツ        3.8         37.7           34.5         ..┃
    ┃                                              ..┃
    ┃                                              ..┃
    ┃~1941年(改変後)日米独の原料生産量~                   .....┃
    ┃       石油(100万トン)  粗鋼(100万トン)   アルミ(千トン)    .....┃
    ┃アメリカ     180.6         75.2          850.5        ....┃
    ┃日本        10.2         55.7          130.5        ....┃
    ┃ドイツ       12.5         62.2          110.0         ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ※参考:歴史群像アーカーイブ3 「現代戦術への道」



    59 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:49:36 ID:rl15K5mM


              _..ノ:イ:::::::/::::::::::::::::.::.:::i    `ミ::::::::::::::::::::::.:}|
    .          /::::::/ ::::::::/:|:::::::l:::|     ミ:::::::::::::::::__人_
    .       _人_  /::::::/:::::|:::/ーヤ|:::l:::! ー─‐‐ .ミ:::::::::::::::: `Y´
    .      ^Y^ ./:::/!::!:::|:/ _|∧八|   ___  `Y:::::::::/  |
             //  |:从:{' '⌒ヾ      ´ ̄`ヾ  j:.〃⌒;
            ′   iハハ       ,         !/ r' ノ            こいつは日本も凄い・・・
                i  ! i          U    _, /     \/
                    '.   ,____      ,r‐<.       /\      一昔前はドイツの科学力に惹かれていたが、分野によっては
                           V ̄ 丿   /                 もう完全に超えているじゃないか!
                       ヽ、 -   . イ.|
         _人_         __,介 ... <___j____      ◇       アメリカはさすがに比較にはならないですが・・・ U
        ^Y^         }`¬ノハ    /       {
         ___      入  V//}    ′       ノ
        /!     ̄ ̄ ̄   〉 マ¨7  /    __,厶==  ¨¨  ̄  ≧、
       r‐f l             ‘.   /   ̄_/          /⌒ \





             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
           /::::::::::::::::::,...:::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
            {:::::::,:::::::::/....:::...::..:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           |::::/:::...:/....:.:,:::.....:::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
           }/...:.../....:::/::/::::,/::::イ::::::::::::::::::/ハハハ,、:::::::::::::::}        まぁ、とは言っても
           /:::::::/:::::::/:,イ::::/ |::/从:イ::::::::::/     、::::::::::ノ
            イ:::::::/:::::::// {:::/ jノ/:::/ }::::./      }:::::::::/         アルミの生産なんて大電力を消費するものは特にそうですが
          |::::イ.::::://‐‐ソ-. ..,,_{ / // __,,. . -‐‐  |n::::/         日本が粉炭発電に始まり、満州からの十分な石油資源を元に
          |/ iイ::/ =======ミノ.〃 .彡======  |.メ|::|          やっと安定して生産できるようになったものが
          ,,iノ\.iノ  く__辷ノ__ ,     "_辷ノ_>  |レ.jノ
       ___,|  | .ハ           i         ハ            一条さんの言う未来人が訪問してたった数年で生産量をここまで上げるとは
      /   ∧  | { .ハ          |        ハ \__         流石は科学立国のドイツということですね。
      / ∧    | \∧       、 ,       ∧ '  } ヽ、
    /{  {  ゝ      | 、      _  _    ,,;;;;; ヽ       ト 、
      |      \. ヽ.,ゝ        .__  `  .,,;;;;     ,       )
     ,ヘ   \       \ \         ,,;;;;;     /  /  人
       \   \.     \     ___,  ,,;;;;;/    /  .   /  \
        \   `      \     ;;;;;;;/     ./  .    /     ヽ



    60 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:50:13 ID:rl15K5mM


    <1941年 7月6日  東京府東京市本郷区  やる夫の家>



    ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ://.::;;.//.::;;;;;;;;;;;;;::.:.:..\\:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :: :.
    :: :: :: :: :: :: :: :: : : : //.::;;./~\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :.
    : : : : : : : : : : : : //.::;;./_;,_ ,:_._\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
    : : : / ̄ ̄ ̄//.::;;./.:;_ _;._;;,_:'_ _;\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : :.
    : : /';.、';.、' //.::;;./_ _,:,_ {i○ ,._;i,_ _,\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\: :
    : /';.、';.、//.::;;./.,_ _;_ .: .   .: :;_ ,_ _;.\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、∠;;;;;;/\';.'∠;;;;;;/\\
    /';.、' //.::;;.∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\ .:|il ̄li|';.\ .:|il ̄li|;.、\
    ';.、//.::;;./  ;.  ':: :. .:: ::: : | ̄ ̄ ̄|:,_; _;...\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\|li_il|';.、'、\|li_il|;.、';.、\
    /イ_i}:;./_, ;._ |i ̄|| ̄i|    | [.,_,.] | _, ; _ ;.\__,,,... -ー''''"~Π ;.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
    /.:| i/_ _; ;_, |i_||_i|    |   .::;.|:.     ,.;|:|;.、';.、';.、';.、' i | ';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
    ;;;;[肖]i============================================![肖]三三三三三三三三三三三三三/
    ;;i;i|:::;;:i:i⌒i:::;;:i:i⌒i:::;;:ii⌒ii:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:|::: ::: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/
    ;;i;i|:::;;:i:i  i:::;;:i:i  i:::;;:ii  ii:::;;:i  i:i:::;;:i  i:i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:| i}□l□l□   i}□l□l□    {i
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_____________|
     .::   .: .:.::.  .: .::.      . .:;::  .: :.          :. .:. ; |======================== |
    __;,______;.,_,;__________;,;,_;_;__,:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
    ::::[ |,_,]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{i○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.▽"'[ |;_;]   ..::;.:...      .: .   . : .:.|
    :::::|:|: | : : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: : : :γ⌒i⌒i⌒ヽ: : : : :: :: : : : : : |  i|:|: |                       |
    :: {|:|: | }| ̄i| ̄i| ̄i| ̄|    {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|}  .;_,   ,_,:_: |  i|:i:: --‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、   :|
    : :{|:|: | }| /|  i|  i| /'|:,.   .:|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|;._,. _;,_ _     :|  //~~~~) ,// ̄ ̄~|i|~ ̄ ̄\\ |
    :: {|:|: | }| /|  i|  i| /'|: .   {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|}        _,:,| ,/ /;::.   / / ((~~")):: {|i|=={i◎:;:;;)  ヽ
    : :{|:|: | }|_i|_i|_i|_|:,.  [:]!|i;;;i}:.0|0.:{i;;;i|:.,_ _ _,      :i/  ̄ ̄ ̄γ'"~~"i~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~i"~~"'ヽ ̄]
    :: {|:|: |ゞ@ミ;ノ      ':       {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|} [;;=;;]   : γ。,  ^   ,。ヾγ'⌒ヽヽ = i!|i! =ii γ'⌒ヽノ==i}
    : :{|:|: | i~ ̄~i;.:,.           :|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|          ({i◎[二]l◎ii})_,i i O i :i、,_|__,/i i O :i i、,_[{l
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[\三三三三三三\ ̄ ̄ ̄ゝー-----ー丶ゝ,__,ノー-----ー丶ゝ,__,ノ-ー'
    ~~"'~`'"""'~`'"`~"`'"~"'~`'"'~`"~~"~`'"'~""""~"'"~`~"~"~"'``"~"~""~`'"~`~"`'~"`'`"~'`"~'`~"'`~"
    ※アパートは老朽化したため取り壊し。使えるものは移築、関係機関に売却されています。



    61 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:50:43 ID:rl15K5mM


         ____
       /     \
      /  ─    ─\     ポーッ
    /   ‐=・=‐ ‐=・= \
    |       (__人__)    |
    \     ` ⌒´   ,/




                , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
            ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
          r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
         | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
          Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
         ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
         /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
        l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
        {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ      やる夫、また隠し事ですか?
        .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
         人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
          ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
          ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
        / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
        ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
       /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
      /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
    ::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
    { /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |



    62 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:50:59 ID:rl15K5mM


          / ̄ ̄ ̄\
        / _, 、_ \
       /  (●)  (●)  \   あは・・・翠星石にはバレバレなのかお・・・
       |    (__人__) U  |
       \    ` ⌒´    /




          / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
        /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
        \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
         /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
        ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
        !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
         |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }     あまり根を詰めると体に毒ですぅ、さっさと話すです。
        !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
        i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
           }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
           ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
           !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
           /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
    .     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
         /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
         /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
    .   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.



    64 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:51:21 ID:rl15K5mM


             ____
           /     \
    .    /       \
    .  / /) ノ '  ヽ、 \
      | / .イ '(ー) (ー) u|           翠星石は・・・
    .   /,'才.ミ). (__人__)  /
    .   | ≧シ'  ` ⌒´   \           人殺しが・・・嫌いだお?
     /\ ヽ          ヽ



                     _,. -ァ――‐-- 、_
                    / ノ* , - '^⌒"´`丶、
                  / ノ  r'´         ヽ
                 /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
                   /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
                /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
                 ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
                 ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
                 l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
                  l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ      嫌いも何も、翠星石と対極の位置にいるです。
                l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
                 l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
                ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
               ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
               ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
              / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
              / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
              / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
             / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl



    65 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:52:17 ID:rl15K5mM

             ____
           /     \
    .    /       \
    .  / /) ノ '  ヽ、 \
      | / .イ '=・=  =・= u|    じゃあ兵隊さんとかも嫌いかお?
        /,'才.ミ) (__人__) /
    .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
     /\ ヽ          ヽ




        /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
       /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
      /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
      /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
    `.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
     |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
     |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|         ・・・自国の国民、家族を守るためにやってることです
     l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
    .  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l         たとえ人を殺してしまったとしても、人殺しとは同列には扱えないですよ。
       \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
       |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
       |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
    .  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
      l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
     /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
    /: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
    : : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
    : : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
    : : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '



    66 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:52:42 ID:rl15K5mM


     \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
      /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
     l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
     |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
     ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
      ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
      /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|
     / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |      ・・・?
    ./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
     : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |      やる夫、もしかして実験中だれか犠牲にしたんじゃ!?
     : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::| 
     : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
     ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
    : /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |




              ____
           / ノ  \\
          / (●)  (●)\
        / ∪  (__人__)  \           いや、そんなんじゃないお。
        |      ` ⌒´    |
         \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
        ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
      /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
     |    l  |     ノ  /  )  /
     ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ __     /   /   /



    68 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:54:35 ID:rl15K5mM


               _-─―─- 、._
             ,-"´          \
            /              ヽ
             /       _/::::::\_ヽ     ただ・・・今までの発明や研究も少なからず兵器には関わっているとは言え
           |         ::::::::::::::  ヽ
            l  u    ( ●)::::::::::( ●)     実は・・・今、やる夫達が構想しているのは・・・
           ` 、        (__人_)  /     単なる大量殺人を起こすものになるかもしれないんだお。
             `ー,、_         /
             /  `''ー─‐─''"´\




         ____
       /      \
      /         \
    /           \      結果、人殺しの家族として汚名を着せられるかもしれないお。
    |     \   ,_   |
    /  u  ∩ノ ⊃―)/      それはまずいお?
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /



    70 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:56:16 ID:rl15K5mM

                    __,. -――- 、、_
                   ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
                  〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
                 /{ノ         ) ヽ、ぃ
                ノ /// / /  /  /}  i`、} 、                ・・・それ以上は言わなくていいです。機密もあるです?
                \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
                 | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ                翠星石は信じるですよ。
                 从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
                 / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、             どんな結果になってもやる夫がとった選択肢が正しかったと。
                 / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
              __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
           , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
          / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
        ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
       / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
      / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
     l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ




           ____
         /      \
       /  _ノ  ヽ、_  \
      /  o゚⌒   ⌒゚o  \     ・・・翠星石・・・
      |     (__人__)    |
      \     ` ⌒´     /



    71 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:56:58 ID:rl15K5mM


                   О ゚  。 ノ  、。 ゚  О
                 ∩/。◎ ◎。ヽ∩
                    弋ゝ (_人_) ノノ      ママ~、蒼星石がウンコ漏らしてるお!
                    |       |
                    |       |
                    √ r─―ァ.)
                      ー''     一

    ※蒼星石は1941年1月3日生まれ




          ____
          /_ノ ヽ、_ \
       o゚((●)) ((●))゚o      だーやるお、報告するぐらいだったらオシメぐらい変えるお。
      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
      |       |r┬-|     |    お兄ちゃんなんだからってこの間教えたばっかりだお。
      \     `ー'´     /




                        - -
                    ∩/(● ●)ヽ∩
                     弋ゝ (_人_) ノノ      えー、臭いのやだお!
                    |       |
                    |       |
                    √ r─―ァ.)
                      ー''     一



    72 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:57:22 ID:rl15K5mM


           ____
         /     \
       /_ノ  ヽ、_   \       はぁ・・・
      /(●)三(●))   .\
      |   (__人__)      |
      \ ヽ|r┬-| /   /      やる夫・・・>
      /   `ー'´      \




          ___    ━┓
        / ―\   ┏┛
      /ノ  (●)\  ・
    . | (●)   ⌒)\
    . |   (__ノ ̄  |
      \        /
        \     _ノ
        /´     `\
         |       |
         |       |



    73 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:58:03 ID:rl15K5mM

                  _, -――― - .._
            ,.. '´ ̄ ´゙'ー‐1:i   ̄´ト、
            / ,  ,r'  , ,r' ノ'、:ー、   l」 \
         ,..' , ' ,:i   x' /|  ´l: ! 、 !.ハヘ.  \
         // /  i/ // />- / '、:! - ‐ l !   丶_
        〃 /  イ _/ 〃z==ャx /ヘ:ヽ' !丶リ   /´
         | l  l 行 /゙ /'l;;;;;ヘハ/  {: {    ヽイ1
         '.ハ  l代ソ ,   >:z.' / l: l     l| l        やる夫が必要とされているのなら・・・やる夫が信じる道を進めばいいです。
         // ゝ、ゝ r,ーャ_-'´-__..∠}、ヽ    リ ll
         l l   T´ミ、ゝ- '  ̄  l:::   > 〉、l ハl l',       翠星石は、ずっと付いていくですよ。
        〉〉l , /l  l ≧:::イ´   ト、:: l | __ -!l  ',
         l |米 l l, -rt/ \lj  ,∠、 \ハヽ/ l 、!l   l
         ヽヽ //: rt」!__ >く   |l  fマ/ 〉   ヽl  ',
         l l /:rt/  /f|j \_」! fマ: ! l     l !  ',
          ヘ/:rt/ / f/j|       fマ: : ヽヽ、  L:_ ヘ
          /:rt/ 「lヘ. f/j !     fマ: : : : : :l l 、ヘ >ヘ ',
        r:' :rt/_//ヘ \j  |   fマ: : : : : : ヽヽ' l ヘ lLl.._
        {: : f,-'´ ,='´ ̄ ',_    fマ: : : : : : : : : ー7      ヽ
       「寸{| 、 {、 r‐'´_>、_ fjr‐、: : : : : : _: : >、     L.
        7 ト,  ̄トスf /     丶.辷:≧x:':´:_, -'|´:::::::ー1    ヘ
       /|  ー' ̄水くl        丶  l:.:l´\T:…'::::::::::::  l     」




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    ・・・信じる道・・・かお・・・
        |      (__人__)     |
         \    ` ⌒´    ,/    (未来人として・・・どう振舞うか・・・、今この世界にいる平成世界人は・・・3人・・・)
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
       /    / r─--⊃、  |
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /    ─   ─ ヽ
     |    (●)  (●) |     ・・・
     \  ∩(__人/777/
     /  (丶_//// \



    75 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 20:58:46 ID:rl15K5mM


            ____
           /    \
    .    /          \
    .  /    ―   ー  \      決めたお。
      |    (●)  (●)  |
    .  \    (__人__)  /      ・・・「アメリカ」にいくお。
    .   ノ    ` ⌒´   \
     /´             ヽ




    ..      ____
         / ―  -\
    .  . /  (●)  (●)
      /     (__人__) \       翠星石・・・付いてきてくれるかお?
      |       ` ⌒´   |
    .  \           /
    .   ノ         \
     /´            ヽ



    77 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/05(土) 21:00:52 ID:rl15K5mM


              , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
              //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
              ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
           ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
            // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
           〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
          |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
            ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
            ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
              ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|    ・・・はいですぅ。
             /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
              /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
            ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
            / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
          八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
         '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
         /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!
       /::.:/; てh_n_n_}    /:/r{_r(_r、∠XXXx|ノ: : :ト、:::|:::l
     /:,::/ :/: :r′   !_)  /:/)ヘn_n_n_JXXX7: : : : : i::l ::|



    第47話「T-3」終
    次回:第48話「T-2」



        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、
      r'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-"´l,
      ト、`ー-、、;;_;::::::::::::::::;_;;;; -‐''"´ _,ィ"ィ〉
    .  ミ''- 、_   ̄ ̄ ̄   _,,-‐''"彡彡'
       ミ   `''ー‐--‐‐''"´     彡シ
       'ミl                i彡ノ
        ,l,  (ミァ、     ,ィ彡ツ__.   l彡,
       ヾ ,《でゞミ、_i___i__ゞィヾツ 》、  |i' .l         これは酷い・・・平成世界の日本も笑ってはいられないが
        'l;.´^ニノ :l .l:ヽ `ニ-‐` ..::ll;)/         あまりにも非人道的、管理がずさんであるでおじゃる・・・
        ';:.      '. .::::...     ..:::::::l /
    .      ';:::.. ,ィ:i ;   ; 'iヽ、 .:::::::::/´
          ヽ::: l , ``ー'"´  ',. i:::::::/
          ノヘ:::'、ィ;===z、、,冫l::::/ノ|: \
       /: :i ヽ 、`゙゙="´",  :;//.ノ: : : :\_
    , -'7′: : :ヽ \ `´ ̄`´ // /: : : : : : : iー、、
    ;;;;;/ : : : : : :ヽ 'ゝ-----'′/ /: : : : : : : : :l l;;;;
    ;;;人: : : : : : : ヽ ヽ     / /: : : : : : : : : :ノ l;;;





    101 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 16:18:43 ID:IngSlVCw


    それでは折角なので随分前に書いてたIFルートのEDを

    29話の分岐のまま作ってたとしたらどんなEDになってたのか
    多少ネタを交えて投下してみます。

    途中までルートは一緒なわけですが、このルートのEDとは全く別です。
    点々は交わる部分はありますが。





    102 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:02:34 ID:IngSlVCw

    <2027年9月3日 東京都文京区後楽園 レジャーワールド・インターナショナル>

                         {               r- '
                         ` ー--─-- 、_    ノ
                    rrrrry             ̄´
                    仁三.Nf=ミN.三ミ!
                   |: :|  |:::::::::|  |: :|
          rrrrァァァテテラオリ二二仁三[二二リホテエナァョェrrrrrrry
          ||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||
      rrrrrrfァァァテテララナ|: :|  |:::::::::|  |: :|ホホテテエエナナァョョェェrrry
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      ||f||f||≠||≠||f||f||fリ二二仁三[二二リミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||-ー- 、_r ーー--─
      ||f||f||≠||≠||f||f||f伝三[___]三圦ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
      トrrrrffァァァテテララナ|: :|  |:::::::::|  |: :|ホホテテエエナナァョョェェrj引
      ||f||f||≠||≠||f||f||f}尨=个= 个=气{ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||      __rー─
      トrrrrffァァァテテララナ|: :|  |:::::::::|  |: :|ホホテテエエナナァョョェェrj引    (___
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||     r--─ '
      ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||     廴___



    103 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:03:57 ID:IngSlVCw


                             [MACHINE 16]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃   _____  _     _  __  ___    ____ _   _  ___  __    ....┃
     ┃  /  ___/ /_|    /_| /_ |  /___/   /___/ |_| /_//___/ /__ \    ┃
     ┃  / / ___ __   __ __  ___   _   _   _  _ ___  __/ /  ......┃
     ┃ / / /_  / / __  |  /  |/   | / __/  / /  / /  |  |/ // __/ /  _  /    ....┃
     ┃ \ \__/ / / / |  | / /|   /|  | / /__  / /_/ /   |   // /__ /  /|  |     ....┃
     ┃   \__  / / /  |  |/ / | / |  | /    /  /      /    |  //     / /  / |  |      .┃
     ┃    / /  ̄     ̄  ̄   ̄  ̄  ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄      ̄  ̄ ̄ ̄   ̄   |  |     ..┃
     ┃    / /                                                |  |      .┃
     ┃     ̄                                                  ̄    .....┃
     ┃●SCORE 30%                                                ......┃
     ┃                                                          ......┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                ,. -―/ ̄ ̄ ̄ ̄    、
              /   /,   、       、\\
    .          ,  / , ‐  i   \      ヽ\ヽ
              / /  /    !      \    、  \丶ヽ
    .        iⅣ  /    、 、    ヽ   ヽ   ヽヽi
            〃  /   i  ! 、ヽ 、   ヽヽ_  , 、i ハ
           {    !!  l  ! x斗z‐ぃ   !´i `ヽl {ハ|
           i   !|   '、 レ´≫、 \\ i朮ミ、 , ! }
    .       ‘.   | il   l Kl イr¬ミ、   !ぃハ / //
            、 ヽ!、   l | 〃n {      らレク ィ ヘ          <ゲーム開始より4年、アドベンチャーゲーム>
               i   ヽ〉、 い 代h'_」    ヽ  ィ、ヽ ヽ
               |ヽ i 弋 トトヽ      ┌ f / \i |         <「Civilization VR」、楽しんでいただけたでしょうか?>
               i ∨   ハ  \    `´∠ゝ   `く
            ノ 〃  , ∧   ヽ 7 `ヽヽ\   、丶
           /  /, -=≪   ぃ   V ム   い 、    , i
        ,     〃⌒ヽ ヽ  、、   、ヽ∧ || ハ l   l |
      / /   / ⌒ヽ \\ `\  ヽヽム !|{ iハ  ル!、
     〃∨    ,   、  \\\  ヽ  ! i l ぃ∨{ jル'、  ヽ
     { /     {   \ ヽ\\\ ', ノソ、 | ノ ノム.!   ヽ  }
      ,     {       '  \\ヽjヘヽ`|' //  ゙,    j ノ
      !     }        ∨ 丶  、 ヽi//  |



    104 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:04:57 ID:IngSlVCw

                   , - -、x - ― - 、
                 ,. :': : : : : : : :  ̄: :`: ヽ: :`: :.、
    .           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             ,.': : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           /:./:./: /: : /: : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : :ハ
           i/i: :i: :.i: :,__i: :i: : :i: : : : : : i: : : : : : : :i: : : : i
             |: :i: : i:./ ':.ハ: :.i マト、.: :.!: : : : : i: :.i: : : : |
             |: ハ: :.i'  i' ヽi ヽ : ヽi: : : : : :!:.:.i: : : : !        <長期にわたってロールプレイをしていたため>
            ヾ! \iィz、     ヽ:.:/i: : : :.:/i: :.i: : : :.|
                  i       ==x  i:/i : /レi:/i: : : :.|        <ゲームオーバー直後はぼんやりしますが心配有りません。>
                    '           i:リ/:i i/i:.i: : :V
                 ヽ ー        i: : : :.i/: :!: : :.|         <5~6分もすれば元の記憶が戻るはずです。>
    .              i:ヽ        i: : : :.i: :.ヽ:i: : :ヘ
                  ,|: : `. r 、 ´  i: : : : !` ̄  ̄ ヽ
                / i: : : :i   ヽ   i: : : : ! / /     i
    .            i .!: : :.:i  ヽ  ‐' i: : : : !//       !ヘ
    .             |  !: : :.iハ    /: : : : i/      i: :.ヘ
    .             |  V, : i 〉.ニニ /: : : /i/       i: : : ヽ
    .            /  i ヽi /  /./:.:.:/ i    _   !: : : : : \



                                  _ ノ⌒Y⌒Y⌒ヽ、_
                              ノ⌒Y´ , ‐.-'-.―'.-. . 、  >‐、
                          人 ,. ': ´/: : : : : : : : :ヽ: : :`:く   ヽ
                         /ヽ/: : :./!: : i: : : : 、: : : :\: : : `: .、-' ヽ
                           〈  ,:': : : : : i i: : :! : : : : ヽ: : : :.ヽ: : : : : ヽ 」、
                          /Y: : : : : : :.i 、: :、: : : : : : '.; : : : :', : : : : : ',. }:',
                         ,: ,′!: : : :i: :i   :. :ヽ: : : : :.:.:', : : :.:i : : : :i: :.Y: :i
                          i: i: : i : : : i: :j__ヽ.: :\: : :: :.」_: :!: : : :.i: :.:i: : i
                          |: !:i:.:ヽ:.:,ィ ´     \:. \: :.ヽ ヽ:`:ト、 : i: :.:i:i: :i       <レジャーワールド・インターナショナルをご利用いただき>
                          |: V: : :ヽ !:i      \ 丶: .:、 \i: : イ: :/:.!: :i       
                         i:/: :.Ⅵ: ト:.:. r=ミ        r=ミ j:/: i/: :i: : !      <有難う御座いました。>
                       _   /: : : :lヽ:j \        ,       ,: : : | }: : i: :.:i       
                   ,-、 / }  /: :_: : :.ヽi:.:ハ       r―‐┐     : : : :.!' : : i: : :i      <ようこそ、現実世界へ。>
    .             i i. i i. /: :/ i: : : : ! : : \   ヽ  ノ     / : : : |: : :.:i.: : :!
    .         ,-、    | |. ! i /`/ ;: : : :/: : : : |:>        イ;: : : : :.|: : :.:i : : j
            、 ヽ  | | j. i. / /`ヽ/: : : : :.:|: : /j >  < !、: :!i: : : : : |: : :, '´  ̄ヽ
    .        ヽ \.j. V  L/ /  ./: : : : : :.:i_ノ  ` ーr‐ ´ ゝ、j: : : : : |‐'´      }
               ',           ,′ /: : : : : : :/.       |      |: : : : : |      /、



    105 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:07:02 ID:IngSlVCw


                  ノゝ':´: : : : : : : : : : :‐:、:`ヽ、ノ,_\
                 ,..'´: : : :i: :i: : : ヽ: : : : : : :\: :\ハ: ハ
                 ,.'/: : : : i: :.',: : : : `、: : : :',: : ハ: : :ハ〉: :ハ
               /:/: : : : : : i、: :'、:.'、: : :ヽ: : : ',: : :.i: : i:.i: : : :i
              .,':./: i: : : :i: :i ヽ: :.ヽ:ヽ,、-‐‐‐-i.、: :i: :.Ⅳ: : : :i
              i:/i: :i: : i: :i: :i. ___ : :ヽヽヽ: :',: : iヽ: ハ: :リ: : : :i:i
                i/ i: :i: :.i: :ヘ/  \ヽ ` .,,、xz、 V/i:/ヽi: : :i:.i             <では、ゆっくりとゲームの機械から離れてそのままお待ちください。>
              i V:i.V:i: : :トヽ        "     i: : :i.ノ|i: : :i: ',
               .i  Ⅵヽ:ヽ:.:ヘ.,r'"゙` ,       i: : : lノi: : :.i:.i:'、            <今、係りの者が説明に参ります。>
                    ヽ \i:i`‐ゝ    __,     i: : : :i: :i: : :i: :i: '、
                    i:.i: : ヘ            /: : : :.i: i: : :i: : i: :ヽ_,、
                      i: i: : :ハ:.>       イ/: : : : :i:.i: : :i: ,、‐'´/ . ハ
                  /:.ノ: : : : i: : i: : `:‐´- /: : : : : i__,、'´ / |   〉,
                     /,.'./: : : : :i\: : i: ノ__i/: : : : : /  //`>'‐-、く__:\
               /:.f /: : : : : i. /¨´ ノ.i: : : : :i:/  / i /:::::::::::::ハ  ヽ:ヽ
              /: : /: : : : : ://  ,....'´:::::i: : : : i/  / \:::::::::::::::::::i.  ノ、:.ハ
             /:.//i: : : : :./:./ ,....'´:::::::::::::::i: : : / . /i.    }:::::::::::::::::::ir‐':.iヽ:.ハ
            ./:/:/::i: : : : :/l/'´`ヽ、,、v-‐' ´V:./ゝ'‐-i/-/:::::::::::::::::::::iヽ: :i i: :i
           /:./:::::i i: : : :/       i //   V    /.f /::::::::::::::::::::::::i/: / . i: :i
          ./:/::::::::::::ハ: :.i        i/          {/ `く:::::::::::::::::::::::::::iノ  i: リ
          i: :V::::::::::i  \i      f         }  ノ::::::::::::::::/::::::}   i:/



                          
                          ●




                          ●




                          ●



    106 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:09:03 ID:IngSlVCw


          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
        ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
        |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
        .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
        l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
       ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
      /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
     ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
        |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!       皆さんご気分は?
        .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
         l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l          まだフラフラします?
        ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
       /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/           20分もすれば正常に戻ります、大丈夫。
      /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
    /,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
    ;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
    :;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、



           ____
         /      \
       /  _ノ  ヽ、_  \    
      / o゚((●)) ((●))゚o \    ・・・やる夫達・・・悪い夢を見てたわけ・・・かお・・・
      |     (__人__)     |
      \     ` ⌒´     /



    107 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:09:27 ID:IngSlVCw


                   , ≠. ̄  、
                  / /  ` 、  ヽ、
            , -一=ラ /      \   \
             /    V r|     \   、  \
    .       /      |     、  \  \ 、\
          /       ,| l   、ヽ   ヽ   \l  i
         //  / / ハ ,   ', ,   ヽ   、 l
        / 7    / / /  '. 、   、 、   '  l ヽl           結果はともあれ
          ' 〃  ' 」_/__ ヽ ぃ   い>z―┼ |  い
    .     l il   l  !{ _zミ トヽ  Ⅵ__>、|  j,  | l          速やかに控え室にご移動ください。
    .     l/l   l  リ代rtュ「`ヽ 、 |乍t.刀、! 小 トヽ
    .     { 、  !、 {   ̄      ヽl  ̄   ! /ヘ ハl           次のグループが待ってますので。
           ヽ ! ヽ!、        {、     ム{.ィ / { 
             ヽiヽ l∧        !ノ    /l { l/
             ` ヽ{ヘゝ   ー‐ ‐一   ィ ハl ′
                 } ヽへ    ̄   .イ/レ  `
                //\> __ ´/ l \
               / ,'   \____/  |  \
             /   {     〃⌒ヽ.  !
                    |、   ハ   ハ  ,!
                    | \ / i ⌒ i V |



        __
       /ノ ヽ\
     /.(○)(○)\
     |. u. (__人__) |
    . |        |         次のグループ?
      |        |
    .  ヽ      ノ
       ヽ     /
       /    ヽ
       |     |
        |    .   |



    108 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:10:54 ID:IngSlVCw


                    r-<_::::::::::::::::::::丶、
                 , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
               /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
            /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
           /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
             /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
             !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!               このゲームは人気があって、かつ廃人仕様なんですよ。
             !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
             ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ               2年先まで予約がいっぱいでして・・・。
                  !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/
                   !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/                 マシンは20有るんですが・・・
                 !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ 
                    ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                      >┬―''"´   /  ヽ
                  _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
             _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
        _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_





              _l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:.:`:.:、:.:.:.:.:.:.:.\、
              _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
               .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
            /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
              ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
           /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
         /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
        /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐         で、なんに殺されたんです?
           l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
           l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!             ゲーム中20もあるグループの管理が大変で
           /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ             乱数調整が大変なんですよ。
         /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/
              ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/               一つ一つのゲーム進捗の管理に付き合えないんですよ。
               } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
                  \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
                   \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                         ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                         ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
                   ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._



    109 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:11:21 ID:IngSlVCw


             ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
            {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
            ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
           fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
           { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
           t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
            ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
            `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ                化学兵器作ってて事故で・・・
                ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
              li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
               t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
               ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
               /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
             , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
            / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
         ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、



    .. /: : : : : : : : /: : :l: : : ヽ: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    . /:/|: : : : : : : |: : /`丶: :ヽ: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    // |: : : : : : : |: :/  丶: ::ヽ: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ´  |: : : : : : :|: :|   丶: :::ヽ:::::::::::|、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、|
       |: : ::|: :,、: |: :|    .ヽ: :ヽ::::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  ゛
    . . |: : ::|:ヽ `、: :| ̄==- 、: :ヽ:::::::|,="ヽ::::::::::::::::::::::::::/|::::::::、
    .   |: ::::|: :ヽ l::|  __ ヽ::::|ヽ:::| ,、ェェュ::::::::::::::|:::/::|:::::ヽ::\
    .   |: : :k: : |. |:| "ヾ゚:::::},゜ ヽ| ヽ::|〈|゚::::ソ,' ヽ:::::::::|:::|/:::::::::::\::\
       |: : |:ヽ: |  |l    ̄   `|  }:|  ̄   }::::::::|::::|\:::::::::::::\:::
      / |: :| :ヽ :|.  }/ ̄ ̄`::ーゥ l  |      |:::::::|::::|:::::::ヽ}: ̄: ̄        化学兵器?
    /   |: :| :ヽ:|  / /\: ::-´ l      .  |:::::::ト、|::::::::::::::::::::::::
         |::|  }::| ./ /  ::\ | |        |::::::|::::::::::::::::::::::::::         あんなものあの時代じゃ実際には使用できないでしょう。
          |::|: |::|/ /  メ: : :t ヽl     .  |:::::||:::::::::::::::::::::::
       .   `| |: |   // :ヽ   __,     /|:::::|:|:::::::::::::::::::::          どうしてまた?
            |::|{     :,、: ::| ̄ ̄    / ::|:::|:/:::::::::::::::::::
            |::|ヾ{   : :ヽt : :`l ´  . /:: ::::レ:/:::::::::::::::::
      ..      `|: :ヽ  : : ::ヽ.ー    /:::::::::::::::/:::::, 、::::::
      ::..     /::,- 、ヽ : : : : ヽ ___ /:::::::::: : : :/::::/::::::ヽ
      ::::::   //   ヽヽ : : : : :ヽ、:::::::: : : : : :::|::/::::::::::::
      ::..::::::... "      ヽ  : : : : :|: : : : : : : ::::::|/::::::::::
       :::::::::::..       }ヽ : : : : |: : : : : : : ::::::|::::::::::



    110 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:11:54 ID:IngSlVCw


         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
          |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
         |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
        /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
        ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
        ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥
       ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|
        ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|
       ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
        ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
         `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i          やる夫殿がとち狂ってVXガスの製法を軍部に漏らしたでおじゃる。
         ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/
           ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
           ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
          /i |ノ: : : ヽ: :.        /
          /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
       _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
     ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
    "´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |




           . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
            |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
            .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
          |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
          ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
         '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
            `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i         はぁ?
           |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'
           ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~          また随分と派手にやったものですね。
        , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
        /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
       く、       `ヽ、 i   ̄  '"
       /. `ニ=- 、   二



    111 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:12:31 ID:IngSlVCw


            iヽ、´`ヽ、
          r‐ l:.:.:ヽ,:.:.ヽ、``ヽ
         /:.:,:.:.:l:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:l
         ///,:.:∧:.:l、:.:.ヽ:.:l:.`i:.:iヽ 
       /フ:l:.:l メ 、ヽヽゝキT:.:.!:.:トヽ
      ´  l:./!:.l、l5ェヽ! 5エミヽ:l、!
        レ !:li:.l  ノ    l:./:〉ヽ!          で、やる夫役はどなた?
         ヽ!Vヽ ー一 , イ!V
            ヽ!)ゝ- ,. l+ 、
           ,. -1 >_、´ ,:::::l:ヽ、
       _,. - ´///、:.:.,ヽ /::::::ヽ:::::``ー 、
      i:!::::::::く,. フ /^! `クヽ、/::::::::::::::::::r`┐
      ,!::l:::::l´:::::l /:.:.:| /:::::::::::>:::::::::::::::::/::::::::|
      l::::l:::::!:::::::l /:.:.:.:l /:::::::::, ::::::::::::::::::/:::::::::::l




         ____
       /     \
      /  ─    ─\
    /   ‐=・=‐ ‐=・= \    や、やる夫はやる夫だお・・・
    |       (__人__)    |
    \     ` ⌒´   ,/



    112 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:12:52 ID:IngSlVCw


           : :.     . :  .:     . : : i: : : :イミ:.: :.:∨: :\
         : : i    /. : : . :   . : : :イ:.: :. :.| ハ: : :.i:.:ヽ` \
       :  : : :|:   / : : : //  .:. :.:/ |: : :. :.l   i: : :|: : ハ
    :.i :. :. :.:.:i:l : /:. :. :./ '   .: :/  |: : :. :.| / ハ: .;.:.i/: :.
    :ハ : . : . : :.|ハ: /:. :. :.イ: i .: ≠―  十: :ハ|尓: :l/ : ト、: i
    : :i : : : : : :.! ヘ: : :./: :l: :l: : /  x≧、 |: /  }ヒソ: 小: :| ハ:!
    :/| : : : :i: Yて:. :./: : :!:.:|: /<八:rソ ノイ  ハ :.:.ハ: |  }
     | : :i: ハ: |ゝi: :/: : : : :ノイ   `  {' ! /  丶:.:| | ′
     | : ハ: :人..|:∧: : : : : :.|               イ:| }'           翠星石と結婚しましたか?
     | /  i : : : {'、 ヽ: : : : :.|            ∧: :|
    .丿'  |: i: : i: i Τヘ: :. :.:.|     __  ィ/ ヽ:!
    .     ノイ : イ:.ハl ∧: : !       -/   }
    .     }:/ノイ` }'   ヽ:乂> .     ' ___
         / : ∧  >       / ̄:.、 :. :. :. :. :. :. 、
       イ:.: :.: :.:∧     >   ハ∧:. :.\:. :. :. :. :. :\
     /:∧:. :. :. :. : . 、         fヾ/ヽ:. : : : \:. :. :. :. :. :ヽ
    . : : : :.∧:. :. :. :. :. :\     |.:´::::::トヽ:. :.: :.:ヽ:. :. :. :. :.:ヘ




          / ̄ ̄ ̄\
        / _, 、_ \
       /  (●)  (●)  \     け、結婚できるのかお!?
       | U  (__人__)    |
       \    ` ⌒´    /



    113 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:13:51 ID:IngSlVCw


            ,. : :':´: : : : : : : : : : : : :\: : : : \
           /: : : : : : : :i: : : : : : : : :、: : :ヽ: : : : :\
    .     /: : : : :r-.、: : :|: : : :;: : : : : :\: : : : : : : : :\
        ./: : : : : : /: : :.:V:.|: : : : :',: : : : : : ヽ: : : : : : : : : ヽ
        i: : : : : : /: : :.//Ⅵ: : : : : ト、: : : : : : ',: : : : : : : : : :.',
        |: : : : : ,': : : : / .^V: : : : :',\: : : : : :.',: : : : : i: : : : .:.
        |: : :i: : : : : :i :|   V: : : : :', \: : : : :',: : :.:.:.|: : :i: : :i
        |: : :|: : : ::.:.:| j   _ Vi: : : :.',  \:_:_:.:',: : :.:.|: : :ト、: |
        |,ィ:.:|: : i: :.:.:|:ナ ̄ _Vヘ: : : ', .' ̄\: : ',: :.:.|: : :|ハ:!
        人!:.:i:_:.:|: : :.|:|_z===、 ',ハ: : :.', r=-、ヽ: i: : :|: : :|! .リ
         V/ ヽ: :.:.:|:|<{j:tソ ,   \: ',!}.tソ_ア j从: /:.:.:.:!
         }! ) ',:.:.ハ!  ̄       ヾ  ̄  .|ハ∧ノ: :/
         |\  .',: |.|         i     ,':. : / ',/
    .      ノヘ: ヽ_ ム!  U       |     /:. :/            結婚できるって、あなたそれがゲームのテーマでしょう。
           ',: ハ: ハ        ´     /: .:/
           }i ヾ! ヽ.     ー_─   /|:../             最初は離れ離れの二人が時空を超えて大ロマンスを
    .           |  \          イ  |/              展開するってのがゲームの筋ですよ。
    .           | i   > ,    イ:/
             /  ',      ̄ /、
             /    ',       /  \
          <\     ',      ´    \_ _
      /` 、  ` 、             / />-  、




                  ,. : :´: :`: :-、
             _ /: : :/: : ヽ: : :`: -.、
           /: : : : : : : 、{: : : : : : \\: : : `.ー.、
          /: : : : : : : : : ハ: :.i: : : : : : `: ヽ: : : : : :\
        /: : : : : : : : : : /: :/:.l: :i: : : : : :: : ::\: : : : : :\
       ./: : : : : : : i: : :/: :./ー|: |: : : :ヽ: :ヽ: : : : : : : 、: : ヽ
        {: : : : : : |: :|: : : : ::{  ';: ヾ: : : : : : : i: : : \: :ヾ: : :',
       小: : :i: : :|: :|: : : : ::i__ヽ::ト、: : : : :::|: : : : :ヾ: : }: : :',
       ノ: : : :l: : :l: :l: : :l:':´|    ヾi \: : : : ハ: : : : : }: :ト、: : i
      /:i: :/∧::: l: :l: :人: |  -、 \ \: : :ト、-: : : ミ、;八: :l
    . /イ: : : /i: : l: l: : :∧.|==、     ´ \:} ヾ: : ト: :ゞi V
       }: : :i V::l: l: : :i リ   ゛     ニミ、 /、: i: : : :|
        八: i  V: ::ゞ: |        |    `/: : i::l: : :::l
       ' ヾ: ヽ .i: : :∧i        |    /: : : l/ ヾ: |          イージーはクリアしましたよね?
         ゞ: :vi从i           /    /: : : 〃  ヽi
          }: : : iハ      、    ,    /: : /    .リ          ハーレムモードでHしまくり楽しみました?
           イi: : l  \       ̄    .イ: : /
        ,-、 |: ハ  i  \        ./  i: /
       /   \i   ',   ヽ _  ィ;/   レ'
       i     "\ ',      /Ki
    -''´i、       \    /   ` 、
        \       .\  ∧ヽ、    `>、
    ー 、   ` - 、      V  ` \      }
       `ー 、    \     \    \    |



    114 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:14:19 ID:IngSlVCw


             ____
            /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
           /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
         /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
        |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
        \   。≧       三 ==-
            -ァ,        ≧=- 。          ど、どんなモードだお?
             イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
            ≦`Vヾ       ヾ ≧
            。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 




    :.:.:.:/イ:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:/ :.l:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.| ヽ:.:.l
    :.:./ /:.:.i:.:i:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.:/:.:.ィ ̄メ   :.!:.:.l:.:.l:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.: ! ヽ:.l
    :.:.{ i:.:.:.!:!:.:.:.イ:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.l:.:/.l:.:/   \:l:.:.:l:.:i!:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.|   :|
    :.:.:ヽヽ ノ!:.:./:.!:.:.:.:.:.:l:.:!:.:.:.:!:' l:/ ‐‐ト、 l‐、!:l:l:.:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.:.l    !
    :.:.:.:冫 =l:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:l:/l:.:.:/  .l'  ヽムシヽ! i:il:.l:.:.:.:.ハ:.:.l、:.:.:.:l  /
    :./:/ー:.:.:ll:.:.:!:.:.:.:.:i' l:.:l   l      l::l:.:!:.l:.:.:./ l:.:.' 、:.:.l
    /l:'  il:.:l !:.:.!:.:.:.:!   !l    !      l:!:.:イ:!:.:/ l/   \!
     /    !l:l !:.:.l:.:.:l   !          ',://'.:.:' ./     丶__
     {./   !:. !:.:.!:.!             、/  '             う、嘘でしょう!?
     /     :.:.:、l:.:!:!         _ __, ‐‐  ´
    ./     :.:.:,.‐l:.!          _冫'                     あれをやらなかったんですか?
        .-‐ '   ll \       /:.:./
      /        !   `  _ ノ !:/                      あれで2~3年費やすプレーヤーも居るっていうのに・・・



    116 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:15:27 ID:IngSlVCw


                 ,______
              , ー-、!    ̄ ̄ ̄ `ヽ
            /::::::;_;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,_
          /:/::::::::/:ヽ:;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
        / イ::/::::/:::/;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;`!
         ´/:::/::::::!:::/ !;;;:::;;ト;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;!
         /::::::i:::::::!;;;!  !;;;;;;;;!ヽ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`!
         !:::::,:!::::::!;::!   !;ハ;;;! ヽ;;ヽ;;;;;;ト;;;ヽ;;;;!;;:::::::::;!
         !:::/ !::!::::;!|;;|--、 | ';:! ,-ヽ;;ヽ;;;;;;!;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;!
         !:/ |::!:::/ !       ,,  ヽ;|ヽ;;!;;;;;;;ト、;;;;;;;;!ヽ
        レ  !::!:::ハ ;;;==ヽ    ;;;==ヽ ヽ;;;;;;;! l;;;;;;;;;;!         まさかプレー中ずっとバカやる夫やってたんじゃないですよね?
           !;;;!;;::!     |        ヽ;;;;! !;;;;;λ!
            !;;;ト:::|     !        !;;;;!/;;;;/ |         嘘ですよね?4年ですよ?
            !;;/|;;;;|    、       !;;;;;/;;;/
           ノ . !;; 、            !;;;;/;;/            アハハハ、いやはやぶったまげました。
              !;;;;!ヽ,  ´ ̄ ̄ア   /|;/;;/
               !;;;! ヽ、 、_   ./  |/;;/
               !;!   |ヽ,   /   |/|
                   |;;|;;!―'  _,-‐''';;;;;;!-、
                  / |,,-'"      /;;;;;;;ヽ_
                //へ/ヽ、     /;;;;;;;;;;;!;;;;;ヽ、__
              /;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;ヽ、   /;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,



               ___
           /      \
          /ノ  \   u. \       そ、それは違うおやる夫は日本を良くしようと・・・
        / (●)  (●)    \
         |   (__人__)    u.   |  
         \ u.` ⌒´       /
        ノ            \     ガヤガヤ>
      /´               ヽ



    117 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:16:24 ID:IngSlVCw


                       _
                      / jjjj      _
                    / タ       {!!! _ ヽ、   < まだですか~
                   ,/  ノ        ~ `、  \        _
                   `、  `ヽ.  ∧_∧ , ‐'`  ノ      /  `j
         ∧_∧_      \  `ヽ( ´∀` )" .ノ/    /  /`ー'
        ( ´∀`)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '      〈  `ヽ
       / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ∧_∧
      γ  --‐ '      λ. ;    `、.` -‐´;`ー イ         〉    ´∀)    ,-、、
      f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉
      !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /
      |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  /
       !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '
           〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ
               | |  イ-、__  \  `ヽ    {   f  _,, ┘  「`ー-ァ   j
            l.__|   }_  l    \ \   |  i  f"     ノ   {  /
            _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  キ |  i⌒" ̄    /  /_
            〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、ヾ,,_」       i___,,」




                             ..- 、 , ...―――、
                        /::::::::::`:::::::::::::::::::::::`ー、
                 ..≦≧{`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /´ /::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
                   j:::::::::::i:::::::::::`ヽ:::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::..、
                     ' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::トヽ
                  / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l
                    /::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N
                |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ!          はいどうぞ、はい、”やる夫”はどなた?
                |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/::i
                        |ハ:|ヘ:ハ.  }        |: /ァ<:ハ{
                       |! ハ 込 ゝ         |//  ハ             はい、じゃこれを。
                       |!   >‐、‐  ´      / 〉、
                          _rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ          フィードバッグ、バイオフィードバッグ、カテーテル・・・
                        r' ―‐、 } } }  />‐〈.    /:.:.':.:.:.`:...、_
                         l   〉」」‐'7/{':::::∧ /:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.―丶
                    l    }   ハ:/ 〉 イ ∨:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                      j      _ノ:./ /: i   ∧:.:.:.:/:.:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
                     ァ/  ー‐ /ヽ / /::::l  /:.:.ヾ‐':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',



    118 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:17:12 ID:IngSlVCw


         l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:\:.!ヾ!:.:.、:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ∧:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、:.:.:.:.:.\:.、ヽ:.:.:ヽ:.',ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ヽ. _
         l:. ',:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.、:.:.:.ヽ:.ヾ、:.:.:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ̄
        |:.:.:',:.:.:ヾ 、:.:.:.:\>:.:\:.`:.:.ミ:、:.'r‐、:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト:!
        l:.i:.:.',、:.:.ヽ ヽ/:.\:.:、:.:ヾ:.:、:.:.ヽヽヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l }
         ':.,l:.:.:.',ヽ:.:.:V `.ィ 、ヽ、:.ヾ:.、:`i:.:.ミヽ} }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         ちょっとお客さん達、移動してください。
        ':/ l:.ヽ:.\ヽ:.:ヾfy  ヾ、ー、:.ヽ:l:.:.i >メ:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
       '/  !:.:.lヽ:.:.ヽ:.:.iヽ     ヽ iヽ:.i:├ ':.:.l:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      ノ'   :.:.:l  ヽ _:/         !:.:!':.:l  !:i:.:.:.:.l:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:!
          ヽ:!   ノ           !:.:.:.:!  l:!ヽ:.:.:!、:.:!、:.:i:.:.:.ヽ
            \   ` .┐, フ     !:.:.:!   !   \ \ヾヾ:.:.!`ヽ
                      t _     !:.:!    . . <  ∧ `ヽ _
                       ヽ  .ィ∧ . . ´/    _ .>._
                      ´ i:.i/ : /   才´    `ヽ
                        /l iヽ/   /    匕´  ヽ
                   _..イ ζo:ハ   /    /        \
                 ,  ‐ ´< 〃:j: ,  ヽ ̄   /               ヽ
                   l   イ / : /    '  才              i
                  __l ,  i  ': :/  / /                    l
                / /   l  ': / /  l /               ,'




       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . | u.   (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
    .  |         }      ど、どこに行けばいいのやら、まだなにも思い出せないんです。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
        i⌒\ ,__(‐- 、
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)
    .    |      l




      l::::::::::::」::::::::::l:::::::ト.:::|:::::::::::ヾ::l.::\:::::lヾ:::::::| ヾ、:.、
       〉:::::::l::|:::::::::::l:::::|:.ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ.\l:.|::、:::|   `
    .  ' |:、:::|:::',::::::::::ヾ::|: : `: : : : : : : : ノ: : : l::l.∨
       1 l:;:ヾ、ヾ:::::::::N         _  /::!
         リ ヾ:::`ト.、:::|       -=ニ -' ,イ|::|       ですから控え室に行ってくださいと行ってるでしょう、さっきから。
           ∨リ ヾト、       ´ ./l| `
              /ー 、._ ` ` - 、_   _/          どうりで4年でスコア30点のはずですよ。
           r、     `  ‐ 、.._ 7ニ´
           /:.:.:`ヽ 、     `7 ト、
         ,<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ 、  /'´: :ヽ‐、.._
         ':.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヘ: : : : :ヽ:.:.:.:ヽ



    119 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:18:02 ID:IngSlVCw


    ~控え室~

    ザワザワ
        ∧_∧                       ∧_∧
        ( ´Д`)     ∧_∧              ( ´Д`)     ∧_∧
       /    \    (´Д` )            /    \    (´Д` )
    __| |     | |_   /    ヽ、       .__| |    .| |_   /    ヽ、
    ||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |        ||\  ̄ ̄ ̄ ̄    /|    | |   ガヤガヤ
    ||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./        .||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
    ||. . (    )     ~\_____ノ|  ∧_∧. ||. .(    )     ~\_____ノ|    ∧_∧
    .  _/   ヽ          \|   (´Д` ).  _/   ヽ          \|    (´Д` )
    .  |     ヽ          \ /    ヽ.   |     ヽ          \  /     ヽ、
    .  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |   |    |ヽ、二⌒)        / .|    | |
    .  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./ .  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__../ ./
       ヽ、___(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧ ___(    )      ~\_____ノ|   ∧_∧
    .         _/   ヽ          \| (´Д` ).    _/   ヽ          \|   (´Д` )
    .         |     ヽ          \ /    ヽ、   |     ヽ          \ /    ヽ、
    .         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | | .   |    |ヽ、二⌒)       / .|    | |
    .         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./ .   .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
    .         ヽ、____ \\       ~\_____ノ| .   ヽ、____ \\      ~\_____



    120 : ◆HU7XfvOYA2:2011/02/06(日) 17:22:53 ID:IngSlVCw

           ____
         /      \
       / ─    ─ \
      / -=・=-   -=・=- \    ・・・
      |      (__人__)  U  |
      \     ` ⌒´     /




       / ̄三\
     /;;;; _ノ 三 \
     |;;;;;;;   ( ○)(○)
    . |;;;;;    (__人__)
      |;;;    ` ⌒´ノ         ・・・
    .  |;;;;        }
    .  ヽ;;;       }
       ヽ;;;l    ノ
       /    く
       |     \
        |    |ヽ、二⌒)




          |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.一:;:;:;:;:;:;:;ヽ
          |:;`:;ー:;:r:;一:;":;:;:;:;:;:;:;:;x彡彡ハ
         にト 、__l:;_:;_:;…" ̄彡彡彡彡:1
         弋i fニ; :  こフ  ゙`ヾ三三彡ヘ
           | __ ヽ  __    彡彡ィ }}   ・・・
          ゝ"ゞト|  ,ィゞシ   ゙彡”ツ リ
            i、 ノ"|  \     彡ftイ
           :、 ̄ .!   、     彡レ\
           ヽ ー一'" ヽ     ///::::ヽ
               、_l!__ 、    .イ//::::::::::「!
              ヾニ¨ニ     / //:::::::::::刈
               __>rr‐一 ´ .イ,:'::::::::/  ヽ
          .. ´ /  {::ゝ.   /::::::x≦ /
     




                        `     '
                          、   ノヾ     '
                          )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
              ------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==― --------
                           )     (
                         , '´⌒`Y´⌒` 、
                              ,     \



                                             〈 ̄ヽ
                                       ,、____|  |____,、
                                      〈  _________ ヽ,
                                       | |             | |
                                       ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                                          ,、二二二二二_、
                                         〈__  _  __〉
                                            |  |  |  |
                                           / /  |  |    |\
                                       ___/ /  |  |___| ヽ
                                       \__/   ヽ_____)

    エンディング:Z 種別:BAD タイトル:「RED DWARF」 現実世界から逃避したくてVRゲームやってた。

    中期に書いたプロットをもとに半分ネタで作ってます。
    現ルートのEDとは別です。

    レッドドワーフ再放送しないかな・・・



    次→やる夫は迷い込んだようです 第48話

    記事一覧は→やる夫は迷い込んだようです まとめ


    宇宙船レッド・ドワーフ号 DVD-BOX[日本版]
    宇宙船レッド・ドワーフ号 DVD-BOX[日本版]
    スポンサーサイト



    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosoad.blog119.fc2.com/tb.php/601-0c795c6d

    アクセスランキングブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。